August 10, 2016

ツールド東北〔プチ〕

明日から飛び石連休なので、一日有給をはさんで四連休にしました。せっかくなので、自転車でどこかに行こうということで、気仙沼まで自転車で走ってきます。

震災後、東北地方に行くのは初めてですが、自分の眼で見ること、多少なりとも行くことが貢献になればと思いつつ、自身も旅を楽しんできたいと思います。交通安全は第一で!

March 9, 2016

右肘を骨折しまして

ちょうど10年程前に左肘を骨折して手術してるのですが、今度はロードバイクで落車して右肘を骨折してしまいました。5日の土曜日の事です。

落車直後は、なんか腕がぷらぷらするなとか、力入らないなくらいだったのですけど、少しするとえらい出血で、結局救急車で搬送される事態に。そして明日の手術のために、今日から入院です。

複雑骨折なのにあわせて、出血を伴う傷があったことから感染症管理で入院が長引きそうとか言われてます。早く治して出たい。

December 29, 2015

富士山サイクリング(9月の話)

気がついたら今年もあと2日しか残っていないのですが、ろくに更新していなかった幾つかのネタを慌ててアップする編。

今年は4月から新しいロードバイクに乗り換えて、それ以降ずっと自転車に夢中です。ちょくちょく仲間と一緒に走りに行っていますが、5月と9月の2回、泊まりでサイクリングに出かけました。5月は房総半島で9月は富士山です。富士山へのサイクリングは東京から自走するのがテーマでしたが、行って帰ってこれるか不安だったものの、まあなんとかなるもんですね。

1日目は、いつもの多摩川サイクリングロードから出発して、奥多摩を経由して山梨県上野原市へ。おやきとか食べつつ都留を通過して富士吉田へ。途中でメンバーの一人が弱ってきたので、ルートを変更して富士吉田のうどんを食べてそのまま河口湖畔の宿にチェックインです。脱落したメンバーを宿に残して、わたしはもう一人のメンバーと一緒に西湖をぐるっと走ってきました。走行距離は168km。

そういえばわたし、富士五湖はどこも同じレベルというか、標高だと思っていたのですが、全然違うのですね。河口湖から西湖に向かう途中にいきなりものすごい坂が出てきて、めげました。

2日目はぐるりと富士山を周ります。鳴沢村を経由して白糸の滝の近くを通過して(寄らずに)富士スカイラインへ。わたしホント坂苦手でクライマー脚質じゃないんですが、いつか富士ヒルクライムとか挑戦してみようかと思ってましたが、富士山なめたらダメですね。2合目までしか登ってませんが、それはそれは長い坂でした。

登ってしまえばあとは楽しいダウンヒルで、御殿場の駐屯地までものすごい勢いで下りましたが、その後渋滞を避けて山中湖へ向かうために選んだ三国峠のルートが斜度14%とか16%とかの泣けるルートで死にかけました。だから登りは苦手なんだって。


なんとか峠をクリアした後は道志みちを気持ち良くダウンヒル。よくあるルートでは道志みちを使って富士山を目指すらしいですが、帰りに使う分には楽しい道でした。これ逆だったらだらだら登りが続いて嫌な感じじゃなかろうか。

帰宅は結局20時過ぎになりましたが、楽しいサイクリングでした。キツかったけど。走行距離は193km。もう少し頑張って、200kmいっとけばよかった。

サイクリング楽しい。新しい自転車も楽しい。というか、自転車楽しいですね!

May 9, 2015

房総サイクリングの旅 2015

Chiba2015_cycling.jpg今年のGWは2年ぶりの房総半島サイクリング。今回は5月3日から一泊二日で、会社の自転車サークル(非公認)の人と二人で走ってきましたよ。

まずは電車で千葉県へ。最初のJRは連休二日目を甘く見ており満席の臨時特急で五井まで。その後、小湊鉄道を使って上総牛久まで行きました。小湊鉄道の切符は車掌さんがハサミでぱちぱち穴を開けてくれる懐かしいやつでした。記念に持って帰りたかったけど切符なのであえなく回収。

その後、県道81号線と82号線を走り回った一日目でした。養老渓谷まで結構アップダウンがあって削られました。平坦なところがほとんどなくてずっと登りか下りという嫌がらせルート。とはいえ実に気持ちよいルートです。ほとんど車もいないし、信号もない。勝浦で宿泊だったので早めにチェックインして、その後また内側の山に入ったのですが、宿に荷物を下ろして走ると楽ですね。軽量化の重要性を認識した一日でした。走行距離113km。

二日目はずっと海沿いを。ほとんど平坦路で海を見ながら走るルートでした。早朝は霧雨が降っていたもののすぐに晴れてぴかぴかのサイクリング日和でしたが、照りつける日差しとずっと向かい風の強風でやっぱり消耗。たまに現れる軽い登りを上がりきったところで拡がる海はものすごく気持ちよくて、走っていて本当に楽しい道でした。

とはいえ、最後の最後で大渋滞につかまって、帰りのフェリーがぎりぎりになったのは連休のせいですね。鋸南の道の駅から金谷のフェリー乗り場まで約7km、ずっとぎちぎちの渋滞でしたよ。走行距離118km。

房総半島は内陸部は山でアップダウンが楽しめるし、海沿いは綺麗な景色を楽しみながら走れるので、本当にサイクリング向きですね。一緒に走った人とも盛り上がってしまって、次の企画の話が出てきているくらいです。自転車楽しいなあ。

と、これを書いているのが9日の夜ですが、あまりの日焼けで既に皮が剥け始めています。小学生の夏休み並ですね。

April 2, 2015

eggbeater 2

eggbeater.jpgRS8に選んだペダルはeggbeater 2。初めて見たウチの長男が「これ輪っかないよ?」と言った、シャフトとビンディングユニットしかない異形のモデルです。

元々MTB用なのですがそもそもSPD使ってましたし、通勤含めて街中で乗る方が多いので外して歩きやすいのが良かったのです。シマノのA600と迷いましたが、ここはデザイン優先で選んじゃいました。黒のRS8に、ブラックのeggbeater2はよく似合います。すっきりとして締まったイメージ。

実際に使ってみるとSPDとは少々勝手が違っていて、柔らかく嵌まって、にゅるっと外れる感じです。嵌める時は泥の中に足を踏み込む感じの柔らかさで、外す時は足を動かし始めたらもう外れてる感じ。クリートの位置は一番前にしていて、シャフトの位置も母指球に来てるのですが、嵌める時の位置はSPDよりも後ろ目にあるような感じです。

踏み面がないのは全然気になりませんが、100km越えで乗ると印象は変わるかもしれません。今のところ足の痛みとかも全くなし。

クリートは専用のものになりますが、SPDよりは小振りでシューズの溝に完全に埋まっているので歩いた時に金属が当たらないのはいい感じです。


March 31, 2015

Anchor RS8納車されました

rs8.jpg1月末にロードバイクを乗り換えるってエントリを書いていたのですが、本当に買い替えました。AnchorのRS8 EQUIPEが最終的に選んだモデルでした。選んだ理由としては、インプレでの評判の良さ、コンポが中途半端に組み合わせではなくフルでシマノ105であったこと、コストパフォーマンスの良さ、街で意外と見かけないこと、などでした。RL8と迷ったところもあるのですが、単純にモノステイのリア三角って嫌いなのでRL8は無理ということで。RS8のクラシカルなリアはいい感じ、フロントの無茶な感じの極太チューブも好きですよ。

このRS8はものすごくちゃんとしたお店で組んでもらったのですよ。前のCannondaleは我流でセッティングしていたのですが、店主曰く前傾が甘いとのことで随分前傾姿勢にポジション出ししてもらいました。今日一日乗ってみたら、肩と首が筋肉痛。

アルミのCAAD7から、フルカーボンへの乗換はロードへのイメージを変えます。個人的なインプレッションを語るほどの才能がないのでここでは深追いしないとしても、RS8はいろいろ乗り手をアシストしてくれてダンシングやゼロスタートもずいぶん楽です。

バイクが変わると、パーツやウェアも新しいものが欲しくなるのですが、それは次のエントリで。

January 27, 2015

ロードバイクを買おう 2015

bike2015.jpgブログによると今のCannondaleを買ったのが2005年で、かれこれ9年乗ってきました。まだ全然現役ではあるのですが、そろそろ乗り手のほうがアルミの硬さが身体に応える年齢になってしまっています。もう乗り換えてもいい頃かしらということで、去年末あたりからいろいろ調べていました。

先週末にショップに相談に行って、今考えているのが3モデル。NeilPrydeのZephyr、AnchorのRS8、MERIDAのSCULTURA

一番気になっているのはZephyrでデザインや評判の良さ、そんなに見かけないところが素敵なのですが、RS8もSculturaのコストパフォーマンスも捨てがたい。どれを買っても満足できそうですが、それぞれ少しずつ気掛かりなところもあってカタログを眺めたりwebで調べたりして悩んでいる最中です。きっと多分今が一番楽しい時間。

January 21, 2015

LIGHT WEIGHT BACK PACK / FREDRIK PACKERS

fredrik_bag.jpgFREDRIK PACKERSで新しいバックパックを買いました。LIGHT WEIGHT BACK PACKというモデルです。自転車に乗る時用ということでいろいろ調べていたら、どちらかのサイトで紹介されていたこのブランド。初めて知りましたがなかなか洒落た、使い勝手の良さそうなカバンがいっぱいです。

とにかくバックパックが良かった(肩凝りにくい)ので、容量とデザインで選んだのがLIGHT WEIGHT BACK PACKでした。色もカラフルでいろいろ選べます。カスタムもありましたが、テーラーメイドもどれも恰好良い。black x neon yellowと迷ったけれど、steel gray x blueのMサイズにしました。

fredric_tag.jpgいわゆる本格的なバックパックというよりはお洒落系街歩き系な感じのバッグです。機能にこだわる人は他のメーカーのがよいと思いますが、自転車に乗る時にも使うし歩きで出掛ける時にも使うというならとても使いやすいです。生地は柔らかくて荷物を入れても身体にフィットしますし、軽いし、背負った感触も自然です。なにより恰好良いので好き。

内ポケットについてたタグもいちいち恰好良いんだよなあ。

March 10, 2014

bikke2 e

bikke2.jpg買おうかどうしようか随分迷っていた子供乗せ電動自転車、ブリヂストンのbikke2 eを買いました。発売になったばかりの2014年モデルです。電動自転車も初めてなら、小径車も初めて。もちろん子供乗せ用のシートがついてる自転車も初めてです。

候補にしてたのはヤマハのPAS Babby、ブリヂストンのHYDEE.Ⅱ、それとbikke2です。PASとbikkeは兄弟車で、いわゆるメーカーが違うだけで同じもの。電動アシストをヤマハが、車体をブリヂストンが作っているそうな。これはシートやグリップまでカラーコーディネイトされてるbikkeの方がカッコいいデザインなので、PASはパス。HYDEEは車輪の径が大きいのですが、お店で試乗した時に実際に子供を上げ下ろしした時に小径の方が全然やりやすかったので、結局bikkeに決めました。小径車でホイールベースがいやに長いフレームなので取り回しはどうかなと思っていたのですが、これも試乗したら予想外に扱いやすいので問題なしでした。

昨日はお店から乗って帰っただけなのでまだまだ感じも掴みきれてないのですが、電動アシスト突きの自転車は面白い挙動ですね。漕ぎ始めの1秒後くらいにフッとペダルが軽くなります。スタートからスピードがのって巡航してる間もほぼほぼ同じ負荷で漕げるのは不思議な感じです。ロードのように、踏んだら踏んだだけ進むというのとはまるで違いますし、高速巡航になると楽になるというのとも違いますね。とはいえ、30kgを超える車体重量をこれだけ軽々と動かせるのはアシストのおかげです。

チビさんも、すでに後ろに乗って走るのが大好きなようです。自転車があれば気軽にいろんなところにいけるのは、ロードも子供乗せも同じ。これからサイクリングにはいい季節です。一緒に出掛けるのがすごく楽しみですよ。

August 13, 2013

milestoのメッセンジャーバッグ

milesto.jpg昨日、わたしの誕生日だったんですが、奥さんがプレゼントしてくれたのがmilestoのメッセンジャーバッグでした。普段使う鞄って決まっていて、自転車乗る時にはRoyal mailかTimbukのメッセンジャー、歩きで出掛ける時にはPorterのトートだったのですが、トートバッグだとなで肩のわたしはしょっちゅう位置を直しているのと、子供の面倒を見るには両手が空いている方が動きやすかろうとの奥さんの配慮が。でも、結局気に入ったモノしか持ち歩かないわたしのために、色々探してくれたみたいです。

このメッセンジャーバッグ、本格的にバイクで使うというよりはお洒落に街で使うタイプですが、マチが深くて、フラップのマジックテープが縦(ボディは横向き)で鞄が膨らんでも大丈夫になってたり、身体に当たる裏側に防水のジッパーがついていてフラップを開けずに中にアクセスできたりと、結構使い勝手の良さそうな工夫がたくさん。なによりデザインが良くて、特にオレンジ好きのわたしを狙い撃ちというようなカラーリングはとても素敵。

基本的に電車、歩きでのお出掛けに使う感じですが、ちょっとした自転車での移動にも十分使えそうな感じ。これからガシガシ使えそうで、すごくうれしいプレゼントでした。

1  2  3  4  5  6