September 26, 2006

iPod nano、実機を触る

今日の東京は午後からひどい雨でしたが、そんな日に秋葉原方面に仕事で出掛けてましたよ。数分歩くだけでスーツからカバンまでびしょ濡れになるような、こんな雨の日に。

仕事自体は早く終わったので、帰りにヨドバシに寄ってきました。やっとiPod nanoの実物を見てきましたよ。ボディの発色も綺麗だし、アルマイトの質感もいいし、それでいてどのモデルもカジュアルな雰囲気もあっていいね。ブラックは確かにスペシャルな雰囲気で背面のロゴもかっこいい。バッテリも24時間保つとは、素敵。

わたし自身はこれまでのiPodのポリカーボネイトとステンレスのコンビが好きだったので、しばらく先代のnanoを使い続けることになりそうです。それより、新iPod shuffleには、興味津々ですよ。もちろんまだ展示もなにもありませんでしたけどね。

September 16, 2006

新iPodシリーズとiTunes

今日からお休みですよ!どこに行く訳でもないのにこんなに待ち遠しかったのはないね。

話題に非常に乗り遅れてる訳ですが、新しいiPodのシリーズと iTunes7、やっとチェックできましたよ。もう既に買ってレポートしてる人もいる中、ざっくり印象を書こうという大胆なわたしさ。

iTunes7は劇的にいインターフェイスが変わりましたね。mailみたいになってますが、わたしは好きですよ、これ。左側のペインはグループ毎にまとまるようになって、いいね。まだ新機能は全然試せていないですが、cover flowが取り込まれたのは楽しげ。これからゆっくり触ってみます。

大きく変わったのは、iPod nanoiPod shuffleですね。nanoに関しては、初代のブラックを使っているせいか、写真で見るデザインもあるのか、以前のminiみたいな新型よりは初代の方が好きかも。でもアップルの製品って、実機を見ると惚れちゃう事が多いから、早く実機を見に行きたいですね。それより、shuffle。これはかっこいいよ。今ジムで前のshuffleをスポーツケースに入れて首から提げて使っているのですが、走っているとバタついたり、筋トレ中に垂れ下がったりしてジャマに感じることもあったのです。もちろんクリップになってるケースを使えば良かったんでしょうけど、新shuffleだと元からクリップ付いてますし、何よりべらぼうに小さいし。これはいいなぁ。ジーンズを履いてる時にもポケットにクリップしておくと格好良さそうだし。

とにもかくにもお店に見に行かねば。休み中にAppleStoreに行ってきましょうかね。

July 7, 2006

iPod nanoを使ってみる

なにかと忙しい毎日ですよ。

会社の始まった火曜日からiPod nanoを使い始めましたよ。2GB分全部音楽ファイルにしてます。写真とかも入れて持って歩いてみたいけど、なかなか曲を削る踏ん切りがつきませんね。音質はまだエージングの途中ですが、少し線が細いような気がしますね。iPod shuffleの方がしっかり音は出ている感じ。わたしは中低音がしっかり出ている方が好きなので、音質の好みとしてはshuffleなのかな。でも、やっぱりnanoのカラー液晶はいいです。液晶で情報を確認できるとこんなに便利とは。

今のiPodは曲に埋め込んだアートワークはもちろん、歌詞も表示できるのですね。これは便利だ。アートワークもついつい見てしまいますよ。曲の長さがわかるのも便利な時が多いし、何よりこの曲なんだっけってのが無くなりますね。

四日間、片道一時間の行き帰りに使って、今日インジケータが赤色になったので充電しています。バッテリもなかなか保つね。軽いし、持っていること自体が楽しいし、nanoはいいですよ、ほんと。

July 4, 2006

iPod nano (孫悟空モデル)到着

今日は会社の創立記念日だったので都合三連休だったのですが、お持ち帰りのお仕事のせいでずっと家にいましたよ。

そんな週末、サントリーのウーロン茶キャンペーンで当たったiPod nanoがやってきました。お店や知り合いの持っているのを何回も見たnanoですが、実際しげしげと手に持ってみると小さいですねぇ。黒というのもあるのかもしれませんが、パッケージといい本体といい、小さいわ。

気になっていたサルのエッチングは、まあそれほど目立たないのでよしとする。付属の黒いケースが思いの外、気に入ってしまって、持ち歩く時にはそれに入れてると思うので問題なし。でも、ポーターのケースもよさげですね。

2GBは実に微妙な容量で、何入れるか迷います。shuffleだったらCD1枚分とか思い切れるのですが、液晶もあるし、ついついいろいろ入れたくなってしまって。またプレイリスト作り直しだな。

June 11, 2006

iPod nano (孫悟空モデル)

初代がSad iPod化して落胆しきりのわたしに、でかい幸運が!!!
サントリーのサントリーウーロン茶キャンペーンでiPodのプレゼントが始まってから苦節三年、ついにiPod nano獲得しました!!!

裏面には、キャラクターのサルがエッチングされてるらしいが、気にしない。ありがとう、サントリー。楽しみに賞品の到着を待つとしますよ。
(・∀・)

June 6, 2006

Sad iPod

バッテリ交換して蘇った初代iPod。バッテリの具合はなかなか良くて、往復二時間余りの通勤で使っているくらいなら一週間は保つようになって、喜んで使ってたのですよ。

それが今日の帰りの電車の中でいきなり止まっちゃって、画面もフリーズしたようになってしまいました。家に帰って復元しようとPowerBookに接続したら、ハードディスクが「ぎゅおーーん」ってな音を立てて再起動を繰り返したあげくびっくりマーク付きのフォルダが表示されたり、泣き顔のsad iPodが表示されたり。

Appleのサポートを読みながらリセットやディスクモードへの変更を試みても、AppleロゴとSad iPodと「バッテリが空です」マークの繰り返し。充電してから再度トライすると、また「ぎゅおーーん」。

ハードディスクからあんな音がするのは、初めて聞いた。回転してるような音なので、ハードディスクから出ているのは間違いないようです。なんだかモーターが空回りしているような感じの音です。あげくの果てには、iPodの中から「ぶーっ、ぶーっ」ってブザーのような音が繰り返し聞こえますよ。

こりゃ、完全に壊れましたかな。せっかくバッテリ交換して、まだ三週間くらいしか経ってないのに。かなりショック。バッテリ抜いてヤフオクにでも出すかなぁ。

May 18, 2006

iPod バッテリ交換

やすてぃさんやクマデジタルさんのところで見かけて、わたしも買ってみました。SONNET iPod Replacement Batteries Kit。バッテリが三時間程度しか持たなくなっていたiPodの第一世代用ですよ。今となっては容量も大きさも軽さも旧態然としてますが、やっぱりデザインはこれが一番カッコよいのでなんとかしたいと思っていたのです。

クマデジタルさんも、webで見かけた他のユーザーも筐体が開けにくいと書いてたので、自分でやるのは少々不安だったのですが、実際にやってみると意外と簡単に開きました。付属のビデオでは、工具が入りにくかったら両端から押して隙間を空けろと無茶を言ってましたが、わたしの場合上下を水平にずらすように少し力を入れると工具が上手く入りましたよ。こっちの方がやりやすいんじゃないかな。

一度工具が入ってしまうと、結構簡単に開きます。筐体を開ける作業は、自転車のチューブ交換でタイヤレバーを使ってタイヤを外す感じに似てます。工具もどことなく似てるし。開いてしまうと、バッテリの交換は簡単。古いの剥がして、コネクタ付け替えて、新しいのを粘着させてフタをするだけ。作業時間は20分弱ってとこですかね。

今日から使い始めたので、どれくらい保つようになったのかまだわかりませんが、なんといっても容量78%増しですからね。これはかなり期待度高い。こいつは、お気に入りをアルバム単位で入れて聴くような使い方をしようと思ってますよ。最近はプレイリストばかりを聴くようになっているので、アルバムを通して聴くのって結構新鮮だと思うんですよね。

April 3, 2006

音楽でいっぱいいっぱい

PowerBookのHDDは標準の80GBなんですが、その内の50%はiTunesな訳ですよ。約8000曲で40GBくらい。HDDは80Gとかいっても、実際に使えるのは74GBとかな訳で、そう考えると50%超えますわ、ね。iPodも40GBモデルを持ってるけど、実際は36GB弱ってとこで、結局全部は入らなくなってしまいましたよ。先日ついにあんまり聞かないジャンルをDVDに逃がして回避したのですが、ここ最近またリップ熱が上がってきていて、ちくちく取り込んだりしているもんですから更に状況は逼迫しております。

これ、今の40GB iPod買った時には、もうなんて広大なスペースだと思ってたのですけどね。今の60GBでもすぐに満タンになるんでしょう。でもそれより、ノートのHDDが逼迫していかんですよ。こういうの、外付けに保存しておくのだと結局iPodに入れておくのと変わらない訳だし。内蔵HDDも早く今の倍の160GBくらいは欲しいですね。

March 13, 2006

iTMSで、ビジネスモデルを考える

ニンテンドーDS Liteはすっかり乗り遅れてしまって、結局いつ手に入るのやらという感じですよ。これ、わざと飢餓感をあおるマーケティングとしてやってたらすごいですが、まあ、それはないな。

iTunes Music Storeがロールアウトして、TVでかかっている曲とか、ポッとどこかで聴いた曲とかを一曲単位で買えるようになったのがうれしい。わざわざ出掛けなくても、明日でなくても、今すぐ手に入れて聴けるというのはなんと快適なことでしょうよ。これってTVの地上波デジタルとかで携帯のサービスのビジネスモデルでしたっけね。わたしにはもう実現された世界ですけれども。

例えば今日、会社帰りに寄ったスーパーマーケットでかかっていた華原朋美の華原朋美 - 華 - EP - 華という曲。昨夜見ていた「世界ウルルン滞在記」のエンディングですが、今日偶然お店で聴いて、帰ってきてiTMSにあったもんですから、即ダウンロード。今夜はずっとこればっかり聴いてますよ。

あと西遊記のタイアップで、MONKEY MAJIKのAround The World MONKEY MAJIK - Around The World - EP - Around The Worldも、TVで聴いてかっこいいねと思ってたら、iTMSで発売開始というメールで即買い。

そう考えると、地上波デジタルとか携帯のビジネスモデルはよくできてるのかも。ただ、iTMSはすでにインフラと化しつつあるiPodに対応してるところが便利な訳ですけれども。

March 1, 2006

iPod Hi-FiとMac mini

案の定早起きは無理だったので、会社にて確認しましたよ。Appleの新製品。iPod Hi-FiMac miniですか。結局、噂通りでしたね。

iPod Hi-Fiはこれ、なんというか、昔のラジカセみたいですね。オールドスクールなヒップホップの人が好きそうなガタイの良さですよ。色もグラフィティで飾るにはちょうどいいじゃないですか、白で。わたしの家はリビングにしかコンポがなくて、音楽聴くにはそこで聴くか大音量でどこでも聴こえる位鳴らすかしかないので、そういうニーズにはフィットしそうだけど、値段と相談するとちょっと迷っちゃいますね。

Mac miniは、何よりこの値段でIntel Core Duoが手に入るようになるという意味で、よりIntel iBookへの期待が高まりましたよ。お願いだから、MacBook Proとの差別化でSingleだけとかにはしないで欲しいな。

次は、4月1日ですかね。もう今からワクワクテカテカ。