September 22, 2008

サムイ旅行記 ー チャウエン食べ歩き編

サムイ島から帰ってきて一日が経ちました。日本は随分肌寒くなってますね。Tシャツ、ショートパンツ、ビーチサンダルでスーパーに行ったら、ちょっと浮いてました。

サムイではいろんなレストランでタイ料理をたらふく食べてきましたよ。まずは前半滞在していたホテルのバナナファンシー (Banana Fansea Resort)があるチャウエンビーチのレストランから。

ninja_samui.jpgsatsumaage_ninja_samui.jpgfried_rice_ninja_samui.jpg到着日の夜に食べたニンジャ (NINJA)というタイ料理レストラン。ホテルのすぐ近所です。他のレストランは空席が目立ってましたが,なぜかここだけは並んでましたよ。ここではタイ風さつま揚げ、チキン乗せのフライドライス、パッタイ (タイ風焼きそば)など。どの料理もリーズナブルな値段で,しかも美味い。このお店はオーナーが日本人で、レジの時にちゃんとオーダーをひとつひとつ確認したり、欧米人向けにタイ料理以外のメニューもあったり、もちろん安くて美味しいところが受けて、こんなにこんでるみたい。




will_wait_samui.jpgnoodle_will_wait_samui.jpg二日目のお昼に食べたのがウィルウェイト (Will Wait)。チャウエンロードの真ん中あたり、チャウエンブリというホテルの近くにあります。ここもタイ料理のレストラン。ここではバーミーヘンに、フライドガーリックとイカの炒め物と、フライドライス。ここもちゃんと美味しい。NINJAと美味しさは変わりません、どっちもオススメ。ただこっちの方が、お店はキレイで雰囲気も洒落ている分、お値段はちょっと高め。






pee_soon_samui.jpgfish_pee_soon_samui.jpgcrab_curry_peesoon_samui.jpg二日目の夜はPee Soonというお店に。チャウエンロードから外れて斜めに走る道を歩く事5分余りのフードセンターの中にあります。ここはシーフードを使ったタイレストランで,店の前には色んな魚がディスプレイされていて、その中から選んで料理してもらえます。中にはカブトガニなんて、どんな風に食べるのか想像もつかないのもありますが,わたし達は評判がいいプーパッポンカリー (ワタリガニのカレー)を選びました。ワタリガニは100g30バーツで、二匹使って150バーツ (450円)。ライスを別に付けて,それ以外にソムタムというパパイヤのサラダ。評判通りの美味さですよ、カリー。どこのレストランも辛さの調節をしてくれるので,わたし達はあらかじめ辛すぎないように「one chili」とかオーダーしてました。このカレーもそうしましたが、むしろカニのまろやかさにマッチして、これぐらいの辛さが美味かった。店の前にはひげを生やした、変な日本語をしゃべるおじさんがいます。お客も日本人が多かったな。ちょっと途中の道が暗かったりして、アクセスがよろしくないですが、味が良くて安いので,オススメ。




rice_noodle_soup_orchid_samui.jpg三日目の昼はムエタイのスタジアムの入り口脇にあるオーキッドレストランに。ここは歩いてて見つけました。小さなホテルのレストランだったみたいです。ここではなんか気分を変えたくて、フィッシュアンドチップスに春巻き、チキンの入ったタイ風スープヌードルを。ヌードルは美味しかった。優しい味で,ほっとする感じ。でもそれ以外はぱっとせず。タイ人の、特に地元のおばさんっぽい人が調理してる店では、タイ料理を食べるに限るというのが教訓です。







khaosan_samui.JPGchicken_coconut_khaosan_samui.jpgchicken_curry_khaosan_samui.jpg三日目、チャウエン滞在最後の夜はカオサン (Khaosan)というタイレストランに。ここはWill Waitよりももっと北側にあります。アイランダー (Islander)というパブの前にあります。ここのタイ料理が、チャウエンでは一番美味かった。チキンタイカレーと、トムカーガイ (チキンのココナッツスープ)、エビと野菜の炒め物を食べましたが、後々考えるとカレーとスープでお腹いっぱいな量がありましたね。どの料理も、辛いだけじゃなくてまろやかで、一口食べるとどんどん食の進む感じです。特にスープは美味かった。カレーもチキンがかぶってますけど、全然味の雰囲気は違っているので美味しくいただきました。チャウエン行ったら、一回は食べとくべき。




market_samui.jpgnoodle_samui.jpg四日目、ボプットビーチに移動する前に食べたお昼ご飯は、同じくムエタイスタジアムの近く,ラムディンマーケットの中の屋台で食べました。ほんと地元の人が買い物に来る市場の中の屋台ですが、一応旅行者も来るみたいでおばさん、英語少し話せます。少し。ここではバーミーヘンとバーミーナンを食べました。ヘンが汁なし、ナンが汁ありです。やっぱりね、こういう地元の人が食べてるその国の料理は、美味いですよ。昔旅行に慣れてなかった頃には怖くて入れないような雰囲気ですが、勇気を出して入ってみると美味い物が食べれるって訳ですね。麺以外にも、串焼きの肉とか美味そうな物、沢山ありました。





pancake_chawegn_samui.jpgcorn_samui.jpg番外編は、屋台のパンケーキと、ビーチで食べたトウモロコシ。こっちで言ってる屋台は、原付に店が引っ付いてるので,ほんとに店ごと移動して行っちゃいます。この屋台はチャウエンロードの真ん中あたり、スターバックスの道路を挟んだ向かい側です。目の前で生地を伸ばして焼いてくれるので、熱々で美味い。トウモロコシは,ビーチで寝そべってると、服や遊び道具や敷物やタトゥーやドーナツや春巻きやソムタムや焼き鳥やアイスクリームなんかを売りにくるんですが、そういう物売りの人から買ったのです。ビーチの真ん中で七厘で焼いてくれます。ちゃんと塩と醤油を付けて。ビーチで食べてるっていう雰囲気も加わってか、これが本当に美味しいの。一本50バーツ(150円)ですから、これは食っとけ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2680

コメント(1)

採寸部屋を借りる際は、OriginalStitchのホームページまで借りていたオシャレな人に忘れられたことや、誤差での問題の件とかを、採寸の前に調べたり、説明を受けておくほうが節約になりますです。MasterCardですがと聞かれもしないのにオリジナルスティッチに当たるとは限りませんよね。軽井沢のシャツと確認せずに1か月交換無料をしてしまうと、生地のほつれのような事情でもなければ、鎌倉シャツの評判はできませんし、もちろん、ドレスシャツを作ってもらうことも不可能でしょう。

コメントする