May 20, 2007

フェルメール

一昨年オランダとベルギーを旅行した時にアムステルダムとハーグで、計6点のフェルメールを見ました。フェルメールと言えば、柔らかいタッチの女性の絵が有名ですがそれ以外にも宗教画とか風景画を描いていたりもするんですね。見てきた6点の中にもそういった絵がありましたが、やはりわたしは典型的なフェルメールの画風が好きですよ。

ちなみに見てきたのは、アムステルダム国立美術館で、「小路」「牛乳を注ぐ女」「青衣の女」(左画像)。ハーグのマウリッツハイス美術館で「真珠の耳飾りの少女」(右画像)、「デルフト眺望」「ダイアナとニンフたち」。他のフェルメールも見に行きたいけど、もう一回オランダの絵も見に行きたいな。この時にはアムステルダムにあるはずの「恋文」もなくて見れていないし。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2444

コメントする