January 21, 2013

鹿児島温泉の旅 / 妙見と霧島

もう先週の話なんですが、三連休を利用して温泉に行ってきました。鹿児島の妙見温泉と霧島温泉に一泊ずつです。チビさん温泉デビュー。

だいたい温泉に行く時はなんにもしないで旅館でゴロゴロするのがポリシーなんですが、今回は一歳児連れという事もあって更になんにも予定なしの旅です。飛行機も遅めの出発、早めの帰着というブッキング。

一泊目の妙見温泉は石原荘に泊まりました。携帯が本当にずっと圏外になってるような場所ですが、建物は結構モダンで綺麗。部屋は小さいところしか予約できなかったのですが、それでも十分な広さ。ゆったりとした和室に、小さな洋間というか椅子とテーブルが置かれたスペースがあって、子供が寝た後もゆっくり本とか読めちゃう感じです。

温泉はどれも源泉の上に作られているという事で、宿泊棟から少し歩いたところにあります。割とさらっとした泉質。露天風呂も含めていくつかあるので、食事前、食事後、朝起きてからと何度も入っても色々気分が変わってよいです。夜と朝でも全然印象が違いますしね。

食事も、地元の食材や料理法を使ってあって、どれも美味しい。個室を用意してくれたので、子供連れにはとてもうれしい。子供あしらいの上手な人が付いてくれたので、親も(比較的)ゆっくり食事を楽しめました。

二泊目は霧島温泉に移動です。今度は霧島ホテル。老舗だそうですが、なんとも昭和な感じの温泉旅館という感じです。久しぶりにこういうタイプの所に泊まりましたが、なかなか楽しい。建物は古いですが、手入れが行き届いているのと、スタッフの対応が気持ちいいので、リラックスできましたよ。

二日目は朝からずっと雨だったので、石原荘をレイトチェックアウトしたらそのままタクシーで霧島ホテルに移動でした。途中ランチに立ち寄ったわきもとはなかなか美味かった。

霧島ホテルは、めちゃくちゃ広い大浴場が売りなんですが、これがまたほんとにデカい。水深1.4mもある場所もあるので、子供ばかりかいい歳した大人も泳いでましたよ。いろんなタイプの泉質とお風呂を一ヶ所で楽しめるので、これもまた楽しい。残念なことに、チビさんの寝かしつけで一緒に陥落してしまったために、寝る前にもう一度入れなかったのですが、朝食後にもう一回入って取り返しておきました。
料理は、まあ普通でしたね。

帰りの便は11:00前に鹿児島空港を飛ぶ便だったので、三日目の朝はバスに乗って空港まで。二日目と打って変わって快晴でした。鹿児島は。あの成人の日、東京は大雪だったので、羽田に近付いても空港閉鎖でしばらく空中で旋回して待機、なんとか降りられましたが、その後すぐ全便欠航という状況でした。空港内はてんやわんやになってましたよ。偶然同じくらいの時間に羽田に着く予定だった義弟くんと落ち合って一緒に帰ることにしていたのですが、彼の便は滑走路で一時間足止めを食らったらしく、着陸してからも全然降りてこなくて大変でした。その後、タクシーで帰りましたが、いたるところで動けなくなっているクルマがあるわ、道はどこも渋滞だわで、いつもの2-3倍かかりました。それでもいい運転手さんにあたったので、これでも早いくらいでしたね。前回の沖縄での台風といい、最近わたしがどっか行くとなんか起こります。貴重な体験ですけどね。こういうのも含めて、旅は楽しい。

やっぱ旅はいいなあ。子連れでも、国内だったら割となんとかなるもんだと分かってきたので、近々また行きたいですね。

October 15, 2012

宮古島・那覇の旅、旅行記四日目 (10/15)

今日は宮古島を出発して伊良部島へ移動の予定です。伊良部島では島一周のサイクリングと下地島空港の飛行機訓練を見るのが楽しみなんですが、この台風でそもそも伊良部に行けるかどうかが微妙です。朝に確認するととりあえず高速船は出ていましたが、いつ運休するか分からない状況でした。

DSC09331.JPG三日間お世話になったここみ家をチェックアウトして、懲りずにまたすむばりに行ってみましたがやっぱりまた準備中でしたよ。船は14時台のに乗ることにしたので、まずは砂山ビーチに寄ってみることにしました。駐車場からまさに砂山を越えて、目の前に広がるのは真っ青な海!のはずでしたが強風で白波が立つ海と時折晴れ間の広がる空が。これ、普段は綺麗なんだろうなあ。

DSC09368.JPG DSC09370.JPG船が出るまで時間にゆとりがあったので、お昼ご飯はちょっと車を走らせて小さな定食屋さんに行く事にしました。六三四野というお店ですが、行ってみたらほんとに地元の人、しかもガテン系のおじさん達が集うようなお店でした。途中近所の子連れの家族がやって来ましたが、それまでは赤ん坊連れの観光客のわたし達が異彩を放つ感じ。わたし達の次のお客さん達で、炊いてた米が無くなったとかでほぼ店じまい状態になってました。その子連れ客はご飯が無いから食べずに帰ったくらいで。今回の旅行ではとかく定食屋によく行きましたが、こういう地元の人が来る店はやっぱり美味い。ここもボリュームたくさん、値段は安くて美味い、いい店でした。

DSC09402.JPGいよいよ船に乗って伊良部島へ。高速船は二社が運行していて、まあ時間の合う方に乗ればいいかと思っていたのです。もちろん普段はそれでOKなんですが、ちょうどこの日、一社の方の大きい高速船がドック入りしていて小さめの船で運行していたのですよ。わたし達が乗ったのはこの小さい方。しかも波が高くて荒れてる海を渡るこんな日に。わずか15分の船旅ですが、それはそれは激しく揺れました。上下左右はもちろんローリングしてひねりまで加わる始末です。普段から利用している地元の人達までキャーキャー騒ぐくらいで、船内の叫び声と揺れにびっくりしたチビさんも泣き喚いて抱っこしてくれとしがみついてくるのですが乗り物に弱いわたしも船酔いで気持ち悪くなってるし、船内に波しぶきがザバザバ入ってきてわたしらの荷物は水浸しになるし、ほんと散々でした。いつもより船が小さかったという話は、降りてから聞いたのですが、あらかじめ知っていたらもうひとつの船会社で移動したものを。

DSC09463.JPG DSC09480.JPG伊良部島での宿は、いなうの郷でした。ここのおかみさんがすごくよくしてくださって、この天候だと自転車で観光もできないでしょうと、この日の夕方に車で島を案内してくれました。残念ながら下地島空港のパイロット訓練はやってなかったのですが、下地島の通り池と渡口の浜に連れていってもらいました。どっちも綺麗だったな。風は強かったものの雨とかは降ってなかったのも助かりました。これに連れていってもらってなかったら、伊良部島は宿に缶詰めで終わるところでした。

晩ご飯はいなうの郷の一階の食堂で。店の人達が天気予報を見て、これは翌日午後以降は船が欠航して数日間島に足止めになるかもしれないと言うので、プランを立て直すことにしました。当初は伊良部に二泊の予定だったんですけどね。部屋に戻ってから、宿や足の手配やらなんやらでiPhoneとiPadが大活躍です。ほんと便利な時代になったもんだ。

October 14, 2012

宮古島・那覇の旅、旅行記三日目 (10/14)

台風は相変わらず沖縄近辺をうろうろしています。時速7kmとか天気予報でいってましたが、わたしのジョギングより遅い。プランでは昨日今日とチビさんを海に連れていって水遊びをする事になっていたのですが、本気で波が高いので海なんてとてもとても。仕方がないので、今日もドライブです。あとの楽しみといえば食事。

朝ご飯を宿で食べてから車で出発して、まずは近くにあるすむばりというお店に。島タコをつかった宮古そばが評判なのです。ここ、サイトにも店の玄関にも10:00オープンと書いてあるのですが、日曜だからか台風だからかオフシーズンだからか開店11:00と店員さんに言われました。何故だ。ちなみに翌日も10:00過ぎに行ってみたら11:00オープンといわれたので、結局食べ損ねました。

DSC09166.JPG翌日から高速船に乗って伊良部島に渡る予定だったので、まずは平良港で船の時間やらチケット売り場やらをチェック。波は高いものの、普通に船は出ている様子。港には海上保安庁の船も停泊していて、なぜか盛り上がるわたし。

DSC09180.JPGその後は早速昼ご飯の目当ての店に。んまや~というお店です。宮古そばと定食のお店ですが、三枚肉と軟骨肉がトロトロになるまで調理されていて本当に美味い。ハシで切れるなんて当たり前で口に入れると溶けるくらい柔らかいですよ。この店はイチ押しです。ボリュームも十分で、お腹いっぱい。

DSC09197.JPGこの後、ダメ元でインギャーマリンガーデンに。ここは海というより湾のようになっているところで、台風の時でも波が静かなところなんです。行ってみるとラッキーなことに外海の荒れっぷりに比べてほとんど全く波がなく、チビさんが水遊びしても大丈夫な感じです。早速着替えさせて波打ち際で遊ばせました。チビさんにとっては初めての海。もっと怖がるかと思ってましたが、大喜びで自らズンズンと沖へ進んでいくほど。怖い物知らずというか好奇心旺盛というか。親としては、宮古島で海に入れてあげられて良かった。

DSC09248.JPGとは言え、風が強くてそれほど長い時間は水遊びもできず。車で近くのカフェに行きます。新香茶。周りをサトウキビ畑に囲まれた、のんびりしたカフェです。マンゴーのスイーツが美味いですよ。チビさんが昼寝しちゃったせいもあって、結構長居しちゃった。

DSC09294.JPGその後、晩ご飯に決めていた金吾という定食屋さんに。ここでは魚料理の定食が美味いらしいので、魚の唐揚げを餡かけにした定食を食べてきました。ここもすごいボリューム。コストパフォーマンスがすごい。味もかなりのものです。地元の家族連れとか結構来ていたので、地元に根付いた美味い店ですね。

宿に戻ってから、すやすやと眠る奥さんとチビさんの寝息を聞きながら、空港で買った雑誌を読みながらビールを飲んで就寝。毎日がこうだといいのにな。

October 13, 2012

宮古島・那覇の旅、旅行記二日目 (10/13)

宮古島二日目。この日からが実稼働日です。ともかくも車が無いとなんともならないので、手配していたレンタカーを受け取りに。ホテルまで迎えに来てもらっての受け取りです。ここみ家は市内ではないので、迎えに来てくれるとこは意外と多くない模様ですよ。

相変わらず台風は接近中で、かつ動きが遅いので、雨はさておきずっと強風が吹いている状態です。車が流されるくらい。でももちろん海にははいれないし、ドライブくらいしかやることがないので、島一周してみました。橋で繋がっている島にもいってみたり。それでも実際のところ2時間強しかかからないんですけどね、宮古島。


DSC08936.JPG まずは最初に行った保良ビーチの様子。強風で白波が立ってます。この後、新城ビーチとか寄ってみましたがどこも同じ感じ。東平安名岬にも行ってみようと思いましたが、岬に行く途中の道で挫折するくらいの風。

DSC09038.JPG昼ご飯はそのまま北上して、橋で繋がっている池間島の「なかじゃ」というお店に。ここ、漁協に併設していて地元のおばさん達がやってるお店なんですけど、安くて美味くて量が多くて感じがいい。この時のお客さんは漁港で働いている人達ばっかりって感じでしたが、居心地良かったですよ。


DSC09056.JPG宮古島と池間島を結ぶ橋のふもとから。これ、天気が良ければすごくいい写真になったような気がします。橋から見る海は荒れていても綺麗でしたが、穏やかだったらもっと良かったでしょうね。砂浜にはヤドカリがたくさんいて、チビさんがキャーキャーいって喜んでるようでビビってました。

DSC09092.JPG池間大橋にほど近い、雪塩のお店で食べたソフトクリーム。最近流行の塩系スイーツですが、結構美味かった。この後沖縄にいる間に、嫌というほど雪塩という名を目にしますが、ここに来るまで知らなかったのが実際のところ。

DSC09108.JPGそのまま勢いに任せて今度は島の南側の来間島にある「楽園の果実」というカフェにマンゴーパフェなぞ食べに。大体島の端から端まで、30-60分のイメージですね。

DSC09114.JPG DSC09120.JPG

夜ご飯は市内の島おでんが美味しいという店、「たから」にて。今回の旅行で唯一の居酒屋系のお店でしたが、ここの料理はどれも美味かった。特におでんはなんとも優しい味で、美味しい。烏賊墨系の料理も美味かったですよ。どれもオリオンビールと合うんだ、これが。座敷はすだれで仕切られていて、子供連れにも安心。なにより美味いし。

この後、宿に戻って、買ってきたビールを飲みながらのんびりして就寝。やっぱり旅はいいねえ。

October 12, 2012

宮古島・那覇の旅、旅行記一日目 (10/12)

kokomiya_first_day.JPG10月半ば、12日から20日まで宮古島と沖縄本島に旅行に行ってきました。遅い夏休みです。さすがに10月になれば台風も来なかろうと思っての旅程だったのですが、まさかの台風21号に翻弄された旅でもありました。チビさんとは9月に箱根に一泊二日の旅行に行っていますが、今回が初めての長期間長距離の旅です。

今回の旅程は、チビさんの事を考えてゆったりしたスケジュール。初日は宮古島への移動だけです。これまでの奥さんとの二人旅なら、もうちょっと早く宮古に着く便にして一日目から遊ぶスケジュールにしていたと思いますが、あんまり無理はしない方がいいかと考えてのスケジュール。結果的には大正解でした。結構昼寝や食事など、普段のリズム通りにしてやれないので、あまりタイトなスケジュールを組んでるときっと体調を崩してたと思います。

もう旅行初日から台風21号が沖縄近辺に停滞していたので、雨なんかも降っているのかと思いましたが、島に着いてみると風は強く曇っているものの、雨はにわか雨程度で余り気にならない感じ。むしろ17号で受けた被害のせいで電柱が折れてたり、街路樹が折れてたり、潮のせいで葉の色が茶色になってたりと、色々大変そうです。

宮古島での宿はここみ家でした。2室しかない小さな宿ですが、心遣いの行き届いたいい宿です。部屋も広くて清潔でキレイ。ご夫婦二人で経営されているのですが、小さな子供さんを二人育てながらなだけに、子連れ客のニーズをよく分かってくれています。ウチのチビさんも快適に過ごせました。周りはサトウキビ畑がぐるりと取り囲んでいて、その向こうに海が見えるのですが、眺めも良く、部屋の居住性の良さも加わって、初日からすごくのんびりとできました。風は強かったけど。

いよいよ、初めての子連れの旅行の始まりです。なかなかいい感じでスタートしましたよ。

October 10, 2012

こわっか

kowakka.jpgこわっかを買いました。子供用の大人の腰やカバンにつけるつり革です。最近、ウチのチビさんも電車に乗るとつり革を握りたがるようになったのですが、これだったら機嫌よくつかまって歩いてくれるかなという淡い期待も抱きつつ。あと今週末からの旅行で早速実戦投入できそうな感じだったので。

ご家庭用にも関わらず素敵な箱にキレイなしおりがついてきます。ヌメ皮と無垢材の素材は、まだまだ新しすぎて気恥ずかしいですが、だんだん使っているうちにいい色になりそう。この商品が成長する頃には、もうチビさんも随分大きくなってるんだろうなって、今日奥さんと話したりしてたんですよ。

October 2, 2012

バンナイズのロングストラップ

long_strap.jpgNEX-3に付けていたストラップは、バンナイズのハンドストラップで、これはこれで結構気に入ってました。ごちゃごちゃしないですっきりしてるし、カメラだけ考えると取り回しもいいし。

でも、実際に子供が動き回るようになってくると、ハンドストラップではNEXのサイズでも手に余るケースが出てきます。というかとっさの動きに対応できなくてカメラは落とすは子供はコケるわで、どっちつかずな上に全滅的な。そこで長いストラップを買おうと思ってたら、またもやいいタイミングでバンナイズが渋谷に来てました。 Webで見てる分には40mm幅のがいいなと思ってたのですが、実際に見てみるとゴツすぎて躊躇します。今回は首から吊るすタイプじゃなくて脇掛けのできるロングタイプが欲しかったので、なおさらです。40mmの標準はかなりいかつい。という訳で選んだのは25mm幅のネイビー/ライトブルーのロングタイプです。

今回首掛けタイプじゃなく脇掛けタイプを選んだのは、子供相手にとっさにカメラから手を放した時にカメラがぶらぶらして子供に当たったりしないこと、持ち運びの時に邪魔にならずあまりカメラカメラして見えないようにしたいからでした。ストラップ幅、色、素材(例によって帆布です)と脇掛けにした時のNEXの雰囲気が意外とキレイで、これはいいセレクトと自画自賛ですよ。

週末に公園に連れて行った時に早速使ってみましたが、撮りたい時に構えるのにもすっと使えていい感じ。使い勝手が今さらながら上がったって感じですよ。

September 27, 2012

初めての旅@箱根

先週末、チビさんを連れての初めての旅行に行ってきました。目的地は箱根。ロマンスカーに乗って行ってきましたよ。

日曜日は大雨だったので、さっさと宿に入ってのんびりしていました。箱根湯本から箱根登山鉄道に乗って、スイッチバックに盛り上がったりしながら強羅へ。子供が出来る前は、温泉にも一年に二度三度は行ってましたが、随分久しぶりの温泉です。チビさん、もっと騒ぐかなと思ってたのですが、予想以上に大人しくてこれなら色んなところに旅行に行けそうな感じ。

openair_musium.jpg月曜日は日曜日とうってかわってのいい天気。彫刻の森美術館に行ってきましたよ。子供が遊び回れる施設もあり、広い庭に点在する施設は大人にも楽しくもあり、想像以上に楽しめる施設でした。一歳児には、大きなお兄さんお姉さんと一緒の遊技施設は、ちょっとタフなケースもありましたが、それはそれ、そんな中でも楽しんでキャーキャー走り回ってましたよ。

乳児を連れての初めての旅行、箱根あたりはちょうどいい距離と環境だったですね。今回の旅行で、チビさんと一緒に旅行に行くのに自信がつきましたよ。来月に予定されている離島の旅も、さらに楽しみになってきました。

August 27, 2012

夏のこどもの遊び場を探す

こう真夏日だの猛暑日だのが続くと、公園で子供を遊ばせるとか、実際無理です。大人でも、日なたにいるのは危険な感じがして、まして幼児とか無理無理。で、クーラーの効いた室内の施設でどこかいいとこないかなと探す訳ですね。

東京おもちゃ美術館はこないだ書きましたが、それ以降にいってみた施設がキンダーベースこどもの城です。いずれも室内施設です。

キンダーベースは、子供向けの遊具を設置したパブリックスペース的なところです。それほど広いスペースではないのですが、ボールプールやエアスライダーを始め、結構遊具は充実していてチビさんもうれしい。特にエアスライダーはキャーキャーと喜ぶのですが、これスペースの加減でかなりの急斜面、つまり設置面積が狭い分だけ角度がついていて、連れて上がる親は冷や冷やです。滑ると一瞬で落下するくらいで、カメラもミラーレス一眼の連続撮影モードですら、ブレて撮れないくらいの速さがでますよ。ヤバい程子供は喜ぶので、落っことさないように注意しながらパパママは滑り降りるのです。時にヒジとか擦れてやけどしながら。

こどもの城は、いわゆる老舗のキッズスペースで、これまであるのは知ってたけど行った事ない的な代表施設だったのですが、今回初めての訪問。国立だからか、歴史がそうさせるのか、非常に施設やプログラムが充実していて、チビさん大喜びです。小学生の高学年くらいまでは十分楽しめる施設とイベントが用意されていますが、 夏休み期間中は幼児にも優しい。3歳未満の子供しか入れないエリアが用意されていて、大人も安心。
あと特にウチのチビさんにヒットしたのが音楽のプログラムで、施設お付きのミュージシャンの方々が子供と一緒に楽しめる曲を生で演奏してくれます。音楽大好きなウチのチビさんは大熱狂で踊ってました。スタッフの人がくすくす笑うくらいに。

こどもの城は、実は既にリピートしたくらいに気に入った施設だったりします。なかなか真夏に子供を遊ばせるのも大変。あと行ってないところといえばアソボ~ノ!くらいか。もう少し大きくなってくると、色々選択肢も増えてくるんですけどね。キッザニアとか。

July 22, 2012

こども写真館でライブな感じで写真を撮る

studio2012.jpg今日は芦花公園にある写真館で、子供の写真を撮ってきました。最近の流行なんでしょうか、2時間スタジオを借り切って、自由に遊ばせながら自由に写真を撮ってもらうというタイプの写真館です。住宅街の一軒家が、そのスタジオでしたよ。元は明らかに個人宅の。

チビさんの写真といえば、昨年のお宮参りの時にスタジオアリスで撮ってもらったのですが、あれとは全く異なる感じです。イメージとしてはスタジオアリスが決まった型の写真を撮ってもらうタイプ、今回のはカメラマン密着で自由に写真を撮られていて、後で 「いつの間に!?」と驚くような、そんな感じ。

まずはどういった写真を撮りたいかというインタビューと、持っていった服を見ながらのカウンセリング。その後、撮影です。壁や床に照明が仕込んであって、よくあるストロボやライトとは違う感じの光の当て方の中、子供あしらいの上手い割にはやたら「可愛いね!」を連発する、イメージ通りのポートレートカメラマンがぱしゃぱしゃと撮っていってくれます。子供だけだったり、親も一緒にはいったり。

70分近く撮影した後、30分ほど待ったらカメラマンの選んだ70枚あまりの写真をDVDに入れてくれます。大体300枚撮って70枚だそうな。でき上がった写真を見てると、さすがプロとうなる写真ばかりで、結構満足度の高いお買い物です。データもすぐに貰えるし。最近だとむしろ、まずデータを貰って、それを焼くとかデジタルで見るとかは客の裁量にしてもらったほうがうれしい。その意味でも、よく客のニーズが判ってるなと思いますね。

なんかチビさんもすごく楽しそうだったし、親も満足した一日でした。次は2歳の誕生日の記念に使いたいですね。