July 25, 2010

Movable Type 5にアップグレード

Ver.4になって以降、Movable Typeのアップグレードでは文字化け問題に悩まされ続けて来たので、「問題ない時には何もしない」の法則に則ってバージョンアップのお知らせも見て見ぬふりをしてきたのです。が、先週の水曜に管理画面にログインしようとしたら自動アップデートを掛けないと先に進めない状態になっていました。

イヤな予感はしつつも、何かあったらバックアップを書き戻せばいいやとトライしてみたら案の定、化けてる。ブログごっそり文字化けしてます。下手な事すると、データが全部飛ぶので、しばらく思案の結果、MT5にバージョンアップする事にしました。検索する限り、4よりも5の方が文字化けのトラブルが少なそうだったので。

MT5の場合、これまでのデータベースを残したままアップデートする方法ってのがマニュアルに書いてあるので、SQLのデータをバックアップした上で新しくDBを作ってアップグレード。案の定しっかり文字化けしてます。過去の負の遺産を引きずらない様に、mt-config.cgiも新しく作り直したんですけどね。ただ、今回はBDの中身を確認すると、データ自体は文字化けしておらず、単に見え方の問題だけらしいと当たりをつけて調べていたら、こちらのブログを見つけました。ここに書かれている「mt-config.cgiでの文字コードの設定」、

DefaultLanguage ja
PublishCharset UTF-8
SQLSetNames 1

がビンゴ。このおかげで文字化け問題は全て解決できました。

MT5はもはや個人用のブログのエンジンには過ぎたる道具の様にも思いますが、慣れてるのでこれからもこのシステムで続けていくつもり。それでも、4に比べるとだいぶ軽快に動きます。4は重かったなあ。アップグレードの時にこれまでのテンプレートも飛んじゃったので、小粋空間さんのテーマを使わせてもらう事にしました。まだすっぴんの状態ですが、これから少しずつ手直ししていく予定。もうあんまりごちゃごちゃさせるつもりもないので、シンプルなサイトを目指しますよ。

そういえば、MTって画像のサムネイル作成などにPerlの"Image::Magick"ってモジュールが必要なんですが、ウチのレンタルサーバーにはインストールされてませんでした。で、サポートに将来インストールするプランがあるかを聞いてみたら、15分後にはエンジニアからインストールしておいたと連絡が来ました。久しぶりにサービスというものに感激しましたよ。すげえな、ICDSoft

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2949

コメントする