November 3, 2008

文鳥好きなら、読んどけ

ichigo_on_the_head.jpgこの連休、初日は映画、二日目はテニスして焼肉、三日目の今日は買い物と結構充実してましたよ。

最近読んだ文鳥関係の本。コミックと絵本です。まずはすぴすぴ事情~白文鳥偏愛日記。花とゆめに連載されている文鳥漫画ですよ。文鳥好きの作者が、飼ってる文鳥の話を描いているのですが、これが飼い主にはたまらない、あるあるって話の連続なのです。今飼ってる人も、前飼ってた人も、これから飼いたい人も、楽しんで読める本だと思いますよ。

このすぴすぴ事情が、本屋になかなか置いてなくて、amazonで注文しても在庫切れで全然送ってこなかったのですが、待ちきれずに本屋で買い始めたのが、とりぱん。これはモーニングに連載されている4コマ中心のストーリーです。文鳥というより、えさ台に集まる野生の鳥の観察記のような話です。回の始まりと最後に普通のコマ割りのストーリーが入っていたりするのですが、これが結構じーんとする詩のようだったりして、すごく好き。

最後は絵本なのですが、suicaのペンギンのイラストを描いているさかざきちはるの、ぴーちゃんの歌―My dear little friendです。これはね、すごくじんとする、優しい気持ちになれる絵本です。ヒナを飼い始めて成鳥になる頃までの飼い主の気持ちがじんわりと伝わってきます。文鳥好きに、これは最高にオススメ。

ちなみに画像はウチの子のいちごちゃんで、作品には出てきませんよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2708

コメントする