July 22, 2011

スタジオアリスというビジネスモデル

写真をスタジオアリスで撮ったんですけどね、あの店のビジネスモデルって、よく出来てるなあと感心しました。噂には聞いていましたが、初めて自分で行ってみてよく解る。

とりあえず初期費用で掛かるのが撮影代なんですが、これはクーポンやら優待券で必要ないケースも多い。子供の衣装はどれだけ着ても、何を選んでも無料。ウチのベビはお宮参りだったので、祝い着とベビードレスと、これだけでも二点です。他に撮りにきていた家族とか、何回着替えるのかというくらいのお色直ししてました。でも、これが罠ですよ、罠。それぞれの衣装で何点かずつ撮る訳です。ベビ一人、家族三人、祖父母も入って五人で、それぞれ撮影。衣装を替えて、また撮影。何点撮っても、お値段は無料。とはいえ、この後現像する写真選びのところで、えらい事になります。

どの画像を現像するのか、モニタで見ながら決めていくのですが、その前にアルバムにするかとか、台紙はどれにするのかとか、フレームをどうするとか、サイズはどうだとか、オプションは山ほどあります。撮影に関わる基本料金がほとんどかかってない分、現像やデコレーション関係は割高。想像してたより上でしたね。また写真がね、プロが撮った良いタイミングの写真ですから、どれも捨てがたい訳ですよ。で、あれもこれもと現像をオーダーしちゃう。カシャンカシャンとレジの音が聞こえるようです。

最終的には、びっくりするようなお値段になってました。でも、子供のものだし、今日撮った写真は明日撮れない写真だし、とか考えて結局払いますよね、親は。ここのスタジオでは、たくさん注文してもらうための仕組みが絶妙ですね。しかも、アルバムに追加するとかで、またリピートする訳ですよ。いや、ほんとこのビジネスモデルを考えた人、すごい。

あ、よく聞く話ですが、アリスはビデオカメラは持ち込めるので、持っていったら幸せになれます。でも、ビデオの静止画で撮れちゃうけど大丈夫と最初は思いましたが、多分そんなの売上には全く響かないでしょうね。
それと、ここのスタジオのスタッフの人の子供あしらいの上手さは、プロの仕事を感じます。すごいよ!

お宮参りに行く

omiyamairi.jpgベビも産まれて早3ヶ月。男の子なのでお宮参りは本来31日目に行くところですが、ある程度首が据わってからと思って、先週末に行ってきました。首据わりをとるか、暑さをとるか、考えようによっては微妙ですけど、結果としては安心して連れていける分だけ、良かったかな。ピーカンの猛暑と台風の合間の唯一曇りでまだ過ごしやすかった日だったのですが、こういうので「こいつ、持ってるな」と親は思う。ええ、贔屓目です。

当日は朝からスタジオで写真を撮って、そのまま午後に近所の氏神様の神社にお参りに。ベビはグズりもせず大人しくしてました。親思いのいい子だ。そうは言っても一日仕事。家に帰ったのは夕方で、和服の奥さんとお義母さんの代わりにわたしが抱いて連れ回っていたせいか、翌日腕と脚が筋肉痛になるほど。随分成長しています。もう6kg超、産まれた時の二倍ですからね。

義両親には初孫なので、もう可愛くてしょうがない様子。熱狂と共に過ごした日々でしたが、それだけ相手されたせいかベビの行動がバージョンアップしたような感じですよ。よく笑い、よくしゃべり、よく遊ぶようになった気がする。台風のせいで滞在が伸びたのも、よりベビには刺激的だったようですよ。

July 6, 2011

iPhotoで初めてのフォトブック

iphoto_photobook.jpg奥さんの実家に贈る用に、iPhotoを使って赤ちゃんのフォトブックを作ってみました。iPhotoが出てからずっと使い続けていますが、フォトブック作るのは初めて。てか、スライドショー以外のiPhotoの機能を使うの自体が初めてかも。

装丁もハードカバー、ソフトカバー、リングノートから選べて、カラーも色々あって、レイアウトもたくさんある中から、かなりシンプルなデザインのハードカバーを選んで注文しました。テンプレートの選択から注文終了まで、iPhoto内での手順はすごくシンプルで分かりやすく、使い勝手のいいものでしたが、一番大変なのが写真選びです。あれもこれもと入れたくなりますが、やっぱりキレイに撮れている良い表情の写真を使って、ストーリーのあるブックにしたくなりますものね。奥さんめっちゃ悩んでましたが、出来上がりを見ると悩んだだけの事はあって、かなりいい感じ。産まれてからまだ2ヶ月ですが毎日の成長って早いわーと実感できます。

仕上がりは、Appleのロゴマークの入ったケースに、カバー付きのハードカバー、表3にはまたAppleのロゴと"Made on a Mac"のプリント。これだけでもApple好きにはくらくらしちゃうかんじですが、印刷も想像してたよりキレイでした。もうちょっとアラやドットが目立つかなと思ってたのですが、普通の市販の写真集と同じくらいキレイです。トリミングや拡大をするとやはりアラが目立つ感じ。あと、iPadで撮った写真は結構ジャギーの目立つ感じでした。

なにより、デジカメの写真なんだからモニタで見ればいいじゃんという概念を打ち砕きますね。やっぱり紙焼きや、本になった写真というのは、何か特別な思い出や感情を引き出します。結構気に入っちゃったな。また作ろうと思ってますよ。

July 1, 2011

AirBuggy coco サンフラワー

airbuggy_coco_sun_flower.jpg予約していたAirBuggy cocoの黄色が入荷したとの連絡をもらって、先週末に購入の手配に行ってきました。いよいよ到着しました。サンフラワーの AirBuggy。ヒマワリ色のベビーカーです。

画像で見ていると、どうしてもペカペカしたイエローに見えて、お店で実物を見るまではどんな感じだろうと思っていたのですが、実際に見てみたその色は、黄色というよりはむしろ山吹色に近い感じ。レモンイエローとかヒヨコイエローみたいな感じかと思ってたのが、これは嬉しい誤算。派手は派手なんですがどことなく落ち着いた雰囲気もあって、ブラックフレームとの相性もいい感じです。元気な男の子というイメージのバギーでした。

お店にいた別のご夫婦は「派手っ!」とか言ってましたが、お店の人の「短い期間しか使えないものなので、気に入ったものを買った方がお散歩も楽しいですよね」との言葉に、自信を持って購入。一緒にチェーンキーも買ったのですが、オリーブのKNOGのヤツです。AirBuggyとのタイアップでベビーカー用のキーとライトを出しているらしいのですが、自転車好きにはたまらんですよ。全体的にわたし好みのセレクトだったので、家に送られてきて奥さんが実物を見るまでは気に入らなかったらどうしようと思っていたのですが、実車を見た奥さんも随分気に入ったらしくて、ホッと安心。

首が据われば、ベビを連れてこのバギーでお出掛けできます。楽しみ。気に入ったものを、大好きな人と共有できるなんてね。