September 15, 2012

走る

8月末の話。twitterのTLに東京マラソンのエントリー締め切りが31日17:00までというリツイートが流れてきて、まあ夜中にビール飲んでていい気分だったので申し込んでみた訳ですよ。当選したら本気出す、みたいな感じで。

人気の東京マラソンですから、当選するのも難しいくらい(後日、競争率10倍強というメールが来てました)でしょうねと思いつつも、もし当選しちゃったら完走したいじゃないですか。制限時間ギリギリでもいいから、そこは逃げちゃダメだろと。

で、9月に入ってからジョギングを始めました。生まれてこのかた40年余り、ジョギングを習慣にしたことはないのですが、今のところ雨とか用事でかなり遅いとかの理由がない限りは続いてます。近所の公園の周回コース込みで5km。時間は気にしない。

やっぱりランニングはタフだ。正直なんで最近こんなにランニングがブームなのか、さっぱり理解できませんが、いきなりハードルの高い目標を掲げてる以上、とにもかくにも続けるのです。ついでに痩せて身体が締まるとうれしいのです。東京マラソン、当選してたらいいなあ。発表は9月26日だそうですよ。

続きを読む "走る"

July 22, 2012

こども写真館でライブな感じで写真を撮る

studio2012.jpg今日は芦花公園にある写真館で、子供の写真を撮ってきました。最近の流行なんでしょうか、2時間スタジオを借り切って、自由に遊ばせながら自由に写真を撮ってもらうというタイプの写真館です。住宅街の一軒家が、そのスタジオでしたよ。元は明らかに個人宅の。

チビさんの写真といえば、昨年のお宮参りの時にスタジオアリスで撮ってもらったのですが、あれとは全く異なる感じです。イメージとしてはスタジオアリスが決まった型の写真を撮ってもらうタイプ、今回のはカメラマン密着で自由に写真を撮られていて、後で 「いつの間に!?」と驚くような、そんな感じ。

まずはどういった写真を撮りたいかというインタビューと、持っていった服を見ながらのカウンセリング。その後、撮影です。壁や床に照明が仕込んであって、よくあるストロボやライトとは違う感じの光の当て方の中、子供あしらいの上手い割にはやたら「可愛いね!」を連発する、イメージ通りのポートレートカメラマンがぱしゃぱしゃと撮っていってくれます。子供だけだったり、親も一緒にはいったり。

70分近く撮影した後、30分ほど待ったらカメラマンの選んだ70枚あまりの写真をDVDに入れてくれます。大体300枚撮って70枚だそうな。でき上がった写真を見てると、さすがプロとうなる写真ばかりで、結構満足度の高いお買い物です。データもすぐに貰えるし。最近だとむしろ、まずデータを貰って、それを焼くとかデジタルで見るとかは客の裁量にしてもらったほうがうれしい。その意味でも、よく客のニーズが判ってるなと思いますね。

なんかチビさんもすごく楽しそうだったし、親も満足した一日でした。次は2歳の誕生日の記念に使いたいですね。

April 9, 2012

2012年のお花見

cherry_2012.jpg去年のが咲いていた時には、まだチビさんは産まれてなかったので、今年の桜が彼にとって初めての桜なのですね。

有名どころの桜の名所は、人も多いし、桜に近付くのも大変だったりするので、近くの桜の見どころを巡る散歩をしてきましたよ。まだチビさんは桜のなんたるかも判ってはいないのですが、家族で外に出掛けるのは楽しそう。

来年は、歩き回ってるでしょうから、今年見つけたゆっくりできる公園で見よう。ちょうど桜が、彼の誕生日の少し前にやってくるんですよね。

March 6, 2012

週末に散歩すること、12回目の結婚記念日

park.jpg最近の週末は、天気が良ければチビさんを連れて散歩に出掛けています。わたしや奥さんが図書館に用事があれば連れて行ったり、買い物に付き合わせたり、公園でベビーブランコに乗せてみたり。普段は朝と寝る前にしか触れあう時間がないので、休日はベタベタして過ごしているのですよ。

この土曜日には近所の大きめの公園で、芝生の上に下ろしてやりました。これまではベビーカーに乗せたままか、親が抱いたままでいたのですが、最近活発に動き回るようになったので、土や芝を体験っさせようと思って。もっと這い回って、あっちこっちに行くかと思ってましたが、芝生をちぎってはポイ、ちぎってはポイというのが楽しかった様子。ムキャムキャ言いながらひとしきり遊んで、最後は芝生にダイブ。楽しそうでなにより。

pizza.jpg日曜日、4日はわたし達夫婦の結婚記念日でした。1年ぶり12回目。普段は意識していませんが、結婚してからもう随分経つんだなあ。今年は初めて、三人で祝う記念日でした。ピザが美味いと評判のイタリアンでランチを。子供が大人しく座っていられるようになるまではディナーは難しいですからね。評判に違わず、美味しいピザでした。生地は薄いのにモチモチです。写真は、オリジナルのカルボナーラのピザ。卵を潰して、生地につけて食べるのも美味い。

これからも一緒に年を重ねていくのが楽しみです。更に楽しみが追加にもなりました。家族で仲良く過ごせますように。

February 29, 2012

閏日と雪

snow.jpg四年に一度の閏日なので、なんか書いとかないとという感じ。

そんな珍しい日に大雪の天気予報が出ていて、そうはいってもペカッと晴れた昨日の天気を見てると降りそうもないなと思ってたんですよ。寝る前、2時くらいに外を見てみると、どんよりした曇りではあったものの、気配はないしと言う感じで。

それが今朝起きてみると結構積もっていて、しかもまだまだ積もるよ的な降りざま。庭も真っ白になってました。

雪が降ってると、仕事に行くのがおっくうになって、ちょっとのんびりしてから出掛けたのですが、いざ歩き出してみると新雪に足跡が付くのが楽しくて、わざと踏み固められていないところを選んで歩いていると、駅につく頃には靴と裾がズクズクになってました。我ながら阿呆だな。

明日は今日より+10℃の最高気温15℃の予報らしいですね。明日は道路が水浸しになってそうです。むしろその方が、おっくうだなあ。

January 5, 2012

2012年ほぼ本格始動

今日から仕事始めで、いよいよ2012年も本格的に始まったという感じですね。

今年の正月は、何年か振りに帰省していて、双方の実家にベビを連れて行ってきました。祖父母は、それはそれは嬉しそうで、これはいい親孝行です。親はあくまで御付きで、お世話係なので、あんまり普段と変わりはしませんが、皆寄ってたかってきゃーきゃーと赤ちゃんの相手をするのを見ているのは楽しいですね。

そう言えばベビを連れて初詣に行ったんですが、おみくじを引かせたら大吉でしたよ。わたしと奥さんは末吉。わたしの場合、東京に戻ってから近所の神社で引いてみたら凶でしたよ。凶のおみくじなんて久しぶりに見たし。

わたしは会社が始まるので帰ってきましたが、奥さんとベビはそのまま里帰り継続中です。しばらくは寂しい毎日。

今年はどんな一年になるのかな。楽しみは、これからですよ。

December 31, 2011

2011

2011年も残すところ8時間余りになりました。

今年はなんと言うか、激動の、歴史の転換点の一年でしたね。日本も世界も。

それでも時間は進んでいくし、明日には2012年がやってくる訳です。毎日毎日を生きていかなきゃならないのなら、せめて楽しく、笑って過ごしていきたいものです。

私事では、4月に長男が産まれて、あっという間に時間が過ぎていきました。子供と居ると、時間がキラキラするんですね。知らなかったですよ。

2012年は、世界中がキラキラに包まれますように。それでは皆さん、よいお年を。

December 14, 2011

年賀状を印刷して、プリンタの非力さを知る

例年、クリスマスが過ぎてから慌てて印刷していた年賀状ですが、今年はなんともう印刷済みですよ。これまでテキストとイラストだけの年賀状でしたが、子供が出来た今年は写真入りにしました。ええ、子供の写真入りの。

今使っているプリンタは、2008年にMacBookを買った時にキャッシュバックキャンペーンを使って買ったHPのC4480なのですが、エントリモデルというか実際安いプリンタだからか、特に写真の印刷のクオリティが低いのが気にかかる。これまで写真を印刷したことなかったので、気付かなかったのですけれど。

結構ドットが粗いので、いかにも家のプリンタで印刷しました的な雰囲気が漂うのが嫌な感じ。年賀はがきを写真用光沢紙にすればいいのかとも思いましたが、どう考えてもプリンタの性能ですね、こりゃ。来年にはプリンタ、買い替えようかな。写真を、結構外で現像というか印刷している事を考えると、買い替える値打ちは十分ありますからね。

December 11, 2011

皆既月食

今日は皆既月食でしたね。普段、特に寒い時期の天文関係にはチャレンジしないのですが、今回は皆既食と言うのと、時間がわたしの活動帯とあっていたので、見てみましたよ。奥さんと、自宅の庭から。

欠け始めのあたりは、時々チェックするだけでしたが、皆既食の時間になると外に出て最大食になるまで、25分程観察。満月だった月が、ぼんやりした薄赤い月になっているのは不思議な光景です。食が進むにつれて月は暗くなるはずなのに目が慣れてきて、月も周りの星も明るく見えてくるのはご愛嬌ですね。

カメラは手持ちのせいで、惨敗。むしろiPhoneの方が上手く撮れました。画像は、ちょうど皆既食になったあたりですよ。やっぱり三脚いるね。

lunar_eclipse.jpg
http://instagr.am/p/YVBat/

August 1, 2011

東京をベビーカーを押して移動する

二週間ほど前、ベビーカーに赤ん坊を載せてレストランに行ったのですが、その時の話。

最近の東京の駅は、大体がエレベーターが設置されていて、ベビーカーとか車イスとかお年寄りとか、そのエレベーターを使って上り下り出来るようになってますね。昔に比べるとエレベーターの設置率高くなってるなと、まあこれまでは思ってたんですよ。案内の看板とか見て。実際に使ってみると、意外と不便なところが多いものですね。

例えば、新宿の駅での話。ホームに一基しかないエレベーターに、ベビーカーが行列をなしてました。10台近いのベビーカーが、ぐしゃっと。それ以外にお年寄りのご夫婦とかも。一度に乗れるのは3台が限界だったので、何台もやり過ごさないといけないし。改札から降りてくるリフトもベビーカーでキチキチでしたよ。あれじゃ親が手で持って上がった方が早いという事になるのでしょうが、それじゃ何のためのエレベーターか。

大江戸線に乗ろうと、京王新線の改札から入った時の話。エレベーターの乗り継ぎで大江戸線のホームまで行くのですが、ホームに繋がる2台目のエレベーターは駅の端っこ、トイレのまだ奥の突き当たりにあって、案内に従って歩いていても不安になります。まさか、こんなとこに無いだろうと思ったら、エレベーターあったよ。もちろん、ホームに降りたら、一番端。

改札出てから地上に上がるまでも大変で、いくつもある出口の内、エレベーターがあるのは一ヶ所だけで、しかも自分の目的地の反対側だったりすると、がっくりきますよ。

大人が自分たちだけで移動するのと比べると、ゆとりを持ってざっと3倍近い時間を見越しておいた方が良さそう。まだこちらも慣れていないので、上手く移動出来てないのかもしれませんが、意外と弱者に厳しいぞ、東京。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11