August 28, 2010

スイス・ライド@東京シティサイクリング

最近は暑いし、週末は家の事で時間を取られるしと言い訳して自転車もほとんど乗れてないのですが、昨日Twitterで見かけたスイス・ライドが面白そうなので参加する事にしましたよ。

東京シティサイクリングにスイスチームとして参加するこのイベント、朝が早いのはちょっと厳しいですが、距離は40kmなので気楽に参加出来ますね。実はわたし、この手の自転車イベントに参加するのは初めてなので、どういう雰囲気なのかも楽しみです。

自転車でスイスという事で、スイスカラーの自転車に乗ってるMzDonald'sのよしかわさんにもTwitterで声掛けて、一緒に参加しますよ。楽しみですね。出来れば気温は涼しめでお願いしたいところ。

August 27, 2010

Retweetボタン by TOPSY

今朝さとなおさんのブログを読んで思い立ち、このブログでもRetweetボタンを付けてみる事にしました。以前、公式のRetweetボタンが出た時に一度設置してみたのですが、その時はどうも上手くレイアウトが出来ずに、なんかバランスの悪い感じになったので断念したのでした。

今回はTopsy - A search engine powered by tweetsのサービスを使ってみましたよ。設置の手軽さも、この手のツールでは結構大事だと思うのですが、TOPSYはヘッダーとアーカイブテンプレートを変更するだけなので簡単です。特に今使わせてもらっている検索する小粋空間のテンプレートでは、アーカイブテンプレートをそれぞれ触らなくても、モジュールの「ブログ記事のメタデータ」を変更すれば大丈夫ですよ。

と、ここまでの設置はすぐ出来たのですが、実際にRetweetさせようとすると、エントリのタイトルが文字化けします。これは結構よく知られた問題のようで検索すると対応策が出てきたりするのですが、どうも上手くいかない。普通の設置方法ではJSONデータ形式というのを使うのですが、文字化け回避でJavascriptに変えてみたりしましたが、やっぱりダメです。

さらに検索した結果、JSONで記述するtitleをMTの変数ではなく、title自体を記述しないという方法を発見。そうするとHTMLのタイトルをそのまま引用してくれるらしい。これが正解で、無事問題解決。ほんとは、ボタンを右側に配置して、メタデータに並べたくて大分苦戦したのですが、まだ上手くいってません。これはまあ、とりあえずはよしとします。

エントリを投稿すると、Twitterにポストするようにしているので、常にretweetは1になっている、いわば自作自演ではあるのですが、読んでもらって面白いと思ったらretweetしてもらえると、うれしいです。なんか昔のカウンタが増えるのが楽しいって感じに似てますね、このretweetボタンって。

今回参考にしたサイト:
小粋空間: TopsyでTwitterのRT数とretweetボタンを表示する
topsyのRTボタンのエラーを修正[to-R]

August 26, 2010

JENITH GUSTRO@恵比寿

今日は奥さんと恵比寿のビストロ、JENITH GUSTRO(ジェニスガストロ)で晩ご飯を食べてきました。このお店は、以前奥さんが来て美味しかったので再訪と相成った訳です。お店のロケーションは山手線から見える渋谷寄りの線路沿いにあるのですが、なんだかすごく雑多な感じのする雑居ビルの2階なのです。最初ビルに入った時にはびっくりしましたが、お店の中はカジュアルながらも感じのいい雰囲気ですよ。

bonito.jpg壁の黒板にびっしり書かれたメニュー(印刷してのを渡してくれますけどね)に、「二人で三品(前菜2皿+メイン1皿)で充分です」と書いてある。それだけポーションがありますよと言う意味なので、わたしたちも素直に鰹のカルパッチョ 赤ワインソース、カニクリームコロッケ 蟹味噌とえびのソース、鴨のつくねハンバーグ ネギと洋風きんぴら添えをオーダーしましたが、ちょっとパンに載せて食べてみたいとリエットを追加。

カルパッチョは肉厚で柔らかい脂の乗った鰹にさっぱりとしたソースでとても美味しい。夏の一皿目にはぴったりです。リエットもつまみつつ、ペロリと完食。

cream_croquet.jpgで、カニクリームコロッケですよ。これが、もう超絶に美味い。非常に味の濃いしっかりとした料理なのですが、コロッケの衣はサクサクで、ナイフを入れると中からトロトロのクリームがはみ出してきます。ほろほろとしたカニの身の甘さとクリームのコクも最高なのですが、蟹味噌とえびのソースをつけて食べると、鼻に蟹味噌をはじめとする食材の香りが抜けていって、もうこんなに美味しいコロッケ、初めて食べた。ソースはきっちりパンにつけて、キレイに完食。このコロッケは一皿に二個、ひとつがかなり大きくて女性の握り拳くらいあるので、しっかりした味付けも相まって二つは食べられないと思います。しかし、至福のコロッケです。

duck_meatball.jpgメインに頼んだ鴨のつくねは、逆にさっぱりとしたソースで、卵の黄身と添え物のネギやきんぴらっぽい味付けのゴボウとニンジンを一緒に食べるとジャストの味付けです。ちょっと荒めにミンチして食感も楽しめるつくねでした。コロッケからの味のつながり的にもいい感じ。

tomato_pasta.jpg普通はここで終わるべきだし、お店のお勧めもそうなんですが、あまりの美味しいのでもうちょっと食べたくなって、パスタを注文。パスタはメニューに乗ってないのですが、最後にもう一皿というお客の注文で作ってくれるそうです。ソースをトマトソースでお願いして、後はシェフにお任せして出てきたのが、ムール貝とアサリとエビのパスタ。酸味が強いと具との相性が良くないということで、トマトは抑え目で、ガーリックとほんの少し鷹の爪を利かせたソースです。もちろん、美味い。もうここに来て、外すはずがないという感じ。パスタの塩加減もいいし、辛いもの好きのわたしでは最初気が付かないくらいの鷹の爪の利かせ方もいい。

さすがにここでもう行き過ぎなくらいおなかいっぱいだったのですが、なぜかデザートにビスケットショートケーキを一皿頼んじゃって、もう動けんというくらい大満足でした。結局二人で六品(デザート含む)も食べてるって、普通の倍じゃん!

二人してこんなにがっつり食べたの、久し振り。お店の人のサービスも気持ちいいし、いいお店です。また行こう。ほんとに美味かった。

August 23, 2010

配筋検査

reinforcing_rod.jpg今日は月曜ですけど、家の基礎の配筋が出来て、コンクリートを打つ前に検査をやるので立ち会ってくださいとのことだったので、有給取って立ち会ってきました。

コンクリートを打って基礎ができ上がっちゃうともう見えなくなる部分なので、検査を見せるというだけじゃなくて記念に見てくださいという意味もある様です。素人なので、細かい数字やらピッチ幅とか言われても分からないのですが、現場監督が色々説明してくれて、ふむふむと頷いたりする訳ですよ。「見た目がキレイかどうかが、配筋がちゃんと出来ているかどうかの目安になります」と聞いていたのですが、こりゃほんと職人芸ですね。もちろん工場で長さを合わせて切断して、曲げる場所で曲げて持ってくるのですが、まるでパズルのようなこの配筋、組み始めのところでmm単位でズレると反対側の端っこでは数cmズレる様な作業だそうですよ。神経使いますねえ。ウチの配筋は、建物の構造がかなり複雑なせいで、鉄筋が太かったりピッチ幅が狭かったりと、しっかりした基礎を組んでもらったようです。いや、もう美しいですよ、これは。

明日、もう一度検査をして、コンクリートを打つらしいです。今日、一時間程説明を受けていただけで、顔や腕が日焼けしてるくらいの暑さですが、これだけ暑いと逆にコンクリートが早く乾き過ぎるので、水まきしながらコンクリ流し込むらしいです。色々大変だ。週末にはベタ基礎と立ち上がりまで出来るみたい。また見に行くのが楽しみです。今年に入って、毎週欠かさず見に行ってるのですが、これからいよいよ毎週家の形になっていく訳ですよ。ああ、楽しいなあ。

August 19, 2010

お誕生月焼き肉@池上線ガード下物語

under_guard.jpgこないだのわたしの誕生日に奥さんが用事で一緒に居れなかったからという事で、奥さんが食事に連れていってくれました。この猛暑で、「夏バテには焼き肉がいい」と念仏のように唱え続けた結果、池上線ガード下物語で肉食べてきましたよ。

なんのかんので、最近の外食は肉続きのような気もしますが、とにかくもこの店はやっぱり美味かったー。ホルモンも焼き肉も、サイドメニューもどれも美味い。やっぱ食事は美味しいものを、楽しい会話で食べると、おいしいね。ごちそうさまでした。

August 18, 2010

VOICE / Perfume

買ってから一週間経つのに書くのを忘れてました、PerfumeのVOICE。発売時から日産とauのタイアップが付いてるって、Perfumeにしては珍しい。

どっちの曲も、これまでのPerfumeとはちょっと雰囲気の違う感じ。A面(?)のVOICEもビートは早めながらも、どことなく落ち着いた感じだし。とはいっても、ライブでは盛り上がるんでしょうね、これは。575も結構意外感のある曲で、CMで流れてる時も最初Perfumeと気付かなかったくらいなので、これはこれで面白いです。新境地というか。

11月の東京ドームツアーのチケットが取れているので、これらの曲を生で聴けるのも楽しみ。それまではiPodで聴き込んでおきますよ。

August 14, 2010

Movable Type 5: 時間差再構築計画、スタック中

昨夜設定して上手くいくだろうと、高をくくっていた公開キューとcronを使ったMT5の再構築高速化計画ですが、上手く再構築が出来ていないので、失敗中という状況です。

cronでタスクが実行される度にメールが来るように設定しているので、ちゃんとcronが回ってる事は間違いないのですが、となるとスクリプトが悪いのか、どこか設定が間違ってるのか。

ダッシュボートから「全ての再構築」を掛けてもアーカイブが再構築されていないので、どうもテンプレートの設定あたりが変になってるのではないかと当たりはつけているものの、スクリプト内の記述で疑わしいところがあるので、これからこのエントリで実験してみようと思ってます。毎時20分にスクリプトが走るので、後で結果を確認してみます。上手くいくといいんだけど。

続きを読む "Movable Type 5: 時間差再構築計画、スタック中"

Movable Type 5: 再構築高速化

このサイトのシステムをMovable Type 5.0.2にアップグレードして、紆余曲折はあったものの上手く動くようになって機嫌の良い日々を過ごしていたのですが、ここ最近、エントリを投稿して再構築が掛かると、"502 Server dropped connection"のエラーが出て失敗する事がしょっちゅうだったのです。最初の頃は再構築もめっちゃ早くなって喜んでいたんですが、わずかな期間で何が起こったのでしょう。

さておき、そのまま放っておくのもよろしくないので、テンプレート毎の公開設定を変更する事にしました。メインページや個別エントリはすぐに更新して欲しいのでスタティック、ちょっと遅れても大丈夫な月別アーカイブやカテゴリアーカイブは公開キュー、スタイルシートやJava Scriptは手動に変更。これで幾つかの過去のエントリで確かめてみたところ、うまくいっている感じに見えます。新規作成の時の再構築はすごく早くなりましたよ。

公開キューは、サーバでcronを動かさないといけないのでいささか面倒なのですが、使っているホスティングサーバではコントロールパネルという管理画面からcronの設定も出来るので簡単。このエントリでもテストしてみようと思ってますよ。

動的なphpでの出力はしたくなかったので、今回もなんとか静的なページで運用出来る方法を取りました。ちょっとした設定で、使いにくくなったり、上手く使えたり、面白いものですね。

今回参考にさせてもらったページ。
公開設定を見直してMovableTypeの再構築を高速化する - Open MagicVox.net
指定日投稿や公開キュー等のスケジュール処理の設定

August 13, 2010

夏休み

明日から四連休の予定で夏休みです。今年は家造りもあるので、夏休みは短めにして、引越しになりそうな年末に長めの休みを取る予定です。例年だとちょっとずらして取って旅行でも行くところですが、それどころじゃない感じですよ。

とはいっても、工事の人もこの土日は夏休みなので、月曜に見学に行って、火曜は照明器具を見にショールームに行く予定です。楽しみながら、ゆっくり過ごす休みにしようと思ってますよ。

August 11, 2010

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら / 岩崎夏海

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読みましたよ。今年のドラッカーブームの火付け役とも言えるこの本、とはいえ自分でお金を払って読む気はしないので図書館に予約を入れていたのですが、会社の人が買っていたので借りました。基本的にビジネス書は数読むべきだと思っているので、よほど手元に残しておきたい物以外は借りて読めば十分だと思うのですよ。わたしの住んでいる地域では図書館にwebから予約を入れたり出来るので、何かで話題になっているのがあったら、マメに予約をするようにしているのです。

さておき、ベストセラーのこの本、今でも電車で広告しているのですね。今日、その広告の下の席で読了しました。ドラッカーみたいな、読まなきゃと思いつつ手に取っても半分居眠りしてしまうような本を、高校野球というシチュエーションでストーリーを作ろうというアイデアは素晴らしい。「マネジメント」のエッセンスも上手く取りこめていると思います。残念なのは、小説としてのストーリーですね。途中、チームが変わっていってどんどん強くなる辺りまでは面白かったのですが、その後すごい勢いで尻すぼんで、クライマックスでは口あんぐりでした。

と、シビアなレビューではありますが、先に書いたみたいに、コトラーとかドラッカーとかウェルチとか、読んどくべきと言われても手を出すのが後回しになりがちな名著に興味を持つきっかけとしては、いい本だと思います。事実わたしも、次はドラッカー読もうと思いましたし。って、原本読んでないのに、この上から目線なのか、俺。