August 3, 2010

もやしもんとソウルイーターとクラウザーさん

ここ最近出たコミックの紹介。もやしもん 9ソウルイーター 17デトロイト・メタル・シティ 10です。普通の本も読んでるんですけど、コミックの方が書き易いの、気楽で。

もやしもんは、オクトーバーフェスト編でビールを堪能した後の巻という事で、メンバーの人間模様編というか日本酒編というか、もはやコミックというより大河小説の様なノリになりつつありますね。このコミック、どんだけ続くのだろう。今回、菌どもが主役の話もあって面白かったですよ。やっぱ菌あってのもやしもんだな。ゴーレムとか、電車で読んでフイたって。

ソウルイーターは、いい感じに話が展開していってる感じ。大体、何々編みたいなのが積み重なってくるとつまらなくなっていくのが常道ですけど、この話はストーリーが面白いですね。世界観も相変わらずカッコよくて、好きですよ。

最後にデトロイト・メタル・シティ。だいぶマンネリ化しつつあったストーリーも、ついに最終巻ですね。この巻も結構ストーリーとしては退屈でしたけど、最後のクラウザーさんと思えば、ライブシーンも盛り上がるってもんです。いや、しかし面白い漫画でしたよね、DMC。無くなるとなると、寂しいな。

そろそろ、よつばと!の10巻が読みたいんだけど、まだかしら?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/2957

コメントする