July 28, 2010

東京セレソンデラックス公演「くちづけ」

今日は奥さんと東京セレソンデラックスの公演、「くちづけ」を観てきました。わたし、小劇場でお芝居を観る事自体ほとんどないのですが、奥さんの絶対的なオススメでの観劇です。

テーマは知的障害者の自立と社会参加と言う、ともすればかなり重い内容ですし、クライマックスも正直いたたまれない様な結末なのですが、笑いあり、涙ありの素晴らしい舞台でした。あとで奥さんに聞いた事には、この芝居は実話を基にしているらしく、それを聞くとなおさら考え込まされる様な話でした。でも、お芝居を観るという事は、考える事も大事だけど、とにかく役者さん達の発するメッセージを感じる事が大事なんじゃないかなあとか思ったりして。

セレソンの舞台は、去年チケットは取ったのに仕事で行けなくて、今日それが本当に残念だったと思うくらい、脚本も演技も良かったです。この「くちづけ」、東京の後は名古屋、大阪、札幌と回るらしいです。観に行ける方には、ぜひ観てもらえたら。主宰の宅間孝行さんが、最後の挨拶で「観に来てもらえるお客さんのおかげで芝居を続ける事が出来ます。名古屋、大阪、札幌は劇場が大きめ(今日のホールは300人キャパくらい)なので、お友達がいたらぜひ勧めてください」と言っていましたが、ほんと、お勧めしたくなる舞台でしたよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2951

コメントする