January 21, 2013

鹿児島温泉の旅 / 妙見と霧島

もう先週の話なんですが、三連休を利用して温泉に行ってきました。鹿児島の妙見温泉と霧島温泉に一泊ずつです。チビさん温泉デビュー。

だいたい温泉に行く時はなんにもしないで旅館でゴロゴロするのがポリシーなんですが、今回は一歳児連れという事もあって更になんにも予定なしの旅です。飛行機も遅めの出発、早めの帰着というブッキング。

一泊目の妙見温泉は石原荘に泊まりました。携帯が本当にずっと圏外になってるような場所ですが、建物は結構モダンで綺麗。部屋は小さいところしか予約できなかったのですが、それでも十分な広さ。ゆったりとした和室に、小さな洋間というか椅子とテーブルが置かれたスペースがあって、子供が寝た後もゆっくり本とか読めちゃう感じです。

温泉はどれも源泉の上に作られているという事で、宿泊棟から少し歩いたところにあります。割とさらっとした泉質。露天風呂も含めていくつかあるので、食事前、食事後、朝起きてからと何度も入っても色々気分が変わってよいです。夜と朝でも全然印象が違いますしね。

食事も、地元の食材や料理法を使ってあって、どれも美味しい。個室を用意してくれたので、子供連れにはとてもうれしい。子供あしらいの上手な人が付いてくれたので、親も(比較的)ゆっくり食事を楽しめました。

二泊目は霧島温泉に移動です。今度は霧島ホテル。老舗だそうですが、なんとも昭和な感じの温泉旅館という感じです。久しぶりにこういうタイプの所に泊まりましたが、なかなか楽しい。建物は古いですが、手入れが行き届いているのと、スタッフの対応が気持ちいいので、リラックスできましたよ。

二日目は朝からずっと雨だったので、石原荘をレイトチェックアウトしたらそのままタクシーで霧島ホテルに移動でした。途中ランチに立ち寄ったわきもとはなかなか美味かった。

霧島ホテルは、めちゃくちゃ広い大浴場が売りなんですが、これがまたほんとにデカい。水深1.4mもある場所もあるので、子供ばかりかいい歳した大人も泳いでましたよ。いろんなタイプの泉質とお風呂を一ヶ所で楽しめるので、これもまた楽しい。残念なことに、チビさんの寝かしつけで一緒に陥落してしまったために、寝る前にもう一度入れなかったのですが、朝食後にもう一回入って取り返しておきました。
料理は、まあ普通でしたね。

帰りの便は11:00前に鹿児島空港を飛ぶ便だったので、三日目の朝はバスに乗って空港まで。二日目と打って変わって快晴でした。鹿児島は。あの成人の日、東京は大雪だったので、羽田に近付いても空港閉鎖でしばらく空中で旋回して待機、なんとか降りられましたが、その後すぐ全便欠航という状況でした。空港内はてんやわんやになってましたよ。偶然同じくらいの時間に羽田に着く予定だった義弟くんと落ち合って一緒に帰ることにしていたのですが、彼の便は滑走路で一時間足止めを食らったらしく、着陸してからも全然降りてこなくて大変でした。その後、タクシーで帰りましたが、いたるところで動けなくなっているクルマがあるわ、道はどこも渋滞だわで、いつもの2-3倍かかりました。それでもいい運転手さんにあたったので、これでも早いくらいでしたね。前回の沖縄での台風といい、最近わたしがどっか行くとなんか起こります。貴重な体験ですけどね。こういうのも含めて、旅は楽しい。

やっぱ旅はいいなあ。子連れでも、国内だったら割となんとかなるもんだと分かってきたので、近々また行きたいですね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/3135

コメントする