July 5, 2013

AirMac放熱対策

airmac_summer.jpg去年の夏、AirMac Extremeが成仏しまして同じモデルに買い替えたのですが、今ブログ見返してもその話書いてませんね。いかにサボり癖が付いているか。

それはさておき、故障の原因はほぼ熱暴走に違いないと考えてます。一昨年は奥さんが育休中で夏とはいえ日中も人がいたので温度調節がされていた上に、設置場所がワイヤーフレームの台の上だったのに、去年は電話台を木製のものに買い替えてそこに設置していた上に、チビさんも保育園に通い出して日中は閉めきったために、本体の熱さが明らかに上がっていたせい(当手比)。一日中通電して起動しっぱなしの無線ルーターは熱で壊れやすい上に、その中でも熱への弱さは折り紙付きのAirMac。裏面ゴム貼りで木の天面においてたら、そりゃ壊れますわね。そこで今年は夏本番の前に熱対策をと、あるものを買ってきました。

というのが、ダイソーのエレクターもどきの棚。我が家の家具には30cm x 15cmがピッタリのサイズでした。投資金額105円。少なくとも底面を浮かすことで放熱効率は上がるはずですし、以前と同様のワイヤーフレームなら、きっと熱対策になるはず。この棚がなければ、ワイヤーの石鹸置きをふたつ使って浮かせるつもりだったのですが、見栄えが悪そうだったので、これはいいもの見つけた。

とはいえ、実際どれくらいの効果があるのかは不明です。日中閉めきることには代わりはないし。アクセサリーメーカーでAirMac Extreme用の放熱台を1万円以上の値段で売ってたりもしますが、このダイソーの105円もそこそこいけそうな気はするんですけどね。現行のAirMacが保温用お弁当箱みたいになっちゃったので、今のモデルを極力使い続けたいので、なんとか効果が上がって欲しいものです。