July 4, 2007

浅田次郎とか金城一紀とか

最近また読書欲が出てきてまして、小説から実用書までいろいろ読んでます。小説で面白かったのが、浅田次郎の憑神と、金城一紀のフライ、ダディ、フライです。

憑神は、今公開している映画の原作ですね。映画の紹介を見ていて原作が読みたくなったのです。浅田次郎は初めて読んだのですが、なかなか面白いですね。文章が読みやすいのと、言葉遣いや使っている漢字が面白いですよ。ストーリーもいいですね。

金城一紀はこれまで何冊か読んでいました。GOは全然面白くなかったけど対話篇は大好きですよ。このフライ、ダディ、フライはシチュエーションはGOに近いですが、内容は対話篇に近いと思います。読後にいろいろ考えちゃうテーマでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2469

コメントする