October 15, 2012

宮古島・那覇の旅、旅行記四日目 (10/15)

今日は宮古島を出発して伊良部島へ移動の予定です。伊良部島では島一周のサイクリングと下地島空港の飛行機訓練を見るのが楽しみなんですが、この台風でそもそも伊良部に行けるかどうかが微妙です。朝に確認するととりあえず高速船は出ていましたが、いつ運休するか分からない状況でした。

DSC09331.JPG三日間お世話になったここみ家をチェックアウトして、懲りずにまたすむばりに行ってみましたがやっぱりまた準備中でしたよ。船は14時台のに乗ることにしたので、まずは砂山ビーチに寄ってみることにしました。駐車場からまさに砂山を越えて、目の前に広がるのは真っ青な海!のはずでしたが強風で白波が立つ海と時折晴れ間の広がる空が。これ、普段は綺麗なんだろうなあ。

DSC09368.JPG DSC09370.JPG船が出るまで時間にゆとりがあったので、お昼ご飯はちょっと車を走らせて小さな定食屋さんに行く事にしました。六三四野というお店ですが、行ってみたらほんとに地元の人、しかもガテン系のおじさん達が集うようなお店でした。途中近所の子連れの家族がやって来ましたが、それまでは赤ん坊連れの観光客のわたし達が異彩を放つ感じ。わたし達の次のお客さん達で、炊いてた米が無くなったとかでほぼ店じまい状態になってました。その子連れ客はご飯が無いから食べずに帰ったくらいで。今回の旅行ではとかく定食屋によく行きましたが、こういう地元の人が来る店はやっぱり美味い。ここもボリュームたくさん、値段は安くて美味い、いい店でした。

DSC09402.JPGいよいよ船に乗って伊良部島へ。高速船は二社が運行していて、まあ時間の合う方に乗ればいいかと思っていたのです。もちろん普段はそれでOKなんですが、ちょうどこの日、一社の方の大きい高速船がドック入りしていて小さめの船で運行していたのですよ。わたし達が乗ったのはこの小さい方。しかも波が高くて荒れてる海を渡るこんな日に。わずか15分の船旅ですが、それはそれは激しく揺れました。上下左右はもちろんローリングしてひねりまで加わる始末です。普段から利用している地元の人達までキャーキャー騒ぐくらいで、船内の叫び声と揺れにびっくりしたチビさんも泣き喚いて抱っこしてくれとしがみついてくるのですが乗り物に弱いわたしも船酔いで気持ち悪くなってるし、船内に波しぶきがザバザバ入ってきてわたしらの荷物は水浸しになるし、ほんと散々でした。いつもより船が小さかったという話は、降りてから聞いたのですが、あらかじめ知っていたらもうひとつの船会社で移動したものを。

DSC09463.JPG DSC09480.JPG伊良部島での宿は、いなうの郷でした。ここのおかみさんがすごくよくしてくださって、この天候だと自転車で観光もできないでしょうと、この日の夕方に車で島を案内してくれました。残念ながら下地島空港のパイロット訓練はやってなかったのですが、下地島の通り池と渡口の浜に連れていってもらいました。どっちも綺麗だったな。風は強かったものの雨とかは降ってなかったのも助かりました。これに連れていってもらってなかったら、伊良部島は宿に缶詰めで終わるところでした。

晩ご飯はいなうの郷の一階の食堂で。店の人達が天気予報を見て、これは翌日午後以降は船が欠航して数日間島に足止めになるかもしれないと言うので、プランを立て直すことにしました。当初は伊良部に二泊の予定だったんですけどね。部屋に戻ってから、宿や足の手配やらなんやらでiPhoneとiPadが大活躍です。ほんと便利な時代になったもんだ。

October 14, 2012

宮古島・那覇の旅、旅行記三日目 (10/14)

台風は相変わらず沖縄近辺をうろうろしています。時速7kmとか天気予報でいってましたが、わたしのジョギングより遅い。プランでは昨日今日とチビさんを海に連れていって水遊びをする事になっていたのですが、本気で波が高いので海なんてとてもとても。仕方がないので、今日もドライブです。あとの楽しみといえば食事。

朝ご飯を宿で食べてから車で出発して、まずは近くにあるすむばりというお店に。島タコをつかった宮古そばが評判なのです。ここ、サイトにも店の玄関にも10:00オープンと書いてあるのですが、日曜だからか台風だからかオフシーズンだからか開店11:00と店員さんに言われました。何故だ。ちなみに翌日も10:00過ぎに行ってみたら11:00オープンといわれたので、結局食べ損ねました。

DSC09166.JPG翌日から高速船に乗って伊良部島に渡る予定だったので、まずは平良港で船の時間やらチケット売り場やらをチェック。波は高いものの、普通に船は出ている様子。港には海上保安庁の船も停泊していて、なぜか盛り上がるわたし。

DSC09180.JPGその後は早速昼ご飯の目当ての店に。んまや~というお店です。宮古そばと定食のお店ですが、三枚肉と軟骨肉がトロトロになるまで調理されていて本当に美味い。ハシで切れるなんて当たり前で口に入れると溶けるくらい柔らかいですよ。この店はイチ押しです。ボリュームも十分で、お腹いっぱい。

DSC09197.JPGこの後、ダメ元でインギャーマリンガーデンに。ここは海というより湾のようになっているところで、台風の時でも波が静かなところなんです。行ってみるとラッキーなことに外海の荒れっぷりに比べてほとんど全く波がなく、チビさんが水遊びしても大丈夫な感じです。早速着替えさせて波打ち際で遊ばせました。チビさんにとっては初めての海。もっと怖がるかと思ってましたが、大喜びで自らズンズンと沖へ進んでいくほど。怖い物知らずというか好奇心旺盛というか。親としては、宮古島で海に入れてあげられて良かった。

DSC09248.JPGとは言え、風が強くてそれほど長い時間は水遊びもできず。車で近くのカフェに行きます。新香茶。周りをサトウキビ畑に囲まれた、のんびりしたカフェです。マンゴーのスイーツが美味いですよ。チビさんが昼寝しちゃったせいもあって、結構長居しちゃった。

DSC09294.JPGその後、晩ご飯に決めていた金吾という定食屋さんに。ここでは魚料理の定食が美味いらしいので、魚の唐揚げを餡かけにした定食を食べてきました。ここもすごいボリューム。コストパフォーマンスがすごい。味もかなりのものです。地元の家族連れとか結構来ていたので、地元に根付いた美味い店ですね。

宿に戻ってから、すやすやと眠る奥さんとチビさんの寝息を聞きながら、空港で買った雑誌を読みながらビールを飲んで就寝。毎日がこうだといいのにな。

October 13, 2012

宮古島・那覇の旅、旅行記二日目 (10/13)

宮古島二日目。この日からが実稼働日です。ともかくも車が無いとなんともならないので、手配していたレンタカーを受け取りに。ホテルまで迎えに来てもらっての受け取りです。ここみ家は市内ではないので、迎えに来てくれるとこは意外と多くない模様ですよ。

相変わらず台風は接近中で、かつ動きが遅いので、雨はさておきずっと強風が吹いている状態です。車が流されるくらい。でももちろん海にははいれないし、ドライブくらいしかやることがないので、島一周してみました。橋で繋がっている島にもいってみたり。それでも実際のところ2時間強しかかからないんですけどね、宮古島。


DSC08936.JPG まずは最初に行った保良ビーチの様子。強風で白波が立ってます。この後、新城ビーチとか寄ってみましたがどこも同じ感じ。東平安名岬にも行ってみようと思いましたが、岬に行く途中の道で挫折するくらいの風。

DSC09038.JPG昼ご飯はそのまま北上して、橋で繋がっている池間島の「なかじゃ」というお店に。ここ、漁協に併設していて地元のおばさん達がやってるお店なんですけど、安くて美味くて量が多くて感じがいい。この時のお客さんは漁港で働いている人達ばっかりって感じでしたが、居心地良かったですよ。


DSC09056.JPG宮古島と池間島を結ぶ橋のふもとから。これ、天気が良ければすごくいい写真になったような気がします。橋から見る海は荒れていても綺麗でしたが、穏やかだったらもっと良かったでしょうね。砂浜にはヤドカリがたくさんいて、チビさんがキャーキャーいって喜んでるようでビビってました。

DSC09092.JPG池間大橋にほど近い、雪塩のお店で食べたソフトクリーム。最近流行の塩系スイーツですが、結構美味かった。この後沖縄にいる間に、嫌というほど雪塩という名を目にしますが、ここに来るまで知らなかったのが実際のところ。

DSC09108.JPGそのまま勢いに任せて今度は島の南側の来間島にある「楽園の果実」というカフェにマンゴーパフェなぞ食べに。大体島の端から端まで、30-60分のイメージですね。

DSC09114.JPG DSC09120.JPG

夜ご飯は市内の島おでんが美味しいという店、「たから」にて。今回の旅行で唯一の居酒屋系のお店でしたが、ここの料理はどれも美味かった。特におでんはなんとも優しい味で、美味しい。烏賊墨系の料理も美味かったですよ。どれもオリオンビールと合うんだ、これが。座敷はすだれで仕切られていて、子供連れにも安心。なにより美味いし。

この後、宿に戻って、買ってきたビールを飲みながらのんびりして就寝。やっぱり旅はいいねえ。

October 12, 2012

宮古島・那覇の旅、旅行記一日目 (10/12)

kokomiya_first_day.JPG10月半ば、12日から20日まで宮古島と沖縄本島に旅行に行ってきました。遅い夏休みです。さすがに10月になれば台風も来なかろうと思っての旅程だったのですが、まさかの台風21号に翻弄された旅でもありました。チビさんとは9月に箱根に一泊二日の旅行に行っていますが、今回が初めての長期間長距離の旅です。

今回の旅程は、チビさんの事を考えてゆったりしたスケジュール。初日は宮古島への移動だけです。これまでの奥さんとの二人旅なら、もうちょっと早く宮古に着く便にして一日目から遊ぶスケジュールにしていたと思いますが、あんまり無理はしない方がいいかと考えてのスケジュール。結果的には大正解でした。結構昼寝や食事など、普段のリズム通りにしてやれないので、あまりタイトなスケジュールを組んでるときっと体調を崩してたと思います。

もう旅行初日から台風21号が沖縄近辺に停滞していたので、雨なんかも降っているのかと思いましたが、島に着いてみると風は強く曇っているものの、雨はにわか雨程度で余り気にならない感じ。むしろ17号で受けた被害のせいで電柱が折れてたり、街路樹が折れてたり、潮のせいで葉の色が茶色になってたりと、色々大変そうです。

宮古島での宿はここみ家でした。2室しかない小さな宿ですが、心遣いの行き届いたいい宿です。部屋も広くて清潔でキレイ。ご夫婦二人で経営されているのですが、小さな子供さんを二人育てながらなだけに、子連れ客のニーズをよく分かってくれています。ウチのチビさんも快適に過ごせました。周りはサトウキビ畑がぐるりと取り囲んでいて、その向こうに海が見えるのですが、眺めも良く、部屋の居住性の良さも加わって、初日からすごくのんびりとできました。風は強かったけど。

いよいよ、初めての子連れの旅行の始まりです。なかなかいい感じでスタートしましたよ。

September 27, 2012

初めての旅@箱根

先週末、チビさんを連れての初めての旅行に行ってきました。目的地は箱根。ロマンスカーに乗って行ってきましたよ。

日曜日は大雨だったので、さっさと宿に入ってのんびりしていました。箱根湯本から箱根登山鉄道に乗って、スイッチバックに盛り上がったりしながら強羅へ。子供が出来る前は、温泉にも一年に二度三度は行ってましたが、随分久しぶりの温泉です。チビさん、もっと騒ぐかなと思ってたのですが、予想以上に大人しくてこれなら色んなところに旅行に行けそうな感じ。

openair_musium.jpg月曜日は日曜日とうってかわってのいい天気。彫刻の森美術館に行ってきましたよ。子供が遊び回れる施設もあり、広い庭に点在する施設は大人にも楽しくもあり、想像以上に楽しめる施設でした。一歳児には、大きなお兄さんお姉さんと一緒の遊技施設は、ちょっとタフなケースもありましたが、それはそれ、そんな中でも楽しんでキャーキャー走り回ってましたよ。

乳児を連れての初めての旅行、箱根あたりはちょうどいい距離と環境だったですね。今回の旅行で、チビさんと一緒に旅行に行くのに自信がつきましたよ。来月に予定されている離島の旅も、さらに楽しみになってきました。

June 19, 2011

ドイツ弾丸出張

white_asparagus.jpg先週の水曜日から土曜日まで、ドイツに出張してました。二泊四日の弾丸出張です。これまでに何回も海外出張ってしてますが、ここまで短いのは初めて。会議やって、しかもそのホテルに泊まってたので、どっか行ってなんか見た的な事は何も無いのですが、晩ご飯は全員でレストランに食べに行くようにアレンジしてくれていたので、楽しみはそれくらい。なぜか必ずレストランに行く前にガイドがツアーの様に色々案内してくれていたのですが、お腹空いているのでそんな事はいいから早く食事を!の様な雰囲気。行くまで知らされてないので、まさかご飯の前に2時間もはとバスっぽいツアーに連れ回されるなんて思いもしないじゃないか!

そうはいっても、ビアガーデンとかトラディショナルなドイツレストランに連れていってもらったので、旬のホワイトアスパラガスをたらふく食べさせてもらいましたよ!これだけで、ドイツに行った値打ちがあるってくらいの美味さ。柔らかくて、ほんのり甘くて、もう最高。ドイツでは溶かしたバターを掛けて、さらにその上からホワイトクリームと溶かしバターを混ぜたものを掛けて食べるそうで、もちろんそうやって食べたのですが、あんなうまいホワイトアスパラガスは食べた事がないな。しかも一度にあんなにたくさん!

今回の出張には会社用のPC以外にiPadを持っていきました。2台運用が前提だったのと、ドイツのビジネス客向けのホテルでは部屋では有線LANのサービスが中心で無線はあっても電波が弱いという経験則があったので、AirMac Expressを持参。室内で自分でwi-fiネットワークを作ってました。時差ボケのせいで夜中3時くらいには目が覚めていたので、起きていて部屋にいる時間にはFaceTimeで、家に繋ぎっぱなし。奥さんと話するのはもちろん、ベビともモニタ越しに顔は見れるし、声も掛けれます。ちゃんと反応してましたよ。奥さんが用事で外している時にベビがバウンサーで一人遊びしてるのを見てた時には、ほんとに自分が海外にいるのか?という感じでしたね。テクノロジーってすごい。ちゃんと家族の顔を確認出来るので、電話よりも全然いいし。FaceTImeは簡単なので、コンピュータに強くない奥さんでも全く問題なく使えるので、iChat videoなんかより全然良いですよ。宛先選んでコールするだけ。出たらOK、出なければ時間を空けて掛けなおせばいいんだから。

短いといっても、さすがに今日とか体力的にキツかった。なんか片付けも、帰ってからやろうと思ってた事も今日は全然中途半端。ちょっとアイドリングしながら、体力の回復を待とう。

November 20, 2010

ドイツのおもちゃ(ドイツ最終日)

germany_baby_toy.jpgドイツ4日目は午前中だけ会議があって、20:45の飛行機の時間までの午後の数時間が、今回のドイツでやっと取れた自由時間でした。折角なのでマインツの街中を歩いてみたかったので、ホテルにスーツケースを預けて出掛けてきました。ドイツは木のおもちゃが有名なので、まだ産まれてないけど赤ちゃんに買って帰ろうと思ってたのです。

ホテルのスタッフはあまりそういうお店(Baby shopというらしい)の事を知らなくて、街を歩いてる人に聞いたらいいよと、そんなんでいいのか的な情報だけを持って街へ。奥さんや会社へのクッキーやらチョコレートのお土産も買いつつ、ショッピングモールやら路面店を探すものの、子供服、ベビーカー、ベビーベッドなんかのお店は見つけるもののおもちゃ屋さんがさっぱり見つからず。途中クッキー屋さんでお土産を買ったついでに聞いてみると、一軒教えてくれました。ちなみにその店員のおばさんは英語が片言だったので、英語を話せる他のお客さんが通訳してくれたりして、それも旅のいい思い出。

で、行ってみると途中で子供服屋だと思って入らなかったお店だったのですが、中でうろうろしていると店員さんが声を掛けてくれて、ここにはおもちゃはないけど、歩いて5分くらい行ったところにおもちゃ屋がある事を教えてくれました。この時点でだいぶ時間がタイトになってきてたのですが、大急ぎでお店にいくと赤ちゃん用から10歳くらいまでの子供向けのおもちゃがいっぱいでした。あとシュタイフのぬいぐるみやら、またもや子供服やらも扱ってましたよ。

いろいろ迷いつつも、最初のお目当てだった木のがらがらと、肌触りが超気持ちよかったベビーエプロンと、ちいさなクマのぬいぐるみのマラカス、カエルがかわいくて選んだ握るとプーピーいうにぎにぎを購入。店員のおばあさんが、リーダーの故障でクレジットカードが使えないとか言うトラブルはあったのもの、何とか購入。あれ絶対ただの操作ミスだと思う。

手配してもらった車のドライバー(軍人風)に待ちぼうけを食らわせたものの、無事に空港へ。奥さんには頼まれてメールで取り置きしてもらっておいたBREEのバッグを回収して、いまどき無線LANが有料のルフトハンザのラウンジに悪態をついたりしつつ、帰国。

買ってきたおもちゃは、奥さんにも予想外にいいモノ買ってきたと言われて、いい気分。もっと実用にならないモノを買ってきそうだと思われていたみたい。早くこのおもちゃで、赤ちゃんと遊びたいなあ。

November 18, 2010

ドイツ2日目、3日目

2日目と3日目は、日中はこちらにやってきた主目的の会議をこなして、夜はドイツのスタッフと食事に行ったり、飲んだりしてました。

2日目は泊まっているマインツではなく、ヴィースバーデンで食事。ドイツのスタッフの一人がここに住んでいて、帰りには車で観光案内をしてもらいながらという贅沢さだったのですが、いかんせん帰りの19:00くらいって日本の真夜中で、一番眠い時間帯なので朦朧としながら説明を聞いていたのがもったいない。覚えているのは、非常に古い都市で、かつてこのあたりを支配していた貴族の意向で建物は伝統的なデザインで、かつ道路から見た時の統一感が保たれていることと、温泉が湧いていて湯治場になっていることと、住んでいる人はリタイアしたお年寄りとかが多いので買い物するにも年齢層が高めのお店が多いことと。後はうろ覚え。その湯治場、クアハウスにあるレストランで鹿肉の料理を食べて、教会の地下にあるパブでビールを飲んで帰って、ホテルに着くと同時にベッドにもぐりこんで寝てました。

3日目の今夜は、関わりのあるチームメンバー全員と食事会。マインツのこれまたクラシカルな、英語すら通じないレストランでの食事。クリスマスに良く食べるという鴨のもも肉(ドイツ人は尻の肉といってましたが)を食べてきました。ドイツの料理はいちいち量が多いので、一皿食べるだけでもう、お腹いっぱい。なのに、とち狂ったというか、英語聞き間違えてデザートにアップルパイのアイスクリーム添えなんて頼んでしまって撃沈。もう食べられない。しばらくはご飯抜こうかというくらいの満腹ぶりです。

面白かったのは料理の写真を撮ろうとカメラを出すと、自分らを撮るのかと思って彼らがポーズ取ったのですが、まず料理の写真を撮ってたら「オウ」とか言われて仕方なくみんなの写真を撮りましたよ。わたしは入ってないのですが。料理の写真撮るのなんて、最近の日本だと普通だけど、海外だと不思議なんでしょうね。

あと、外人の中に一人でいると、日本の事色々聞かれるので大変です。日本史の事はあんまり聞かれないけど、最近の外交問題とか、経済問題とか、教育問題とか、自衛隊の話とか、レストランで締める時にはどういうジェスチャーなのかとか、日本で人気のスポーツとか、サッカーとか、相撲とか、そりゃもう多岐に渡って大変です。知らないってのだけは悔しいので言わないようにして必ず何か答えてましたが、ちゃんと日本の事を勉強しないとダメですね。

いよいよ明日出発なので、お風呂に入ってパッキングしたところです。明日は午前で仕事は終わりで、出発は夜9時なので、とりあえずスーツケースはホテルに預けておいて、午後はマインツを歩こうと思ってます。歩いて回るだけなら、2時間あれば一回りできるそうな。

色々いい経験した旅行というか出張でしたが、そろそろ日本が恋しいので、帰れるのは嬉しいですよ。あと12時間で出発です。

November 16, 2010

ドイツ1日目

月曜日から本格的に稼働し始めました。午前中に会議して、午後はデスクを借りていつものお仕事。ドイツまで来て何やってんだか。

マインツの天気は雨時々曇りで、ずっとどんよりしています。気温は11度くらいで少し肌寒いくらい。ドイツ人は、今の時期にしては今年はずいぶん暖かいとか言ってました。

夜には同じ会議に参加している同僚と、薦めてもらったドイツレストランで食事。以前は教会だった建物を改造したレストランですごくいい雰囲気でした。19:00くらいに入って、その時には客もまばらだったのですが、20:00すぎたあたりから随分混んでましたね。スモールサラダとウィンナーシュニッツェルを食べたのですが、どちらもありえない量でびっくり。サラダもスモールとはいえ皿が小さいだけで山盛りですし、シュニッツェルはLPレコードか?というくらいの大きさだし。隣の席にノーマルのサラダが運ばれてましたが、そのレコードみたいな皿の上に山盛りの野菜でした。あれだけでお腹いっぱいだろう。普段は出された料理は残さない主義なんですが、今回は申し訳なくも無理でした。味は非常に美味しい。シュニッツェルは仔牛のお肉で頼みました。パリッとした衣で食感もいいし、レモンを絞るだけで味も美味しい。付け合わせのポテトが嫌がらせかと思いましたが、マヨネーズ仕立てでこれもおいしい。でも、食べきれないです、これは無理。

あまり眠いとか感じませんが、夜は普段では考えられないくらい早く寝るし朝も6時には起きてるし、途中何度か目が覚めるという事は、これは時差ぼけですね。ぐっすり眠れているので、むしろ体調はいいくらいですよ。

November 15, 2010

ドイツ出張中

日曜日に日本を発って、金曜日に帰るスケジュールでドイツに出張に来ています。今マインツにいますよ。フランクフルトから車で30分のところですが、送迎の車がやけに飛ばすベンツで、「日曜は遅くまで仕事したくないんだよな。あんた、早く降りて来てくれたから助かった(超意訳)」てな事を言われつつ180km/hで走ってくれたおかげで20分で着きました。初めての180km/h。やっぱベンツは安定してるな。

社の規定では長時間のフライトはビジネスクラスを使えるのですが、今回キャンセル待ちしていたアップグレードが直前で使えるようになったので、初めてファーストに乗りました。ファーストはすごいなとは思ったけど、初めてビジネスに乗った時ほどの感激は無かった感じ。料理やらサービスはもちろんビジネス以上で、まるでいいレストランでサービスされてるようです。料理に合わせて違うお酒をオススメしてくれるし、食器とかもいちいち豪華です。メニューもすごいきれいな装丁。

ちょっとシートの硬さが合わなかったのと、エンターテイメントのヘッドフォンがソニーのノイズキャンセリングのすごいいいやつで、これが重くて首が凝りました。最近肩と背中の凝りが原因の頭痛がしていて、ここ数日治まってたのですが、またぶり返しましたよ。おかげでホテルに着いたらクスリを飲んで18時くらいから6時間爆睡。晩ご飯食べ損ねるし、水とかビールとか買いに行けなかったし。ちなみに今こちらは夜中の1時です。

カメラのケーブルを忘れたので、こちらにいる間はテキストだけでお送りする予定。それでは少し寝ます。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11