July 12, 2010

食堂かたつむり / 小川糸

ウィンブルドンもワールドカップも終わってしまって、これからどうしよう?

奥さんがこの作家の文章が好きだそうで、何冊か家に小川糸の本があるのです。とりあえずペンギン好きのわたしにと、エッセイのペンギンと暮らすを勧めてくれましたよ。いや、本物のペンギンの話ではないのですが。

読了して、続けて映画化もされた食堂かたつむりを。レビューや書評を見ても結構評価の分かれている感じですが、わたしは好きですね。ネタバレになるので書きませんが、最後の方の料理についても、それもありかなと。

エッセイを読むとよくわかるのですが、この作者はエコとかロハス的な事に関心が高いようなので、続けて読むとなるほどなと感じますよ。ちょっと落ち着いた、優しい感じになりたい時に読むと良いかも。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2946

コメントする