April 2, 2015

eggbeater 2

eggbeater.jpgRS8に選んだペダルはeggbeater 2。初めて見たウチの長男が「これ輪っかないよ?」と言った、シャフトとビンディングユニットしかない異形のモデルです。

元々MTB用なのですがそもそもSPD使ってましたし、通勤含めて街中で乗る方が多いので外して歩きやすいのが良かったのです。シマノのA600と迷いましたが、ここはデザイン優先で選んじゃいました。黒のRS8に、ブラックのeggbeater2はよく似合います。すっきりとして締まったイメージ。

実際に使ってみるとSPDとは少々勝手が違っていて、柔らかく嵌まって、にゅるっと外れる感じです。嵌める時は泥の中に足を踏み込む感じの柔らかさで、外す時は足を動かし始めたらもう外れてる感じ。クリートの位置は一番前にしていて、シャフトの位置も母指球に来てるのですが、嵌める時の位置はSPDよりも後ろ目にあるような感じです。

踏み面がないのは全然気になりませんが、100km越えで乗ると印象は変わるかもしれません。今のところ足の痛みとかも全くなし。

クリートは専用のものになりますが、SPDよりは小振りでシューズの溝に完全に埋まっているので歩いた時に金属が当たらないのはいい感じです。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://little-bird.org/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/3171

コメントする