July 6, 2011

iPhotoで初めてのフォトブック

iphoto_photobook.jpg奥さんの実家に贈る用に、iPhotoを使って赤ちゃんのフォトブックを作ってみました。iPhotoが出てからずっと使い続けていますが、フォトブック作るのは初めて。てか、スライドショー以外のiPhotoの機能を使うの自体が初めてかも。

装丁もハードカバー、ソフトカバー、リングノートから選べて、カラーも色々あって、レイアウトもたくさんある中から、かなりシンプルなデザインのハードカバーを選んで注文しました。テンプレートの選択から注文終了まで、iPhoto内での手順はすごくシンプルで分かりやすく、使い勝手のいいものでしたが、一番大変なのが写真選びです。あれもこれもと入れたくなりますが、やっぱりキレイに撮れている良い表情の写真を使って、ストーリーのあるブックにしたくなりますものね。奥さんめっちゃ悩んでましたが、出来上がりを見ると悩んだだけの事はあって、かなりいい感じ。産まれてからまだ2ヶ月ですが毎日の成長って早いわーと実感できます。

仕上がりは、Appleのロゴマークの入ったケースに、カバー付きのハードカバー、表3にはまたAppleのロゴと"Made on a Mac"のプリント。これだけでもApple好きにはくらくらしちゃうかんじですが、印刷も想像してたよりキレイでした。もうちょっとアラやドットが目立つかなと思ってたのですが、普通の市販の写真集と同じくらいキレイです。トリミングや拡大をするとやはりアラが目立つ感じ。あと、iPadで撮った写真は結構ジャギーの目立つ感じでした。

なにより、デジカメの写真なんだからモニタで見ればいいじゃんという概念を打ち砕きますね。やっぱり紙焼きや、本になった写真というのは、何か特別な思い出や感情を引き出します。結構気に入っちゃったな。また作ろうと思ってますよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/3074

コメントする