March 29, 2006

パンク修理、覚え書き

日中の天気だと雨が降るとはとても思えなかったのですが、家に帰ってしばらくしたら突然大雨になりましたね。傘、会社においてきてしまっていたので、危ない所でした。

会社の帰りに自転車屋によって、チューブ買ってきましたよ。で、今日がパンク修理、二度目の挑戦。メンテナンス本片手に、道具も準備万端で挑みましたさ。今回は駐輪場でやっていたので、明るい場所だったせいか意外とあっさり成功。コツを端的に表現するならば、思い切りよくということでしょうかね。

タイヤというものは思っているより奥まで入っている事がわかると、タイヤレバーをかませ易くなりますね。前回はまさかタイヤの端、ビードがあんなに奥まであると思ってなかったのですよ。あとチューブを入れていく時には裏返りに注意すること。最初、メビウスの輪みたいになるとこでした。やっぱり最初に少し空気入れておいた方がやりやすい。最後にタイヤをはめ直す時は、タイヤレバーを使うよりも手でくいっと押し込んだ方が入れやすいような気がする。その時はチューブの空気は抜けきってた方がやりやすいですね。

次からはもう、本無しでもできるよ。一度でも自分でやってみると覚えるもんですね。機嫌がよかったので、そのまま洗車に突入して、二時間も駐輪場にいましたよ。なにやってんだか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2240

コメントする