April 29, 2011

iPad2オーダーしました

今日、つか昨日iPad2がショップで買えるようになったですのに、さすがに朝は並べなくて、夕方と思ってたらことごとく売り切れてたのですよ、AppleStore渋谷と近辺の量販店では。

まあ、retailで買えなかったらonlineと思ってたので早々に諦めて帰宅したのですが、そうなるとonlineでどうかが気になるじゃないですか。ねえ。

結構早い時間から待機して、アナウンス通り29日1時から購入出来るのかと思いつつ、リロード攻撃をかますこと30分。やっとiPad2が買えるようになってました。

で、買っちゃった。
ipad2_ordered.jpg

結局、容量に少しゆとりが欲しくて32GB、本体色は可愛いのでホワイト、カバーは結局オレンジ。渋谷のショップでREDとオレンジ触らせてもらったのですが、REDは革の手触りは素敵だったけど、わたしはキズと変色がガマン出来なさそうなタイプなので止めました。ウレタン系もなかなかの質感ですよ。

後は到着を待つばかり。online storeには「すぐにお届け」と書いてあるのに、出荷予定が5/19。早く触りたいなあ。GW中に届くといいのにな。

April 22, 2011

初めてのハンコ

昨日21日にお七夜を祝って、正式に命名書を書いて名前をつけましたよ。

その前に奥さんと名前を決めた時、初めてのプレゼントにとアニマルスタンプ・カワナでハンコを作ってあげました。まだ何の動物が好きかって分からないので、ここは干支のウサギから一番気に入った白黒ウサギを。で、なぜか自分も欲しくなって、桜文鳥で作っちゃいました。アデリーペンギンにしようか随分迷ったのですが、文鳥飼ってるしね。

今日商品が届いたのですが、これがウサギも文鳥も非常に可愛い。色んな所にぺたぺた押してますよ。この子の物には、ハンコで印をつけていってます。

April 20, 2011

ベビーカー予約しました

以前、代官山にベビーカーを探しに行った時に最終候補に残っていたAirBuggy coco。サイトを見ていたら、限定色でイエローなんてのが予約受付になってました。ウチは直営店に直接電話して、予約しましたよ。

もともとAirBuggyって多色展開で好みの色が選べるのですが、cocoに関しては今の所、アイボリー、ネイビー、レッドの三色展開でどうしようかなと迷っていたのです。そんなところに、このイエロー。超好みのイエロー。と言う事で、予約してしまいました。6月下旬発売らしいですが、このバギー自体が3ヶ月以降が対象なので全く問題なし。

かなり派手ですが、好みだからいいのです。オリジナルの三色の中ではレッドにしようと思ってたのですが、イエローかっこいいわ。しかも、このモデルだけフレームが全部黒なんですよね。そこもまたシブいところ。

April 17, 2011

息子

叙事的なエントリは既に書いたのだけど、あれは結局奥さんとわたしの物語なので、産まれたばかりの息子に向けた叙情的な言葉を、今日は書いてみようかなと思います。わたしはきっと今しか書けないし、本人が読む日はいずれ来るでしょう。

君が、彼女(わたしの奥さん、君のお母さんね)の中に命を授かったと聞いた時、二人はそれはそれは喜びました。僕にとっては、自分の何かを引き継ぐ君と会う事が出来るという事がその理由かな。僕に残された時間の内で、君と過ごすことができる歳月が楽しみで、そのために産まれるまでの無事と、元気で産まれてくることを心から願いました。そして今、願いは叶って君はこの世に生まれてきましたね。

いろんな人の書き物を見てると「こんな時代に生んでしまって申し訳ない」みたいなのを目にするんだけど、僕は全然そうは思わない。どんな時代でも産まれてこなければ何も始まらないはずです。どんな時代でも、感じ考え行動するのは君です。出来るだけ早くちゃんと自分の足で立って歩けるようになれ。それまでは、ちゃんと面倒みるから。

僕は君に、自分の価値観をしっかり持ち、自分の考えで自ら行動する人間になって欲しいと願っています。自分の考えをちゃんと説明出来る事、考えも無しに行動しない事、考えたなら実行する事を忘れないで。

今日、僕と彼女は君の名前を決めました。この名前には「高みに向かって邁進し、達成した暁にはそれが久しく続くよう、またおおらかな人間に育ってくれるよう」にと、願いと意味をこめています。すごく悩んだけど、良い名前だよ。

さあ、なんのかんの言っても、これから一緒に過ごせる月日を楽しもう。毎日の小さい事も、たまの大きなイベントも。僕はすごく楽しみにしてます。君も、どっさり楽しませてやるから、覚悟しとけよ。

April 16, 2011

赤ちゃんが産まれました

4/13 7:30 奥さんから、おしるしっぽいのが来ていて弱いながらもお腹に張りがあると聞かされる。ひょっとしたら今日あたりかもと。先日の健診では先生に全く兆候がないので、来週18日にまた診察して、そのまま入院しましょうと言われていました。予定日が過ぎてなんとなく気も抜けていて、じゃあ来週かなと思っていたので、自然に陣痛っぽいのが来た事に驚き。6:00くらいからなんか変な感じだそう。気になるし、会社休んで病院に付き合おうかと思ってたら、まだまだだから会社に行けとの奥さんオーダー。しぶしぶ会社に。でも、仕事してても気はそぞろ。

4/13 16:45 奥さんから病院に向かうとの連絡が。それまでにも14:00過ぎとかに、病院に行くかどうか迷ってるような連絡は受けていたのだけれど、とにかくもドクターに診てもらおうということで病院に。

4/13 19:00 奥さんから、子宮口も開いてきているので入院して様子を見るとの連絡が。ちょうどその時、出たくもない会議に出ていて、奥さんの様子に変化があれば抜けますよと宣言していたのですが、連絡をとりながらやり過ごしている内に会議の方が終了。急いで病院に向かったのが、20:00。タクシーで病院に向かっていると、最初はのんびりしていたメールの内容が突然シリアスになって、陣痛が来たと連絡を受けたのが20:05頃。

4/13 20:20 病院に着くと、周産期ユニットの廊下のベンチで陣痛の痛みに耐える奥さんと、横でそわそわしているお義母さんの姿が。夕方の診察では4cmまで開いていたものの、自宅に帰るというオプションもあったそうな。最終的にドクターが内診したら6cmまで開いていたので入院しましょうとなったらしい。陣痛が来てからも、分娩室が一杯で廊下で空きを待っていたんだけど、ちょうど様子を見にきた主治医の先生がこれはまずいので、部屋を慌てて用意するよう指示を出してくれたのが21:00前。つい2日前になんの兆候もなかった奥さんが、いきなり子宮口6cmとはと、先生もびっくり。でも、来週だったら医療介入することになってた、自然に産まれるならそれが一番です、と。「もうそこまで開いているなら、今晩中に産まれそうですね。」そう言われて、奥さん、お義母さん、わたしも、その夜の比較的早い時間に産まれると思ってました。誕生日は13日かな、14日かな、と。

4/13 21:00 分娩室入室。陣痛の間隔は1-2分程度。急な展開に心の準備が出来ているやら、追いつかないやら。子宮口が全開になっている訳ではないので、まだいきまないでねと助産師さんが。痛がる奥さんに、いきみ逃しのマッサージをしてみたり。破水すれば、そこからは早いというものの、破水しないし。

4/14 00:00 陣痛自体が落ち着いてきてしまう。弱いのに、ずっと痛いみたいな感じだそうな。そうはいっても痛いものは痛いらしく、いきみ逃しは陣痛の度に。とは言え、行き詰まった感じの雰囲気に。ここからが長い。奥さんは、陣痛の合間にうとうと。お義母さんと僕は起きてはいるけど、たまに気絶するような。昨夜の夕食を食べようとした所で陣痛が始まったので、奥さんの体力面にも心配が。助産師さんから何か食べるように指示は出るものの、あんなに痛そうでは食べるに食べれないよね。それでもおにぎりのかけらを口にしたりする奥さん。

4/14 04:00 内診で子宮口は全開してるので、夜明けまでには産まれるんじゃないかとの見立て。6:00過ぎには夜明けなので、あと2時間かとボーッとした頭で思う。

4/14 07:00 夜明けまでには産まれず。どう見ても朝です。ありがとうございました。助産師さんと当直のドクターで、どうするか相談します、外で待っててくださいねと言われて、分娩室の外のソファで缶コーヒー飲んでみたりしたものの、一時間ほど気絶してた。多少すっきりした。

4/14 09:00 ドクターの判断では10:00まで待って、まだ産まれてこなければ、陣痛促進剤を使いましょうと。それでも、出来る限り母体と赤ちゃんの本能を信じて待ちましょうと。この時点では、赤ちゃんは降りてきてるものの、最後の一押しになる強い陣痛がないと、産まれてくるのは厳しいとの診断。まだいきんでも逆効果とのことで、陣痛を促すために何かを食べたり、廊下を歩いてみたり、トイレに行ってみたり。お風呂に入るというアイデアまで出たくらい。ここでは重力の助けを借りて降りてくるよう、ソファに座っていたのだけれど、分娩台に移っていきんでみましょうと助産師さんが、判断を切り替えたのがこの時間。

4/14 10:00 結果この判断が効を奏して、徐々に赤ちゃんが出てくるかという状況になったのがこのあたり。その前にいきみと同時に促進剤の投与が決断されていて、点滴を確保しながら徐々に促進剤が投与される。奥さん、だいぶ辛そう。何より痛いよね。他の分娩室からは絶叫が聞こえるのに、奥さんはほとんど声も出さない。痛いはずなのに。

4/14 11:00 いよいよ破水。長かった。促進剤は点滴のスピードを徐々に上げていっていて、破水と同時に酸素吸入もスタート。もう少し。もともと二人の間では、陣痛の間は一緒にいるけれど、産まれる瞬間には立ち会いをしないでいようと話し合っていたんだけど、これまでの奥さんの頑張りを見て、最後まで見届けようと立ち会いする決心をするわたし。奥さんに水を飲ませたり、汗を拭いて上げたりしか出来ないんだけれど。なぜかね、涙が出るんです。なにに揺さぶられているのかわからないけれど、涙が出るんですよ。絶対泣きはしないし、泣く理由なんてないしと思ってたのに、泣く理由なんて要らないんだと全身で理解した。ちなみに陣痛の間の落ち着いているタイミングにTwitterに実況してました。この日のTweetとみんなからの激励はTogetterに纏めよう。

4/14 11:16 破水してからは早い。一気に出産まで。分娩室に入ってから14時間、陣痛を意識してから23時間。産まれました。3174gの元気な男の子です。うれしかったな。カンガルーケアで奥さんの胸に乗せられて、何かにしがみついている赤ちゃん。正直ね、冷静に、論理的に考えれば可愛くないですよ。しわしわだし、顔色悪いし、別に愛想を振りまく訳じゃないし。でも、わたしの気持ちは鷲掴みです。価値観というか、世界の軸が替わる瞬間ですね。

結局徹夜して、前日からなにも食べなかったこの日、帰りに一人で祝杯を上げに、つかとにかく何か食べにお店に寄ったら、店員から客までみんなが祝福してくれました。常連のじいさんからビールご馳走になっちゃった。この日の酒と食事は美味かったな。

おかげさまで、父親になりました。これからは今までの考え方では対応出来ない事があるだろうけど、それにも増して楽しい人生が俺を待ってる。

April 10, 2011

cherry_blossom2011.jpg昨日が予定日の赤ちゃん、まだ産まれる気配無しよ。

今日は奥さんとお義母さんと義弟くんとで、散歩を兼ねたお花見に行ってきましたよ。それはそれはすごい人出でした。もう葉は出てきているし、風が吹くと花びらが吹雪いてました。とはいえまだまだ花はみっしり咲いているし、桜吹雪はキレイだったな。

NEX-3使ってると、撮る写真は背景ぼかし中心になりますね。赤ちゃんに向けて、今日はカメラを使ういい練習になったよ。

April 6, 2011

近況

ブログの方がすっかりご無沙汰になってますが、簡単にあった事をまとめておこうかな。

奥さんが赤ちゃんのスタイ(よだれ掛け)作ったって、写真送ってきた。可愛い (*´∇`*) on Twitpicベビちゃんの予定日はいよいよ今週末に迫ってきました。先週今週の火曜日に健診を受けてますが、今のところ全く兆候無し。胎動は元気にうにうにと動いているので順調ですよ。もう後は待つしかないですね。ここ最近の奥さんは裁縫に勤しんでいて、よだれ掛けやら布団やらキルティングマットやら色々作ってますよ。

段取りの都合で、ベビーベッド組み立てたよ on Twitpic今週の金曜日からお義母さんにきてもらう事になっているので、場所の確保もかねて買ってあったベビーベッドも組み立ててみました。こんな小さいに収まっちゃうんだね、赤ちゃんって。

先週末には知事選の期日前投票というものを初めてやってきました。今回の選挙は全く街宣車を見かけないので静かで良いですねえ。むしろこの方が自分で熱心に候補者の政策調べたり、選挙公報読んだりするので、いいんじゃないか。

鳥刺しなう on Twitpic投票の後には、奥さんを連れて近所の焼き鳥屋さんに。引越してすぐくらいに行ってみて、美味しかったので。奥さんと二人きりで外食ってこれが最後じゃないかと思うのですが、それが近所の焼き鳥屋で良かったのかな。大将のところも1歳になったばかりの赤ちゃんがいて、大将の奥さんも子連れで手伝いに来ていたので、赤ちゃん談義に花が咲く。赤ちゃんの話になると、とかくみんなが盛り上がるのが面白くて、不思議。この店だったら小さい子を連れていっても大丈夫そうなので、また行こう。

サラジェシカバーガー! on Twitpic最後とか言う舌の根も乾かない内に、昨日健診の後、渋谷のウーピーゴールドバーガーで一緒にランチしてきましたよ。何かと話題のこのお店、お腹の空いていたわたしはダブルパティのサラジェシカバーガーを。黒胡椒の利いた味付けで、美味いしお腹いっぱいになるし、良い店でしたよ。基本カウンターだけの狭いお店なので、隣との密着感半端無いですが。

天気予報では、東京の桜もいよいよ満開だそうです。庭のジューンベリーも花が咲き始めてきました。いよいよ春ですね。あ、最後にここ最近、花粉症が超酷いですよ。花粉はそろそろ終わりにして欲しいな。