December 5, 2009

掃除機壊した

cleaner.jpg一ヶ月くらい前に部屋に掃除機をかけていたら、把手の根元のところがバキッと割れたのですよ。わたし、プラスティックの経年劣化を主張しているのですが、奥さんはわたしが力任せに使ったせいで壊れたと思っているらしいが、かれこれ10年近く使ってるんだから、どう考えても劣化だろう。

とりあえずの応急処置として瞬間接着剤を買ってきて、割れた部分を補強していたのですが、やはりスースー風は抜けるし、これ以上パッキリ折れるんじゃないかと思いながら気を遣って使うのは精神衛生上よろしくないのです。買い替えも考えたのですが、モーターはいたって快調ですし、サイクロン式にしたいとか特に買い替えたくなるようなモチベーションもないし。ということで、パナソニックに電話して、補修部品を手配してもらいましたよ。

この部分、延長管っていうんですね。部品費、わずか3000円。驚きの安さ。これでちゃんと安心して掃除機使えるようになりました。ついでに電話機の子機のバッテリも交換用に買ってきましたが、これが2000円。まだ全然普通に使える家電品なので、こういうパーツ交換で長く使うなんてエコだよなと自画自賛しつつ、安く上がってちょっと安心しているわたしがいますよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2877

コメントする