May 9, 2015

房総サイクリングの旅 2015

Chiba2015_cycling.jpg今年のGWは2年ぶりの房総半島サイクリング。今回は5月3日から一泊二日で、会社の自転車サークル(非公認)の人と二人で走ってきましたよ。

まずは電車で千葉県へ。最初のJRは連休二日目を甘く見ており満席の臨時特急で五井まで。その後、小湊鉄道を使って上総牛久まで行きました。小湊鉄道の切符は車掌さんがハサミでぱちぱち穴を開けてくれる懐かしいやつでした。記念に持って帰りたかったけど切符なのであえなく回収。

その後、県道81号線と82号線を走り回った一日目でした。養老渓谷まで結構アップダウンがあって削られました。平坦なところがほとんどなくてずっと登りか下りという嫌がらせルート。とはいえ実に気持ちよいルートです。ほとんど車もいないし、信号もない。勝浦で宿泊だったので早めにチェックインして、その後また内側の山に入ったのですが、宿に荷物を下ろして走ると楽ですね。軽量化の重要性を認識した一日でした。走行距離113km。

二日目はずっと海沿いを。ほとんど平坦路で海を見ながら走るルートでした。早朝は霧雨が降っていたもののすぐに晴れてぴかぴかのサイクリング日和でしたが、照りつける日差しとずっと向かい風の強風でやっぱり消耗。たまに現れる軽い登りを上がりきったところで拡がる海はものすごく気持ちよくて、走っていて本当に楽しい道でした。

とはいえ、最後の最後で大渋滞につかまって、帰りのフェリーがぎりぎりになったのは連休のせいですね。鋸南の道の駅から金谷のフェリー乗り場まで約7km、ずっとぎちぎちの渋滞でしたよ。走行距離118km。

房総半島は内陸部は山でアップダウンが楽しめるし、海沿いは綺麗な景色を楽しみながら走れるので、本当にサイクリング向きですね。一緒に走った人とも盛り上がってしまって、次の企画の話が出てきているくらいです。自転車楽しいなあ。

と、これを書いているのが9日の夜ですが、あまりの日焼けで既に皮が剥け始めています。小学生の夏休み並ですね。