July 22, 2011

お宮参りに行く

omiyamairi.jpgベビも産まれて早3ヶ月。男の子なのでお宮参りは本来31日目に行くところですが、ある程度首が据わってからと思って、先週末に行ってきました。首据わりをとるか、暑さをとるか、考えようによっては微妙ですけど、結果としては安心して連れていける分だけ、良かったかな。ピーカンの猛暑と台風の合間の唯一曇りでまだ過ごしやすかった日だったのですが、こういうので「こいつ、持ってるな」と親は思う。ええ、贔屓目です。

当日は朝からスタジオで写真を撮って、そのまま午後に近所の氏神様の神社にお参りに。ベビはグズりもせず大人しくしてました。親思いのいい子だ。そうは言っても一日仕事。家に帰ったのは夕方で、和服の奥さんとお義母さんの代わりにわたしが抱いて連れ回っていたせいか、翌日腕と脚が筋肉痛になるほど。随分成長しています。もう6kg超、産まれた時の二倍ですからね。

義両親には初孫なので、もう可愛くてしょうがない様子。熱狂と共に過ごした日々でしたが、それだけ相手されたせいかベビの行動がバージョンアップしたような感じですよ。よく笑い、よくしゃべり、よく遊ぶようになった気がする。台風のせいで滞在が伸びたのも、よりベビには刺激的だったようですよ。

July 6, 2011

iPhotoで初めてのフォトブック

iphoto_photobook.jpg奥さんの実家に贈る用に、iPhotoを使って赤ちゃんのフォトブックを作ってみました。iPhotoが出てからずっと使い続けていますが、フォトブック作るのは初めて。てか、スライドショー以外のiPhotoの機能を使うの自体が初めてかも。

装丁もハードカバー、ソフトカバー、リングノートから選べて、カラーも色々あって、レイアウトもたくさんある中から、かなりシンプルなデザインのハードカバーを選んで注文しました。テンプレートの選択から注文終了まで、iPhoto内での手順はすごくシンプルで分かりやすく、使い勝手のいいものでしたが、一番大変なのが写真選びです。あれもこれもと入れたくなりますが、やっぱりキレイに撮れている良い表情の写真を使って、ストーリーのあるブックにしたくなりますものね。奥さんめっちゃ悩んでましたが、出来上がりを見ると悩んだだけの事はあって、かなりいい感じ。産まれてからまだ2ヶ月ですが毎日の成長って早いわーと実感できます。

仕上がりは、Appleのロゴマークの入ったケースに、カバー付きのハードカバー、表3にはまたAppleのロゴと"Made on a Mac"のプリント。これだけでもApple好きにはくらくらしちゃうかんじですが、印刷も想像してたよりキレイでした。もうちょっとアラやドットが目立つかなと思ってたのですが、普通の市販の写真集と同じくらいキレイです。トリミングや拡大をするとやはりアラが目立つ感じ。あと、iPadで撮った写真は結構ジャギーの目立つ感じでした。

なにより、デジカメの写真なんだからモニタで見ればいいじゃんという概念を打ち砕きますね。やっぱり紙焼きや、本になった写真というのは、何か特別な思い出や感情を引き出します。結構気に入っちゃったな。また作ろうと思ってますよ。

July 1, 2011

AirBuggy coco サンフラワー

airbuggy_coco_sun_flower.jpg予約していたAirBuggy cocoの黄色が入荷したとの連絡をもらって、先週末に購入の手配に行ってきました。いよいよ到着しました。サンフラワーの AirBuggy。ヒマワリ色のベビーカーです。

画像で見ていると、どうしてもペカペカしたイエローに見えて、お店で実物を見るまではどんな感じだろうと思っていたのですが、実際に見てみたその色は、黄色というよりはむしろ山吹色に近い感じ。レモンイエローとかヒヨコイエローみたいな感じかと思ってたのが、これは嬉しい誤算。派手は派手なんですがどことなく落ち着いた雰囲気もあって、ブラックフレームとの相性もいい感じです。元気な男の子というイメージのバギーでした。

お店にいた別のご夫婦は「派手っ!」とか言ってましたが、お店の人の「短い期間しか使えないものなので、気に入ったものを買った方がお散歩も楽しいですよね」との言葉に、自信を持って購入。一緒にチェーンキーも買ったのですが、オリーブのKNOGのヤツです。AirBuggyとのタイアップでベビーカー用のキーとライトを出しているらしいのですが、自転車好きにはたまらんですよ。全体的にわたし好みのセレクトだったので、家に送られてきて奥さんが実物を見るまでは気に入らなかったらどうしようと思っていたのですが、実車を見た奥さんも随分気に入ったらしくて、ホッと安心。

首が据われば、ベビを連れてこのバギーでお出掛けできます。楽しみ。気に入ったものを、大好きな人と共有できるなんてね。

June 19, 2011

ドイツ弾丸出張

white_asparagus.jpg先週の水曜日から土曜日まで、ドイツに出張してました。二泊四日の弾丸出張です。これまでに何回も海外出張ってしてますが、ここまで短いのは初めて。会議やって、しかもそのホテルに泊まってたので、どっか行ってなんか見た的な事は何も無いのですが、晩ご飯は全員でレストランに食べに行くようにアレンジしてくれていたので、楽しみはそれくらい。なぜか必ずレストランに行く前にガイドがツアーの様に色々案内してくれていたのですが、お腹空いているのでそんな事はいいから早く食事を!の様な雰囲気。行くまで知らされてないので、まさかご飯の前に2時間もはとバスっぽいツアーに連れ回されるなんて思いもしないじゃないか!

そうはいっても、ビアガーデンとかトラディショナルなドイツレストランに連れていってもらったので、旬のホワイトアスパラガスをたらふく食べさせてもらいましたよ!これだけで、ドイツに行った値打ちがあるってくらいの美味さ。柔らかくて、ほんのり甘くて、もう最高。ドイツでは溶かしたバターを掛けて、さらにその上からホワイトクリームと溶かしバターを混ぜたものを掛けて食べるそうで、もちろんそうやって食べたのですが、あんなうまいホワイトアスパラガスは食べた事がないな。しかも一度にあんなにたくさん!

今回の出張には会社用のPC以外にiPadを持っていきました。2台運用が前提だったのと、ドイツのビジネス客向けのホテルでは部屋では有線LANのサービスが中心で無線はあっても電波が弱いという経験則があったので、AirMac Expressを持参。室内で自分でwi-fiネットワークを作ってました。時差ボケのせいで夜中3時くらいには目が覚めていたので、起きていて部屋にいる時間にはFaceTimeで、家に繋ぎっぱなし。奥さんと話するのはもちろん、ベビともモニタ越しに顔は見れるし、声も掛けれます。ちゃんと反応してましたよ。奥さんが用事で外している時にベビがバウンサーで一人遊びしてるのを見てた時には、ほんとに自分が海外にいるのか?という感じでしたね。テクノロジーってすごい。ちゃんと家族の顔を確認出来るので、電話よりも全然いいし。FaceTImeは簡単なので、コンピュータに強くない奥さんでも全く問題なく使えるので、iChat videoなんかより全然良いですよ。宛先選んでコールするだけ。出たらOK、出なければ時間を空けて掛けなおせばいいんだから。

短いといっても、さすがに今日とか体力的にキツかった。なんか片付けも、帰ってからやろうと思ってた事も今日は全然中途半端。ちょっとアイドリングしながら、体力の回復を待とう。

June 8, 2011

無印良品のこどもTシャツ

kodomo_T_shirts.jpgまだベビー服はツーウェイドレスとかカバーオールを着ているウチの赤ちゃんですが、無印良品のこどもTシャツおさ姐さんがTwitterでつぶやいているのを見て、わたしの方が欲しくなって買ってしまいました。だって超カワイイし。

80cmが一番小さなサイズなので、平均身長から考えても来年の夏向けになるんですが、気が早いと言われながらも八種類中六枚という大人買い。どの柄も子供が似合いそうな、可愛らしい動物モチーフですよ。特にウサギとメダカ、リスがお気に入り(わたしが)。

それにしても、この80cmのベビー向けサイズのTシャツって、ちっさい。最初箱を開けたら、入ってないのかと思ったくらいですよ。これでも、今のベビには大き過ぎるんだから驚きです。このTシャツがちょうど着れるようになる時には、どんなになってるかな。

May 27, 2011

赤ちゃんとの日々(月齢1ヶ月あたり)

赤ちゃんの1ヶ月健診で、いくつか指摘された点があったりしたものの、翌週の奥さんの健診に併せてもう一回診てもらったら改善していてホッと一安心でした。湿疹がまだもう少し残ってるかなという状態でしたが、先生の言う通りにしていると随分改善してきました。色々ね、心配事はあるけれど、すくすく育ってます。

1ヶ月を過ぎた辺りから、随分ミルクを飲むようになって、奥さんが授乳した後に粉ミルクを追加して飲ませているのですが、いる時にはわたしがそのミルクをあげているのですよ。哺乳瓶にミルクを調製して、冷まして、抱っこして哺乳瓶くわえさせて、飲み終わったらゲップさせて、寝かせるまでがお仕事。これがもう、楽しくてしょうがないです。ごくごく飲んでくれると、うれしいですよ。

昨日から沐浴じゃなくて、大人と一緒のお風呂に入れてるのですが、これもわたしの役。沐浴はずっと奥さんがやってくれていて、わたしは上がってから担当だったのですけれど、今の一緒のお風呂って、なんか特別な感じです。さっぱりした顔してくれると、なんともうれしい。

最近外気浴も始めていて、少しずつ外の空気に触れさせているのですが、一緒にお出掛けするにはもうちょっと時間が掛かりそうです。楽しみは順番にですね。

最近は赤ちゃんの写真ばかり撮ってます。クマデジタルさんの教えの通り、NEX買ってよかった。撮れる写真がやっぱり違いますね。整理どうするかとか、フォトブックとか紙焼きどうするかとか色々迷ってますが、これから試行錯誤ですね。

それにしても、やっぱり子供といるのは楽しい、うれしい。色々大変な事はあるけれど、それ以上に産まれてきてくれて良かったと思いますねえ。

ベビの足 #iPhotoUploader on Twitpic うつぶせ遊び中 #iPhotoUploader on Twitpic やっぱりママが抱くと安心するのね。 #iPhotoUploader... on Twitpic

May 9, 2011

育児に明け暮れる連休

予定日くらいから手伝いに来てくれていたお義母さんが、お義父さんがちょっと体調を壊したのでちょうど連休の前に実家に戻って、この連休は夫婦二人で育児に取り組んでました。今年はうまく10連休に出来たので、新米パパママが育児に取り組むにはいいタイミングでした。

生んでからまだ二週間の奥さんは家事とかもまだしてはいけない時期なので、役割的には奥さんが育児、わたしが家事と育児の手伝い。おしめを替えたり、泣いてるのをあやしたり、沐浴の手伝いをしたり。本格的に赤ちゃんの世話に取り組んだのはこの時からですが、楽しいのはもちろん、それに加えて想像以上に大変ですね。

連休始めあたりは、グズる赤ちゃんをあやしても全然泣きやんでくれなくて、こっちの方が参りそうになったりして。赤ちゃんが泣く理由は基本的に、お腹空いた、おしめ替えて欲しい、理由なんてない、なんで泣いてたか忘れたけどとりあえず泣くくらいだと思うのですが、この理由もないのに泣くというのが、頭では分かってもいざ直面するとどうしていいのか分からないので、途方に暮れて困り果てるというパターン。普段の仕事で考えると、問題には常に原因があって、それを解決すると改善すると思っているのですが、赤ん坊はそんなの関係ない世界に生きてる。これを感覚で掴めるまでは結構大変でした。これが連休も後半になってくると、まああやしても泣き止まないのは泣き止むまで待てば良しという感じに。親もだんだんタフになってきますね。

あと、赤ちゃんの状態が正常なのかそうじゃないのか分からないのも、結構大変。例えば少し湿疹が出てくるとか、鼻が出るとか詰まっているとか、どの範囲までが正常なのかがさっぱり分からん。あんまり気にし過ぎるのも良くないと思いつつ、育児書読んだり、ネットで調べたり。これも赤ちゃん自身が異常に泣いたり、気にしてる様子がなければ、気にし過ぎないようにすることに。来週健診なので、心配事はそこで相談しようかなと思ってます。

と、まあ気になる事はいくつもあれど、それも含めて育児ですね。毎日毎日、違う表情を見せてくれるので新鮮です。ここ数日、新生児微笑(つまりは原始反射なんだけど)が増えてきたり、わたしの指をギュッと握ったりするようになってきたので、もう可愛いのなんの。明日から仕事なので、日中に相手出来ないのがとても残念。

April 22, 2011

初めてのハンコ

昨日21日にお七夜を祝って、正式に命名書を書いて名前をつけましたよ。

その前に奥さんと名前を決めた時、初めてのプレゼントにとアニマルスタンプ・カワナでハンコを作ってあげました。まだ何の動物が好きかって分からないので、ここは干支のウサギから一番気に入った白黒ウサギを。で、なぜか自分も欲しくなって、桜文鳥で作っちゃいました。アデリーペンギンにしようか随分迷ったのですが、文鳥飼ってるしね。

今日商品が届いたのですが、これがウサギも文鳥も非常に可愛い。色んな所にぺたぺた押してますよ。この子の物には、ハンコで印をつけていってます。

April 20, 2011

ベビーカー予約しました

以前、代官山にベビーカーを探しに行った時に最終候補に残っていたAirBuggy coco。サイトを見ていたら、限定色でイエローなんてのが予約受付になってました。ウチは直営店に直接電話して、予約しましたよ。

もともとAirBuggyって多色展開で好みの色が選べるのですが、cocoに関しては今の所、アイボリー、ネイビー、レッドの三色展開でどうしようかなと迷っていたのです。そんなところに、このイエロー。超好みのイエロー。と言う事で、予約してしまいました。6月下旬発売らしいですが、このバギー自体が3ヶ月以降が対象なので全く問題なし。

かなり派手ですが、好みだからいいのです。オリジナルの三色の中ではレッドにしようと思ってたのですが、イエローかっこいいわ。しかも、このモデルだけフレームが全部黒なんですよね。そこもまたシブいところ。

April 17, 2011

息子

叙事的なエントリは既に書いたのだけど、あれは結局奥さんとわたしの物語なので、産まれたばかりの息子に向けた叙情的な言葉を、今日は書いてみようかなと思います。わたしはきっと今しか書けないし、本人が読む日はいずれ来るでしょう。

君が、彼女(わたしの奥さん、君のお母さんね)の中に命を授かったと聞いた時、二人はそれはそれは喜びました。僕にとっては、自分の何かを引き継ぐ君と会う事が出来るという事がその理由かな。僕に残された時間の内で、君と過ごすことができる歳月が楽しみで、そのために産まれるまでの無事と、元気で産まれてくることを心から願いました。そして今、願いは叶って君はこの世に生まれてきましたね。

いろんな人の書き物を見てると「こんな時代に生んでしまって申し訳ない」みたいなのを目にするんだけど、僕は全然そうは思わない。どんな時代でも産まれてこなければ何も始まらないはずです。どんな時代でも、感じ考え行動するのは君です。出来るだけ早くちゃんと自分の足で立って歩けるようになれ。それまでは、ちゃんと面倒みるから。

僕は君に、自分の価値観をしっかり持ち、自分の考えで自ら行動する人間になって欲しいと願っています。自分の考えをちゃんと説明出来る事、考えも無しに行動しない事、考えたなら実行する事を忘れないで。

今日、僕と彼女は君の名前を決めました。この名前には「高みに向かって邁進し、達成した暁にはそれが久しく続くよう、またおおらかな人間に育ってくれるよう」にと、願いと意味をこめています。すごく悩んだけど、良い名前だよ。

さあ、なんのかんの言っても、これから一緒に過ごせる月日を楽しもう。毎日の小さい事も、たまの大きなイベントも。僕はすごく楽しみにしてます。君も、どっさり楽しませてやるから、覚悟しとけよ。