June 16, 2010

野沢温泉

帰ってきてから、はやぶさの帰還やらワールドカップの日本勝利やらあって書けていなかったのですが、先週の金曜日に有給を取って奥さんと野沢温泉に行ってきました。

norakuro.jpg泊まったのは住吉屋です。歴史のある建物ですが、手入れが行き届いているので清潔で気持ちがいい部屋と、ほっこりとしたサービスで落ち着けるいい宿です。この住吉屋は、のらくろの作者の田河水泡が贔屓にしていたそうで、至る所に直筆の色紙やイラストがあります。風呂の案内板にものらくろが。お風呂は小ぶりですが、いいお湯。野沢温泉はとかくお湯が熱いのですが、この住吉屋の前に熱湯が噴出る源泉があって、地元の人が野菜を茹でに来たり、温泉卵を作ったりしています。

この住吉屋さん、料理も美味しい。郷土料理で取り分けられる大皿(中皿?)料理があるのですが、これがまた美味しい。地元の野菜を使ってほんと美味しい。朝には温泉卵も出ましたよ。

sotoyu.jpg野沢温泉には外湯といって、13ヶ所の共同温泉があります。いわば無料のお風呂屋さん、しかも温泉というところ。野沢温泉はほんとにお湯が熱くて、熱湯注意なんて札がぶら下がってるくらいなのです。前に誰か入っていれば、水を加えたり湯揉みしたりして入りやすくなってるのですが、6月は閑散期だそうでどこいってもわたし一人。7ヶ所回って入れたのは2ヶ所だけですよ。あとは熱過ぎて足の裏だけ触ってみるとか、足首までで限界とか、そんな状況。地元の人はしれっと入っちゃってるので、こういうのは慣れなのかもしれないですね。

rose.jpg野沢温泉からの帰りには、高橋まゆみ人形館一本木公園バラまつりに寄って帰りました。人形館ではなんともなごむ表情の人形を見て、一本木公園では満開のバラを見て。

最近は家造りで旅行とかご無沙汰していたのですが、久しぶりにいい非日常でした。旅は良いねえ。

August 15, 2009

三内丸山遺跡@青森

sannai_maruyama.jpgねぶたの他にも青森で色々連れて行ってもらったのですが、車で青森に着いて最初に連れて行ってもらったのが三内丸山遺跡ですよ。青森ICをおりたらすぐのところにあります。

この遺跡、縄文時代のものらしいのですが、写真の櫓になってる大型掘立柱建物跡とか、高床式の建物跡とか、いろいろ復元されていて面白いですよ。元はワールドカップの招致のためにサッカー場を作ろうと掘ってたら発見されて、サッカー場を諦めて遺跡として調査を進めているというくらいで、ものすごい広い敷地になってます。しかも、未だに掘ってるらしく、昼時には発掘をやってるおばさん達がぞろぞろ昼休みのために事務所に戻ってきてました。発掘現場も見学できますよ。

ここで発見された土偶が微妙にキモカワいくて、いい感じ。結構見る所もいっぱいあって、施設も整備されているのに、入場無料。せっかく青森来たなら、見とかないとという感じでした。しかも、今も発掘してるので、次に行くとまた新しくなってる訳ですよね。面白いところでしたよ。

August 10, 2009

青森ねぶた祭り

nebuta1.jpgいつもテニスを一緒にやってる人が青森の出身で、ねぶたに誘ってくれたので先週の木曜日から行ってきました。木曜日はちょうどねぶた祭の最後の日で、一番盛上がる日なんだそうですよ。翌日は海上運行と花火だから、跳ねるならこの日が一番だそうな。

例のETC割引を使って車で9時間30分かけての青森への旅です。東京を夜の2:30頃に出発して、向こうにはお昼に着きました。祭りは19:15スタートなのですが、今回は跳人(ハネト)で参加の予定だったので、その衣装に着替えたりしないといけないのですよ。色んな所でレンタルと着付けなんてやってくれますが、わたしたちはさくら野百貨店でお願いしました。手ぬぐいと足袋と雪駄と、手回り品を入れて首から下げるポーチは自前で用意です。これが大体1000円強、衣装のレンタルは3000円(これとは別にデポジットで1000円要ります。返ってくるけど)ですよ。跳人さんの格好で街中を歩いてると、観光客の人から「がんばってください」とか声掛けられちゃいます。一緒に写真撮ってとか言われる事もあるそうな。なにより、なんかこういう衣装着ると気分が盛上がりますよ。お祭りに参加するなんて、本当に久しぶり。

haneto.jpg着替えてから祭が始まるまでの間、ねぶたが保管されてる場所(アスパムの裏)に行ってねぶたの品定め。どのねぶたについて跳ねるか、やいのやいの言って盛上がります。本物のねぶたを見たのは初めてだったので、その迫力にびっくりです。これ、暗くなって灯りが入ると、全然雰囲気が変わります。やっぱり夜に見る方がきれいだし、迫力も増しますね。

どのねぶたにつくか決めたら、後はスタートを待つばかり。わたしたちはクロネコヤマトのねぶたの跳人衆の中にいました。先導する人の「ラッセラーラッセラー」のかけ声に合わせて「ラッセラッセラッセラー」てレスポンスを返すのです。跳ね方は、片足二拍ずつケンケンしていくような感じです。そこだけ押さえておけば後は自由。だんだんテンション上がっていって、これってクラブで踊ってるような感じですよ。

nebuta2.jpg祭りは21:00まで続くのですが、いい歳したグループだったので1時間くらいでリタイア。あとはしばらく他のねぶたが通り過ぎるのを見学して、ご飯を食べにいきました。冷たいビールが堪らなく美味い。

以前からねぶたは面白い、特に参加して跳ねるとすごく楽しいと聞いていたのですが、実際に参加してみると、ほんとに面白かった。これはクセになります。もう今から、また行きたいなと思ってますよ。

July 26, 2009

仙台の七夕と、ポケモン新幹線

090726_0803~01.jpg昨日の午後、仙台で仕事があって泊まってきたんですが、今朝帰ってくる時に仙台駅の入口で七夕の飾りを見ましたよ。ちょうどシーズンですね。これまで七夕祭りは見たことないのですが、飾りは何度か。なかなかキレイでいいですよね。入口だけでなく、構内にもいろんな飾りがありましたよ。090726_0812~02.jpg

後、ちょうど乗った新幹線がポケモン新幹線でした。これまでポケモンジェットは乗った事あるけど、新幹線は初めて。なかなか、夏休みっぽくていいね。

July 18, 2009

Siunaf Jet Case

siunaf.jpgこれまで海外旅行用のパスポートケースにはアンセットオーストラリアという、今はもう無い航空会社のパスポート/アメニティケースを使ってたんですが、ちょっと古くなってきたなあと思ってた矢先に、奥さんがいいのを見つけて乗り換えたんですよ。suinafのJet Caseです。旅行専用のパスポートケースですよ。

僕も合わせて買替えました。また奥さんとお揃いですが、洒落てるからいいよ。パスポート、カード、キーとかの他に、A4のバウチャーとかも十分入るサイズです。っていう使い勝手もさることながら、デザインがカッコいい。表のベージュとインナーの水色がいいコントラストで、洒落たデザインになってます。

今度海外に行くのは、9月の予定。とか言いつつ、早く使いたいなあ。

April 15, 2009

和歌山城

wakayama_castle.jpg今日は和歌山に日帰り出張だったのですけれど、飛行機の時間が朝7時台に羽田発の分しか無くて、仕方なく5時起き6時出なんて強行スケジュールだったのです。とはいっても、ANAの便で都合のいいのがそれしかなかったっていうだけで、和歌山についてからはしばらく時間があったのですね。

で、和歌山城見てきました。行くまですっかり忘れてましたが、紀州と言えば徳川御三家ですよ。すごい立派なお城です。天守閣に登ったりはしませんでしたが、庭とか見たりしてきました。桜はもう散っちゃっていて残念。紅葉の季節も良さそうですね。あと、気に入っちゃったのが石垣です。なかなかいい曲線を描いていて、素敵。

実は和歌山って、初上陸だったのですが、もうすっかり初夏の雰囲気でした。海がすごくきれいでしたよ。

March 9, 2009

バリ土産

souvenir.jpg一週間ぶりに会社に行ったら、めちゃくちゃ忙しかったですよ!

今回のバリのお土産に買ってきたものですが、なんかすごい量ですね。木彫りの人形のバリネコが大量、石鹸も山ほど、Tシャツ3枚、CD3枚、コーヒーにスパイスに、ジェンガラ焼きの食器も。

ウチの会社の人へのお土産は、バリネコの携帯ストラップでした。いろんな色があるので、選んでもらったんですが、なんか男性陣にもウケがよくてびっくり。みんなしてお揃いのストラップですよ。意外と、こういうお土産も新鮮なのかしらね。

March 8, 2009

春休みバリ旅行記 : 最終日台湾編

いよいよ春休みも最終日、台湾経由で帰国しますよ。12時の空港行きのバスに乗ることにしていたので、午前中だけ時間がありました。台北はあいにくの雨で、しかも結構降ってました。初日の台北もそうだったのですが、意外と肌寒いのですね、台湾。スタジアムジャンパーにスウェットで、ちょうどです。というか東京とあんまり変わらない服装で全然OKですよ。

tousho_taipei.jpgとりあえず時間があまりないので、早速朝食に。"豆漿世界大王"で、豆乳、卵入り大根餅、揚げパン、肉まんを食べました。わたし、普段は豆乳飲めないのですが、ここの甘味入りの豆乳(豆漿っていうのか)は美味しく飲めました。あんまり豆くさくないのね。あと、特に美味しかったのが、大根餅。テーブルにあるとろみの付いたソースを付けて食べるのですが、美味かった。朝ご飯らしく、お腹に優しい食事でしたよ。

sho_shanghai.jpgその後、開店早々のパイナップルケーキのお店に寄ってから、小龍包のお店"小上海"に。10時開店まで時間があったので、雨は降ってましたが30分くらい歩いて行きました。てか、腹一杯だったし。で、また開店早々に転がり込む。貝柱入りの小龍包と排骨麺を注文しました。ここの小龍包は、貝柱の香りも良くて、中のスープもたっぷり。台湾でも色々小龍包食べてきましたが、この店のが一番好きかも。排骨麺は、スープは麺がかなりさっぱりしていて、わたし自身はもっとこってりしていてもいいのですが、排骨(スペアリブですね)が何より美味かった。味付けも適度で、かつすごく柔らかいの。

台北は、ほんと食べ物がおいしくていいですね。行く度にいろんなお店が楽しめて、ほんといいところ。

1428.jpgいよいよ帰国です。飛行機のチケットに、搭乗開始時間が14:28なんて書いてあって、なんじゃこりゃーと笑ってたら、危うく乗り遅れるところでした。最後から2番目のお客になっちゃいましたよ。

8泊9日のこの旅行。のんびりしたり、美味しいもの食べたり、伝統芸能を見たり、買い物したり、ほんといい旅でした。やっぱり旅行って言う非日常は、いいリフレッシュになりますね。次は、どこ行こうかな。

March 7, 2009

いよいよ帰国直前

今日の台北は朝から大雨でした。今、中正国際空港で搭乗を待っているところです。いよいよ帰国ですよ。残念な。成田には19:00に到着の予定です。今日は午前中は雨の中、またもや食事に出掛けてたんですが、それはまた帰国してから。

ところでチケットに搭乗予定時刻が14:28って書いてあるんですが、なんでキリのいい数字じゃないんだろう?

春休みバリ旅行記 : バリ最終日台湾移動編

jiwa_pool.jpg今日でバリも最終日、午後には空港に移動して台湾経由で土曜日に帰国です。そんな最後の日は朝から快晴でした。日なたでじっとしてたら日焼けする程ですよ。ホテルにはプールがあって、奥さんはちょっと泳ぐって言うもんですから、私はプールサイドでぼんやり、昨日買ったガムランのCDをiPodで聴いたりしてました。

12時前にチェックアウト。この"Alam Jiwa(アラムジワ)"というホテルは、本当にいいホテルですね。建物自体は確かに古いのですが、テラスからの景色や、スタッフのサービスが行き届いていて、ほんとに気持ち良く過ごせました。また是非訪れたいホテルです。

ウブドでの最後のランチは、ウブド寺院の横にある"Ibu Oka(イブオカ)"で、豚の丸焼きを。もちろん一頭じゃなくて、それをご飯の上に乗せて食べるんですが、これもなかなかクリスピーな感じで、よいですよ。ちゃんと血のソーセージも乗ってたりして。なんか観光客ばっかりなのが興醒めですが、まあ、仕方ないですね、こういうのは。

hige_rice.jpg夕方便で台北に移動して、ホテルに着いたら23時でした。少し小腹が空いたので、ホテルの近所にあるヒゲのおっさんの看板の店、"鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるーろうはん)"で魯肉飯の小を食べて虫押さえ。小さなお茶碗一杯分ですので、寝る前で気になるとはいえ、カロリー的にも大丈夫だと思いたい。

いよいよ明日の夜に日本に帰りますよ。ずいぶんのんびりした旅だったので、帰ったら落差が大きいんだろうなあ。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11