December 22, 2008

法師温泉 長寿館、一泊二日の旅

tyojukan.jpg今日の祝日の谷間を有給にして、昨日から一泊二日で法師温泉 長寿館に行ってきました。この温泉は群馬県のみなかみ町にあって、東京からは上越新幹線の上毛高原駅からバスを二本乗り継いで2時間30分位の所にあります。法師温泉には、この長寿館しかなくて、実に鄙びた、まさに秘湯です。奥さんが、お義母さんに聞いて選んだところですよ。

わたし達の泊まった別館は昭和15年築でしたが、手入れが行き届いていて気持ちのいい部屋でした。どの建物も本当に綺麗で、古さが日本らしい良さになっています。

houshi_bath.jpg温泉は三つあって、一番大きな法師乃湯は20:00から22:00を除いて混浴、玉城乃湯は22:00から7:00までが男性用となってます。法師乃湯では身体を洗ったりするのが難しいので、男性は夜ご飯が終わるまでは、お湯に浸かるだけになりますね。お湯は41度程度なので、長い時間入っていられますし、泉質がさらっとして負担の少ないお湯なのでのんびり浸かるには最高の温泉です。どこも照明が薄暗いので、気持ちも落ち着いてほっとできます。

本当に周りには何にも無くて、旅館と温泉しかありません。東京からちょっと足を伸ばすだけで、こんなにのんびりできる温泉があるなんて。すごくリフレッシュできましたよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2735

トラックバック

» 法師温泉 from 関東地方の温泉宿・旅館
弘法大師巡しゃくの折の発見と伝えられ、「法師の湯」と呼ばれている。温泉は、近年少... 続きを読む

コメントする