January 9, 2012

iPod nano交換プログラムで、第6世代のnanoが返ってきた

nano_6g.jpg第1世代向けのiPod nano 交換プログラムに申し込んでいたら、現行の第6世代のnanoになって返ってきました。バッテリの問題で交換されるプログラムだったのですが、さすがに第1世代の筐体はそのままでバッテリだけ交換するのは難しかったのでしょうね。

特徴的な第1世代のnanoのデザインに強いこだわりがあれば、がっかりする人もいるかと思いますが、わたしはむしろ最新型になってうれしいタイプ。今回送られてきたのはシルバーの8GBモデルでしたが、オレンジだったら泣いて喜んだのに。それは贅沢としても、今のiPodのラインナップでは異端の現行nanoを試せるのは、とてもうれしいですよ。早速セットアップして、今日持って出掛けましたが、独特の存在感と操作性で最初は慣れなかったものの、こなれてくると使っているのが楽しいですね。あと、結構音質が好みかも。

今回のプログラム、発表されてすぐ申し込んだので11月13日の受付なのですが、その後モノが回収されてAppleに届いたのが12月5日、それから随分時間が経って昨日1月8日に発送されて、今日到着です。随分時間がかかりましたが、結構申し込みが多かったんですかね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/3097

コメントする