May 29, 2005

Apple Store Fashion Valley

サンディエゴに二軒あるApple Storeのうち、Fashion Valleyの方に行ってきましたよ。Fashion Valleyってのは、デパートとか専門店が200軒以上集まったショッピングモールで、サンディエゴの中心のダウンタウンからトロリーという路面電車に乗って20分ちょっとのところにあります。

店は1フロアのみで、面積は銀座の1フロアより少し広いくらい。シアターもジーニアスバーも密集してあるので、物見てる時でもデモの声が聞こえたりしておもしろいですよ。ちょうどiLife '05のデモをやってました。品揃えは銀座もそんなに変わりませんでしたが、ソフトはやっぱりだいぶ違いましたね。インスピレーションのOSX版とか置いてましたし。

やっぱりなんか買って帰りたくて、iTunes Music Store Gift Cardをお土産に。$15, $25と$50があるのですが、任意の金額でもチャージしてくれるらしいです。あと、買う時に郵便番号を聞かれるので、滞在していたホテルの郵便番号を伝えて売ってもらえましたよ。

海外に行った時に電気屋を見かけたらいつも入ってしまうのですが、Apple Storeは特別おもしろいですね。Apple Storeというのが、ほんと世界共通のブランディングになってるんだってのがよくわかりましたよ。

May 9, 2005

シリアル番号が消えました

久しぶりに会社行くと、なんか猛烈に疲れたんですが。自転車乗る気力もないほどに。

さっき気付いたのですが、いつからかウチのPowerBook、シリアル番号を表示しなくなってますね。普通、アップルメニューから「このMacについて」を選んで、ロゴの下のバージョンをクリックすると、ビルド、シリアル番号と順に表示しますが、なぜかシリアル番号だけ、ただシリアル番号と出て何も数字が出てこない。気になってシステムプロファイラで見ても、やっぱり出ない。いつから出なくなったんだ、このマシンは。

おそらくこの個体だけだと思うのですが、なんか落ち着かないですね。Quzrtz 2D Extremeのせいかと思って外してみたけど変わりなし。別にここで表示されるシリアル番号がこれまで役に立ったことは、ただの一度もないですが、やっぱ落ち着かないですよ。

と言いつつ、今日のところは寝ます。眠いとどうも、文章にキレがないな。

May 8, 2005

Quartz 2D Extremeをずっと有効にするためには

昨日の続きで、Quartz 2D Extremeの話。今のところ、機能を有効にしての問題はなさそうな感じ。でもそれ以前に、うまくオンにできない状況になったりしたので、メモ。

Quartz 2D Extremeを有効にするためには方法が二つあって、一つはデベロッパツールのQuartz Debugのメニューからオンにするのと、もう一つはターミナルでコマンドを打ち込むというものですね。恒常的に有効にさせるにはターミナルを使う訳ですが、これで設定してもその後Quartz Debugを起動すると、終了時にオフにされます。だから、ターミナルでコマンド使って有効にしたら、Quartz Debug立ち上げちゃダメです。

わたし、うまくオンになったかどうか確かめたくて、いつもターミナルで有効にした後にQuartz Debug立ち上げてたのですが、これがいかんらしい。設定確かめたければ、システムプロファイラのディスプレイの項目を見ればわかるので、そちらを参考にするとよいですね。ちなみに、ターミナルのコマンドは、Le "Macbidouille" in English参照のこと。たぶんこれが原典になるのじゃないかしら。

余談ですけど、システムプロファイラの電源の項目では、バッテリの充放電回数が見れるんですよ。いろいろ見るところがあっておもしろいですね、このソフトも。

May 7, 2005

Quartz 2D Extreme

珍しく裏技系の話。林檎はいかがですか?経由マク経由Le "Macbidouille" in English経由ARS Technicaで知ったQuartz 2D Extremeの事です。

これはMac OS X Tigerの2Dグラフィックエンジンなのですが、この技術で通常CPUが処理してる2Dのレンダリングをグラフィックカードに処理させる事ができるそうな。ARS Technicaの記事によると、文字とかFinderのチェックボックスとかボタンとかがこれに当たるらしい。このおかげで、CPUの負荷が下がって全体のパフォーマンスが改善するというもの。

現状ではオフになってるそうです。でも、デベロッパツールに含まれている、Quartz Debugで一時的にオンにすることもできるし、ターミナルで常にオンにもできるそうです。今、わたしもターミナルでオンにして人柱実験中ですが、多少速くなったかな程度の印象しかないものの、明らかに変わったのはCPUの負荷とそれに伴うファンの回転数かな。CPUモニタで見てると、これまで普通に使ってるときには10%から20%の間にあった負荷がほぼ一桁から10%台に。ファンはいつも低速で回転してたのが、ほぼ停止しているようになりました。特に今のところ問題はない模様ですが、何かあったらここに書きますね。

試してみるなら、自己責任でね。ただしARS Technicaによると、このQuartz 2D Extremeが使えるのは、ATI Radeon 9600かNVIDIA GeForce FX以上だそうな。つまり、CoreImageが使える機種だけということですね。うーむ。こういう足回り系の強化は、結構ハードに依存しちゃうんですかね。

ともあれ、このArs TechnicaMac OS X 10.4 Tigerの解説記事は読み応えがありそうです。英語だけど、がんばって読んでみることにします。

May 5, 2005

MailとSafari

mdimportのプロセス、やっと終わりましたよ。実質11時間。結構時間かかるもんですねぇ。アクティビティモニタのCPUモニタもやっと低い数字になりました。

Tiger使ってて気付いたちょっと便利なとこ。Mailのメールボックスで「情報を見る」を選ぶと、メールサーバに残ってるメールを個別に消去できるんですよ。わたしの場合、Cubeでメールを取り込んでから消去する設定にしてるので、PowerBookのMailではサーバにメールを残す設定にしてるのです。とかくスパムが多いので、わざわざ取り込みたくないメールもたくさんあるのですが、これを選んでPowerBookで消してしまえるのは、かなり便利。でも、Tiger版のMailでは、サーバと通信してるかどうか、普通のウィンドウを見てるだけじゃわからないので不便。前はステータスバーがあって、そこで見れたんですよね。

Safariは前にも書いたRSSは便利ですけど、ダウンロードの度に「アプリがアプリが」って確認されるのは、ちとうざい。あと、Tigerになってから、ダウンロードして開いたディスクイメージがそのままフロントに出てこないのは、うざい。Safariのウィンドウに戻っちゃうんですよね。それと、ウィンドウの位置を覚えてくれなくて難儀したんですが、これは置きたい開始点にウィンドウの左上を置いて、右下のサイズ調整ボックス(?)でサイズ調整すると覚えてくれたので、まあよしとして。でも、全体的に読み込みも動作も速いので、快適ですよ。

ま、この辺の細かい使い勝手は、だんだん改善されていくことが多いから、いいんですよ。Spotlight絡みではどうなるかと思いましたが、それ以外では結構満足度高いですよね、Tiger。

May 4, 2005

PowerBook、ほかほか

今日の東京はひどく風が強くて、そのせいか目は痒いはくしゃみは出るわでえらい目に遭ってます。まだヒノキ花粉でも飛んでるんですかね。自転車乗ってどっか出掛けようと思ってましたが、断念して家にこもってます。

さて、Mac OS X TigerをインストールしたPowerBook G4 12インチですが、速いのはいいんですけど、CPUモニタが100%に振り切ったままで、あげくマシンがほっかほかに暖まってますよ。

RSS Viaualizerでファンが云々って話を昨日書きましたが、その後どうも筐体が熱くなってきてるのに気がついてアクティビティモニタを見てみたら、"mdimport"ってプロセスが80%近くCPUを占有してるのですよ。Webでいろいろ調べてみたら、これはSpotlightの索引作成のプロセスらしい。右上のメニューバーアイコンではすでに索引終了してることになってるのですが、まだバックグラウンドでなんか作ってるんですね。Discussion Boardでも書き込みがあったんですが、もうこりゃひたすら待つしかないらしい。ええ、待ってますよ、しょうがないから。

CPU 100%の状態がずっと続くとさすがに熱を持ちますね。左のパームレストあたりとキーボードのF1, F2の上あたりがかなり熱くなってます。あとどれくらいで終わるのかなぁ。

May 3, 2005

PowerBookにTigerを

昨日の投稿から、およそ12時間かけてPowerBook G4 12インチMac OS X Tigerのインストールとセットアップをやり遂げましたよ。やっぱPowerBook速い。Cubeの時とは桁違いにスムースに動いてます。

PowerBookには完全にクリーンインストールでTiger入れました。バックアップとってからHDDを初期化してインストール。アプリのセットアップもいちから入れ直しました。気持ちいいくらいクリーン。そのおかげか、爆速です。Cubeで苦労したSpotlightもすかすか動いてます。この機種はCoreImage対応なので、Dashboardの波紋エフェクトも出ますよ。すごいきれいですね、これは。ぽわわ〜んって感じで波紋が。

スクリーンセーバーのRSS Viaualizerも、なぜかCubeでは設定も出なかったのにPowerBookだとぐりぐり動いてますよ。いろんなサイトでファンが思いきり回るくらい負荷が高いと書いてあったのですが、ウチの場合ファンは回りませんね。至って静か。長時間動かしてたらファンが回るのかもしれませんけど、10-20分くらいだと大丈夫でしたよ。これもクリーンインストールのおかげ?

他にもPowerBookで動かして気付いたとこもあるのですが、それは明日の更新用に取っておきます。

May 2, 2005

PowerBook、帰還しました!

PowerBook、修理から戻ってきましたー。今からTigerのインストールやります。

May 1, 2005

Spotlight、索引作成中

今朝起きて、Cubeをスリープから起こしてしばらく使って、CPUメーターを見たら100%になってたりしましてね、その時はほとんどアイドリングの状態でしょってくらいの作業しかしてなかったので何が原因か調べたら、Spotlightですよ、あなた。索引は作り終えたと思ってたのですが、また作ってるらしい。もちろん変更がある度に索引は書き換えられる訳だから、理屈は納得できるんですが、今更12時間もかけて作り直しですか。

このマシンでしか状況はわかりませんが、スリープから起こすと毎度索引をアップデートしてるようですね。マシンが速いとそれほど気にならないのかもしれませんが、Cubeだと時間がかかっちゃうので目立つんですよ。CPUメーターも振り切っちゃってますしね。

でも、これで実作業にほとんど影響がでてないところが、Tigerのすごいところかもしれない。しかも、前より速くなったとか思っちゃってる訳だし。恐るべし、Tiger。

April 30, 2005

G4 CubeでTiger

実は今PowerBook G4 12インチがSuperDriveの不調で修理中でして、Mac OS X TigerはとりあえずCubeにインストールしてあるのですよ。ちょっとこのマシンでは、負荷のかかる作業を並行して動かすにはさすがに重いかなと思うこともありますが、PowerBookじゃそんなことはあるまいと期待しつつ、簡単なインプレッション。もう方々のサイトにいろんなことが書いてあるので、なるべくかぶらない様に。

いいとこ。
Mailのスマートメールボックスは、かなり使いやすい。これならもう、わざわざルールで仕分けする必要がないと思うくらいです。
全体的には軽い。特にFinder周りの挙動がスムースなので、体感速度はCubeでも速くなったと感じます。
システム環境設定の起動ディスクでターゲットディスクモードを選べるようになったのは、なんかいい感じ。ちょくちょく使うんでね。あと、共有のApple Remote Desktopって、Pantherの時からありましたっけ?なんかうれしい。
SafariのRSSはインターフェイスがきれいで、楽しい。どうもRSSリーダーって、気に入るのがなかったので、とりあえずはこれでしばらくいってみようかなと。
Finderのフォントサイズが全体的に小さくなって、締まった感じ。前は大ぶりすぎましたからね。あわせて、デスクトップのアイコンの並びも狭くとれるようになったのがうれしい。

いくないとこ。
アピアランスが、各ソフトで違い過ぎ。どれも洒落てるんですけど、統一感ないのって、気持ち悪い。
メニューバーを立体的に見せるために、真ん中あたりに線が入ってるんですが、これ落ち着かない。あと、アピアランスがブルーだとアップルメニューの色がケバすぎ。
サウンドエフェクトがうるさい。でも、切りにするとさびしい。

なんかインターフェイスのことばっかりで、DashboardとかSpotlightのことには全く触れてませんが、まだよくわからんのが正直なところ。これはPowerBookでおいおいね。5月2日に修理があがるらしいので、PowerBookにインストールし直して、いろいろ楽しんでみようと思ってます。

こりゃ、Cube用にもう一つライセンスがあってもいいかもしれない。なんか、HDDを初期化して、全くクリーンにして入れてみたくなるOSですね、こりゃ。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10