August 29, 2005

サイタブリア

金曜日の晩、ちょっと遅れて私の誕生日のお祝いに奥さんがお店を予約してくれましたよ。サイタブリアという西麻布のレストランです。ちょうど改装が終わって再オープンしたのが、わたし達の行った8月26日でした。

料理はフレンチをベースにしたもので、フュージョン系って言うんですかね。アメリカのレストランによくあるような感じ。店の雰囲気は結構よいです。適度にざわついてる感じがよいですね。BGMがオペラだったりして、少しびっくり。店員のノリもアメリカンな感じですね。微妙にテンション高め。

わたしは鰯とジャガイモのミルフィーユと、黒トリュフのリゾットと、宮崎牛のグリルをいただきましたよ。ポーションは結構少ない。お店のサイトには「お腹いっぱいになる量」とか書いてますが、店員もポーション少なめといってましたしね。三皿にデザート食べてちょうどくらいかも。料理はどれも素材もいいし、おいしいのですが、こういうフュージョン系のお店によくある一手間加えてみました的な部分が余計かも。素材はかなりいけてると思うんですけどね。

ワインはフロッグス リーフというカリフォルニアの白の2004年のを飲みましたが、これはうまかった。わたしは結構さっぱりしたドライな白ワインが好きなんですが、これは当たりでしたね。人によっては軽すぎるというかもしれませんが、夏はこれくらいのさっぱりさがいいですね。

お店で奥さんと話してたのは、わたし達はどうやらこういう小洒落たレストランよりも、本当にうまい料理をがっつり食べられるレストランが好きなんではなかろうかという事でしたよ。例えばビストロ ローブリューみたいな。このサイタブリアはネットのグルメ情報なんかでは絶賛という感じなのですけど、わたしの場合は知っておいて損はないってレベルでしたね。何度も繰り返して自腹を切るかというと、ちょっと考えちゃうかも。人に教えるにはちょうどいいけど、人には内緒にしておきたい店という程ではないって感覚、わかりますかね?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2123

トラックバック

» サイタブリア CITABRIA (フレンチ) from ブログで情報収集!Blog-Headline/wine/
「サイタブリア CITABRIA (フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。 =2006年... 続きを読む

コメントする