August 28, 2009

歌舞伎座さよなら公演 八月納涼大歌舞伎

携帯百景(ケイタイヒャッケイ) 去年赤坂ACTシアターで赤坂大歌舞伎を見て、また行きたいなと思ってたら、奥さんが歌舞伎座さよなら公演 八月納涼大歌舞伎のチケットを取ってくれました。今日が千秋楽ですよ。第三部を見てきましたが、前と同じ中村勘三郎がメイン。歌舞伎座は初めて行ったのですが、あと8ヶ月で建て替えなんですね。なんかもったいないな。すごく雰囲気があるのに。

演目は「お国と五平」と「怪談乳房榎」。八月はいつも怪談をやるんだそうです。勘三郎は、その怪談話に四役早替りで出ていました。どちらの話も、予備知識なしでも理解できる、すごく面白い話だったのですが、何がすごいって、勘三郎の早替りですよ。一番すごかったのは、花道で人とすれ違い様に早替りした時でした。衣装はもちろん、かつらまで替ってるんですが、どうやったか全然判らない。わたし達、花道の隣に座ってたのですが、それでも判らない。いや、本当にすごかった。

怪談と言いつつ、コミカルな部分もたくさんあって、笑い声が起こる事もしょっちゅう。わたしも大笑いしてました。歌舞伎は性に合うのか、すごく楽しめます。歌舞伎座さよなら公演はあと8ヶ月続くらしいので、演目と出演者をチェックして、また行きたいな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2851

コメントする