March 6, 2009

春休みバリ旅行記 : ウブド3日目

soap_bar_factory.jpg今日は特にアクディビティは無く、のんびり過ごす予定の一日でした。朝から、"BURAT WANGI"という所にある石鹸工場へ、行ってきましたよ。ここは日本では、「まさこ石鹸」という名前で売られているらしくて、なんか人気あるらしい。添加剤とか全然入っていない、自然派の石鹸らしいです。作ってるところも、超自然。ホテルの車で送ってもらったのですが、途中からは徒歩でしか無理です。画像の右から二番目の建物が、その工場なんですが、周りは全部この画像みたいな田圃です。どうやらすごく人気らしくて、この工場の中では在庫もそれなりにありましたが、この後寄ったスーパーでは、残り二個でスペースだけがむなしく空いてました。人気あるんだなあ。

mangga_madu.jpgこの後、お昼に"Mangga Madu(マンガマドゥ)"という食堂で食べましたが、ここは美味しかったな。地元の人がいっぱい来るようなお店でしたが、やっぱりそういうところの方が、美味しく感じます。味付けも、ある意味クセがありますが、調味料とか辛みは自分で調節できるようになっていて、好みの味が作れますよ。あと、ここのお店は、揚げ物の表面がパリッとしてて美味しかったです。なかなかのお店でした。

nirmara.jpg昨日も一枚、ハヌマン通りの端っこにある"Nirmara"ってお店でTシャツを買ったのですが、別のデザインが欲しくてもう一回行ってきました。ヒンドゥーのモチーフやゲッコーがデザインされているTシャツを扱っているんですが、このお店、その場でイラストをアイロンプリントしてくれるもんですから、お店に無いデザインも頼めちゃいます。もちろんモチーフは決まったものから選ぶんですが、例えばバックプリントなしで、フロントのイラスト大きめでとか、この色のこのサイズでこのモチーフとかは、結構自由。1時間くらいで仕上げてくれるので、頼んでおいてから周りで買い物してればOKですよ。

ちょっとホテルに帰ってテラスで昼寝。日本じゃ昼寝なんて全然しないけど、こっちだと気持ちよくてつい、うつらうつらしちゃうんですよね。

crispy_duck.jpg晩ご飯は、"bebek bengil(ベベッブンギル)"というお店で食べました。このお店は、アヒルの半身を揚げた料理が有名で、もちろんそれをいただきましたよ。ありきたりの言い回しですが外はパリパリになっていて、中はアヒルだけに柔らかいながらも結構しっかりした噛み応えのある肉質で、美味しい。それなりに高いお店なんですが、ここは高いだけのことはある上に、ちゃんとオリジナルだなあって感じで、いいレストランでした。

いよいよ明日はバリを発って、台湾でもう一泊してから日本に帰ります。楽しい時間って、本当にあっという間に過ぎちゃうな。

March 5, 2009

春休みバリ旅行記 : ウブド2日目

breakfast.jpg今朝は雨の音で目が覚めました。今のバリは雨季なんですが、すごい雨で目が覚めるなんて、久しぶりです。ここのホテルは部屋に超直を持ってきてもらえるので、7:30から優雅にテラスで朝食です。屋外で食べると、同じ朝食でも気分が全然違いますね。緑は多いし、田圃だし。雨が降ってる中、でかい木の葉っぱ(シュロかなんか?)を傘代わりにして歩いてる農夫の人がいましたよ。漫画みたいだけど。

JELATIK.jpg今日の午前は、スパにいってきました。なんとマッサージ、フェイシャル、ヘッドスパの三点セットですよ。奥さんがやるのは分かりますが、なんとわたしも。いや、もうこれなんともヤバいくらい気持ちいいもんですね。マッサージはバリ風なので相変わらず柔らかい感じですが、フェイシャルとかクリームバスと言われるヘッドスパは、もうほんと寝ちゃうくらい気持ちいい。それに、肌はぷるぷるだし、髪はサラサラだし。これ、最高。

Pak_Sedan.jpgお昼は、その帰りに"Pak Sedan(パッセダン)"というお店で、ナンチャンプルってのをテイクアウトしました。ご飯の上にいろいろな具を乗せて食べるんですが、持ち帰りってのもあって、コーティングされた紙にくるんでくれるんです。これもホテルに持ち帰ってテラスで食事。量も軽すぎず、多すぎず、味もちょうど良くて、これは美味しかったな。テイクアウトってのもいいんですよね、なんか。

ketak.jpg午後は買い物したりして過ごして、夜にはケチャダンスを見に行きましたよ。普通は屋外での公演なのですが、直前にまたすごい雨が降ってきて、屋内に場所を移しての上演でした。ケチャダンスって、実はストーリーがあるんですね。今日初めて知りました。あれだけの数の男性が、ケチャケチャ歌ってる様は、ある意味滑稽なんですが、だんだんトランスしていく感じがよくわかる。結構中毒性の高い音ですよ。屋根を叩く雨音が轟音って感じだったんですが、それも更に迫力を増してました。ダンスというよりも、音楽として面白かったな。

Batan_Waru.jpgショーが終わった時にはまだ雨が降っていたのですが、そのまま走って元から行きたかった"Batan Waru(バタンワル)"に駆け込みました。小走りで5分も掛かってないのに、えらい濡れました。ここでは、ソトアヤムというスープ、サテ、ミーゴレンを注文。どれも美味しくて間違いの無い味ですが、わりと平均的なお店です。失敗は無いけどね。

帰ってきてからも、夜のテラスでぼんやり過ごす。ろうそくの灯りと薄暗い電灯で本なんか読んでると、浮世離れした旅でいいなあと、感じるのです。

March 4, 2009

春休みバリ旅行記 : ウブド移動1日目

3月3日、サヌールに3泊してこの日は次の滞在地、ウブドに移動する日です。ウブドは内陸にあって海が無いエリアなので、今日が最後と朝から海沿いの遊歩道を散歩してきました。朝ご飯は2日目に食べたStiff Chiliで、またもやパニーニとチキンカツのサンドウィッチを食べましたよ。やっぱりこのお店、おいしい。

parahyangan.jpg移動のためのパッキングをやって(もちろん奥さんが)、チェックアウトの手続きを済ませたら、ホテルの近くの食堂でサヌール最後の食事です。"Warun Parahyangan(ワルン パラヒャガン)"で食べました。この食堂、来る前に奥さんがインターネットで調べていた情報だと、全然別のハーディーズというスーパーの斜め前なんて書いてあったらしいですが、実際には滞在していた"NATAH BALE VILLA(ナタバレヴィラ)"のすぐ近所でした。居る間に気づいてよかった。食べてみると、評判通りの美味しさ。完全に現地の味なので、辛さかなり弱めにしないと、えらいことになりますよ。少し辛めでオーダーしたサラダで撃沈しました。

ganeca.jpgウブドで滞在しているホテルは、"Alam Jiwa(アラムジワ)"というホテルで、部屋の名前は"Ganaca(ガネーシャ)"というヒンドゥーの神様の名前がついています。もちろんその像がテラスに飾ってありましたよ。このホテル、部屋に電話、TVなんてもちろん無く、エアコンも無いのですが、部屋が風が通る構造になっていて、夜は全然暑くないのですね。風が気持ちよいのです。でも、なぜか無線LANは飛んでるんだよな。

rice_field.jpg部屋からは田んぼが見えます。なんというか、見て驚いたのですが、その昔の日本の田園風景そのままです。なんだかすごく懐かしさを感じる程です。ホテルに居る間は大体テラスの椅子でぼんやりしているのですが、風は気持ちいいし、稲穂が風に揺れているのを見るのは、本当にのんびりとしたいい心持ちになります。

semara_ratih.jpgウブドは舞踊などの伝統芸能の中心地ということで、夜は"Semara Ratih(スマラ ラティ)"という舞踊団を見てきました。ガムランが大音量で鳴り響き、踊り手が演目に応じて出てきて踊るのですが、これがすごい。目の動き、指先の動き、表情、脚さばきと、一瞬も目が離せませんよ。1時間30分のステージでしたが、堪能しました。面白かったなあ。

March 3, 2009

春休みバリ旅行記 : サヌール3日目

tennis_bali.jpgバリに入って三日目の今日、朝から近くのホテルのテニスコートを予約して、汗を流してきました。てか、蒸し暑いし日は射してるし暑い。ここのとこ、寒い日本の屋外でしかテニスしてなかったので、めちゃくちゃいい汗かきました。サヌールビーチホテルって所のコートを借りたんですが、1時間ボールのレンタル付きで90000ルピーでした。リゾートでテニスってのもなかなか気持ちのよいものですね。

Massimo_pizza.jpgそれからお昼ご飯に、近くの"Massimo(マッシモ)"というイタリアンレストランに。ここのジェラートが美味しくて、毎日通りがかりに買って食べてたのですが、今日はランチです。アンティパストの盛り合わせ、ピザ、パスタと食べましたが、どれも美味しい。これ、東京にあったとしてもなかなかのレベルですよ。特にトマトとモッツァレラとアンチョビのピザは美味かった。

午後になって、大分疲れが溜まってたので、昼寝。これこそリゾートでのバケーションの醍醐味だと思うのですが、結局4時間寝ちゃって、起きたらすぐに晩ご飯ですよ。今日の晩は、ホテルのレストランにしました。今滞在しているホテルは、サヌールの"NATAH BALE VILLA(ナタバレヴィラ)"と言うところなんですが、ここのホテルのレストランは評判がいいらしく、滞在客に限らず外からもお客が入ってきて、満席でしたよ。この時期、結構閑散としているところが多いのに、確かに美味しいからでしょうね。バリの料理を中心に、どこの国から来ていても食べられるような、美味しい料理でした。

その後、近所のホテルのバーにいって、ちょっと飲んでから、今さっき帰ってきましたよ。なかなかリゾートをエンジョイ中ですよ。

明日はこの地区を出て、ウブドに移動します。

March 2, 2009

春休みバリ旅行記 : サヌール2日目

今日からいよいよバリをエンジョイですよ。と言いつつ、わたしの起きたのは10時でしたが。

panini.jpgちょっと寝ぼけた頭で、ビーチまで散歩です。遊歩道になっているところを少し散策して、"stiff chili(スティフチリ)"というお店で朝ご飯を食べました。パニーニにチキンカツのサンドウィッチですが、これが想像以上に美味しくて、びっくり。カツとか揚げたてでパリパリだし、パニーニももちっとしてるし。侮れん、バリ。

padang.jpgで、散歩して戻って、ちょっとお買い物にいったりしてからお昼ご飯ですが、全く地元の人達向けの食堂、"Dewata Minang(デワタミナン)"ってとこで食べました。ここの料理はパダンといって、ご飯の上に自分でいろんな具材を選んでトッピングして、さらにカレーソースを掛けて食べるというものです。自分で選べる分だけいろいろたのしいのですが、今日は何かよくわからないのに乗せちゃったある具材が猛烈に辛くて、えらいことになりました。しかし、具材によってはそんなことは無いし、こういう地元料理って美味しいですよ。

bali_spa.jpgホテルで一休みした後は、奥さんと一緒にバリスパのお店、"Mandurah Spa(マンダラスパ)"にいって来ましたよ。バリのマッサージをお願いしたのですが、台湾式とかタイ式と違って、優しい感じのマッサージです。とはいうものの、結構ほぐれて気持ちよかったな。しかし、この店に限らないのかもしれませんが、二人で予約したら一室で施術してくれるのですけど、その時の格好が紙の下着だけですよ。男女共ですよ。しかも、ビキニパンツみたいな形だし。ってか、下手な友達同士では、一緒に予約しないことをオススメしますよ。

ikan_bakar.jpg晩御飯は、そのマンダラスパで場所を聞いてから"Warung KKN(ワルンカーカーエヌ)"というレストランよりはカジュアルな、地元の人向けの食堂で食べてきました。このお店、最近移転したらしいのですが、どこに行ったかわからんとwebでも潰れた説が流れてたらしいですよ。確かに路地を入らないと行けないので、分かり難いですが、ここは美味い。ほんとに、どの料理も美味い。魚の炭火焼、鳥の唐揚げ、ミーゴレン、フーユンハイという卵料理に、クーシンサイの炒め物を食べましたが、どれも外れなし。料理が出てくるのも早いし、もちろん作り立てだし、これにビール二本とジュース一杯で計1000円ですよ。

昨日行ったレストランの"Lumut(ルムット)"は、ちょっとしゃれた感じで料理もおいしいし店員の対応もいいし、初日としてはいいセレクトでしたが、やっぱりわたし達夫婦としてはこういう地元の人が集まるところが好きだな。

明日は、朝からテニスコートを予約しているので、ちょっとアクティビティ高めな一日になる予定ですよ。

March 1, 2009

春休みバリ旅行記 : 移動入国編

台北を朝10時に出る飛行機だったので、6時に起きて、7時にホテルを出て、8時に空港につきました。無事に10時に飛ぶかと思いきや、メカニカルトラブルで45分足止めですよ。一回ブリッジを離れて、また戻って待機です。

台北からバリのデンパサールまでは5時間のフライト。時差は無いので、遅れた分込みで16時にバリ島に着きました。今回は前半はサヌールという地区に滞在します。

hotel_bali_outside.jpg空港に着いた時に両替をしたんですが、インドネシアルピアって、1円=117円なのです。つまり、10,000円交換すると117万ルピアですよ。ミリオンですよ。結構桁がでかすぎて計算がわかんなくなっちゃいます。

今日はそのままホテルの周りを散歩がてら歩いて、ご飯食べてかえってました。ちょっと水回りのトラブルがあったりしましたが、感じのいいホテルです。部屋としては寝室乃周りに、屋外でダイニング、ソファ、パレ、お風呂、シャワー、洗面、トイレって感じです。こういうタイプは泊まったことが無いので、面白いですよ。

February 28, 2009

春休みバリ島旅行記 :その前に台北

ruhrohhan.jpg今回の春休みの旅の行き先は、インドネシアのバリ島です。これまでも行ってみたいとは思っていたけど、チャンスの無かったアジアンリゾートですよ。今回の旅行は8泊9日の、結構長丁場です。とはいっても一日目と最後の日は台北に泊まります。ストップオーバーってわけじゃないんですけど、せっかくなので台湾経由のルートです。

で、今日は台北にいます。午後便で日本を出て、ホテルについたのが、こちらの時間で19:00ころですよ。そこから活動開始。

まずは、屋台みたいな「親親小吃」という小さなお店に入って、魯肉飯と蛤のスープを食べる。画像はその魯肉飯です。ちょっとずついろんな店をハシゴしようと決めてたので、どこのお店も一品ずつ位を奥さんとシェアです。このお店はどれも味が濃過ぎないで、非常に美味しい。特に蛤のスープは絶品でしたね。蛤の出汁がなんともいい香りで。このふたつで60台湾ドル。180円ちょっとです。驚きですね。

shampoo.jpg続いて、小龍包を食べるために移動していたら、途中の美容院でシャンプーしてもらえるところを見つけたので、入ってみましたよ。台湾のシャンプーってちょっと有名ですよね。で、早速やってもらいましたが、首肩のマッサージもしてもらい、頭皮も気持ちよくマッサージしてもらうと、なんだか本当に気持ちよいですね。髪の毛なんて、もうサラサラですよ。お店を出たら、風になびいてましたよ。これで一人250台湾ドル。750円。

そこから小龍包食べにいきました。ディタイフォンじゃないけど、ここは美味いと奥さんのお墨付きの店です。確かに、ディタイフォンより美味かった。ここでは10個入りのせいろをふたつ。340台湾ドル。1000円ちょい。

次は甘いもの処に。白玉ぜんざいの温かいのに、あげ餅黒ごまきな粉を。もうだんだんわからなくなってきてますが、そんなに甘過ぎなくて、美味しかったな。

priority.jpg最後に(って、まだ食うか)割包っていう、おまんじゅうというか、ハンバーガーみたいなのを。中に角煮と高菜とかが入ってるんですが、これも結構あっさりしていて、食べれちゃう。

おなかも一杯になって、最後は足ツボマッサージでした。飛行機に乗ったり、上のお店を回るのに結構歩いたので、かなり効きましたよ。スッキリしました。

明日は朝早くに、バリのデンパサールに向けて移動です。そういえば、今回はエバー航空を使ってるんですが、荷物に付けてくれるプライオリティタグが、キティちゃんでしたよ。

February 27, 2009

じゃ、いってきます

s_2009022712594649a7653235d63.jpeg今成田空港で搭乗を待っているところです。平日で昼の成田空港はガラガラです。

今日は台北に一泊してから、明日デンパサールに入る予定ですよ。じゃあ、いってきます。

春休み

明日から9日間の予定でバリ島に旅行に行くんで、今夜になってやっと準備を始めました。前日にやるのがお約束とはいえ、今回は少々長いせいか随分手こずりましたよ。奥さんが、ですけど。

初のグローブトロッター(33インチのでかい方)を使ったのですが、やっぱり2週間用って言われてるのを、二人で9日分は無理。しかも向こうでテニスやろうってんで、ラケットとかシューズを入れたら、蓋が閉まりませんでしたよ。確かこのケース、100L入るやつなんですけどね。

仕方ないので、18インチのトローリーも追加。結構な荷物になっちゃいました。行く前から、疲れちゃった。わたしは何もしてないけど。

January 11, 2009

グローブ・トロッター、二個目

centenary_gold.jpg昨年の5月に18インチのグローブ・トロッターを買って気に入って使ってるんですが、もっと大きなトランクが欲しくなって33インチのを買っちゃいました。今回は限定色のゴールドです。各サイズ100個ずつしか作らなかったそうですよ。

実際にはイエロー。ブラウンの取手やベルトがアクセントになってます。派手っぽいですが、実物も派手です。33インチだと容量100Lなんですが、重さはわずか6kgですよ。めちゃくちゃ軽いです。底にキャスターが二個ついてるんで引いて歩けるようになってます。結構背が高いので30インチよりもむしろ取り回ししやすいような感じ。

これを持って、早く旅行に行きたいです。3月に予定している旅行でデビューさせますよ。

続きを読む "グローブ・トロッター、二個目"

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11