June 28, 2009

ねじまき鳥クロニクル / 村上春樹

先々週の週末は仕事だったし、先週は妹の結婚式だったし、結構身体が疲れていたのか、昨日はぐっすり昼寝してしまいました。今日は出掛けるかなと思ってたら、大雨でしたね。おかげでゆっくり出来ましたが、2日間で一回も外に出てませんよ。

ハゲタカ読み終わってから、また村上春樹に戻ってねじまき鳥クロニクルを読んでました。この長編は読んでなかったんですよね。

全3部でかなりのボリュームですが、読み始めると先へ先へと読み進めてしまいます。ストーリーの難解さは相変わらずで、読み終わっても謎だらけって感じですが、面白い話でした。特に第1部と第2部までが面白い。個人的には1Q84より好きかな。

June 15, 2009

ハゲタカ / 真山仁

最近は仕事ばっかしてて、あんまり面白い事も無いんですけど、会社の先輩に勧められて読んでた本が面白かったので、ご紹介。NHKでドラマ化され、今映画も上映中のハゲタカです。

投資ファンドによる企業買収の話なんですが、これがほんと面白い。わたし、あんまり経済とか金融とか強くないのですが、ストーリーを追いかけてるとちゃんと理解できます。いくつかの買収劇が出てくるのですが、どれもスリリングで面白いですよ。

その先輩曰く、小説よりドラマの方が数倍面白いらしい。こりゃ、DVD借りてきて見るかな。

June 8, 2009

1Q84読了

予想外に時間が掛かりましたが、1Q84 (1)1Q84 (2)を読み終わりました。春樹好きなら、まず間違いないって感じの作品ですね。Book1の半分くらいまでが結構すらすらと読み進まないと言うか、ちょろっと読んでは置き読んでは置きというペースだったのですが、Book2に入るあたりから俄然面白くなってきて、最後は一気に読んじゃいました。

しかしこの本、今のところ2までになってますが、続編出そうな気がする。結構書評とか読んでても、そういう印象持ってる人が多いようですね。もうちょっと先まで読んでみたい気がするのですよ。

May 28, 2009

1Q84 / 村上春樹

1Q84(1)明日発売の村上春樹の新作、1Q84 (1)1Q84 (2)が、今日の帰りに本屋に並んでたので買ってきました。最近春樹ブームなので、こりゃ買っとくしか無いねと。

ストーリーとか事前に全く情報がないというのも話題になってましたね。まだ読み始めたとこですが、この本のページの紙、すごく手触りがいいんですよ。ストーリーと全然関係ないけど。

May 25, 2009

陰陽師 / 夢枕獏

村上春樹を読みつつも、図書館で夢枕獏の陰陽師シリーズなんてのも借りてきてたので、ちょっとこっちをつまみ読みしてましたよ。鳳凰ノ巻龍笛ノ巻の二冊です。それまでのは、文庫で買ってたので読んでたんですが、それ以降は出てるのに気付いてなかったよ。

このシリーズは、気楽に読める短編で、話の内容もファンタジーとして面白いのがいいですよね。ちゃらっと読める話なんですが、読み始めると終わるまで読み切っちゃうのでいかんですね。結局最後まで読んでしまって、短編の意味ない。とにかく面白いから、いいや。こういう娯楽作品って、面白いのがいいよね。

May 20, 2009

Rubber Soul / The Beatles

で、ノルウェイの森を読み始めた時にビートルズ好きの友達に頼んで、ノルウェーの森の入ってるアルバムを貸してもらう事にしたのですが、読了した次の日の今日、持ってきてくれましたよ。あと一日早ければ。

アルバム、Rubber Soulですが、この曲がノルウェーの森だったのか!と改めて知りました。曲とタイトルが全く繋がってなかった。小説中ではこのアルバムのミッシェルなんかも出てきますね。

ビートルズって、そうとは知らなくても、知っている曲が多いので面白いですね。このアルバム聴きながら、もう一回読んでみるのもいいかも。

アフターダーク / 村上春樹

ノルウェイの森、読了しました。ラストが記憶と違っていて、あれ、なんかこんな風な終わり方だっけと思いましたが、なかなか面白かった。ちょっと最近気分が重いので、この本のせいで更にそっちに振られたような気もするのですけれども。

すっかり村上春樹モードになっているので、次はアフターダークを読んでます。海辺のカフカは読んでいたのですが、その次のこの作品は随分これまでとは雰囲気の異なる物語になっているのですね。まだ途中ですが、彼の作品じゃないような気さえします。ただ引き込まれて読み進めちゃうのはやはり、文章力ですね。

彼の長編を最初の作品から読もうかなという気分になってますよ。その後、短編を。やっぱりハマると、次も次もとなっちゃう作家ですね、彼は。

May 14, 2009

ノルウェイの森 / 村上春樹

本当だったら、今日からアメリカに海外出張の予定だったんですが、例のインフルエンザのせいでキャンセルになりましたよ。結構楽しみにしてた仕事だけに、かなりの精神的ダメージも。

だからという訳ではないのですが、今読んでいるのが村上春樹。映画化されるノルウェイの森です。この本、確かに持ってたはずなんだけど、本棚を探しても見つからなくて、買い直しましたよ。

ハルキストと言う程ではないまでも、村上春樹の小説は好きなんですが、その中でもこの作品は面白いですね。なぜかいつも、彼の小説の主人公には感情移入しちゃうのです。全然自分とはタイプが違うんですけどね。

May 6, 2009

名探偵の掟 / 東野圭吾

こないだ告白と一緒に買ってきた本です。東野圭吾の名探偵の掟。今ドラマでやってて、これが結構面白いので読んでみる事にしましたよ。

東野圭吾の小説をドラマで見てから読むのは、ガリレオシリーズに続いてなんですが、実はあんまりわたし、彼の文体って好みじゃないのか他の小説はダメだったんですよね。例えば手紙も途中で挫折しましたし。でも、この本は面白かった。ガリレオシリーズとは随分雰囲気も違いますが、結構先へ先へと読み進んじゃいました。

で、そのまま勢いづいて、今は続編の名探偵の呪縛を読んでます。こっちもなかなか面白いですよ。

May 1, 2009

告白 / 湊かなえ

2009年の本屋大賞の告白、今日買ってきて、さっき読了しました。

奥さんが、「この本、後味悪いらしいよ。でも面白いって」と言ってて読もうと思ったのですが、ほんとに後味の悪いことといったら、ないです。救いがないというか、読み終わって1時間くらい経ちますが、まだ気分が重い。奥さんとこの本の話をしてたのは、バリに行く直前の空港で、下手するとこれを持ってリゾートに行くことになってたかもしれないんですが、止めといてよかった。

しかし、今日の仕事帰りに買ってから、一気に読み切ってしまったくらい、話としては引き込まれます。すごい小説だと思いますが、なんというか、オススメすべきなのかかどうか。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7