August 1, 2011

東京をベビーカーを押して移動する

二週間ほど前、ベビーカーに赤ん坊を載せてレストランに行ったのですが、その時の話。

最近の東京の駅は、大体がエレベーターが設置されていて、ベビーカーとか車イスとかお年寄りとか、そのエレベーターを使って上り下り出来るようになってますね。昔に比べるとエレベーターの設置率高くなってるなと、まあこれまでは思ってたんですよ。案内の看板とか見て。実際に使ってみると、意外と不便なところが多いものですね。

例えば、新宿の駅での話。ホームに一基しかないエレベーターに、ベビーカーが行列をなしてました。10台近いのベビーカーが、ぐしゃっと。それ以外にお年寄りのご夫婦とかも。一度に乗れるのは3台が限界だったので、何台もやり過ごさないといけないし。改札から降りてくるリフトもベビーカーでキチキチでしたよ。あれじゃ親が手で持って上がった方が早いという事になるのでしょうが、それじゃ何のためのエレベーターか。

大江戸線に乗ろうと、京王新線の改札から入った時の話。エレベーターの乗り継ぎで大江戸線のホームまで行くのですが、ホームに繋がる2台目のエレベーターは駅の端っこ、トイレのまだ奥の突き当たりにあって、案内に従って歩いていても不安になります。まさか、こんなとこに無いだろうと思ったら、エレベーターあったよ。もちろん、ホームに降りたら、一番端。

改札出てから地上に上がるまでも大変で、いくつもある出口の内、エレベーターがあるのは一ヶ所だけで、しかも自分の目的地の反対側だったりすると、がっくりきますよ。

大人が自分たちだけで移動するのと比べると、ゆとりを持ってざっと3倍近い時間を見越しておいた方が良さそう。まだこちらも慣れていないので、上手く移動出来てないのかもしれませんが、意外と弱者に厳しいぞ、東京。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/3077

コメントする